「手は体の正面をキープ」ってムリじゃない!? よく聞くレッスン表現が伝えたかった“正しい”スイング動作とは?

手打ちを改善するために「手は体の正面をキープ」といいますが、実際には誰もできない動きだとインドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチはいいます。では一体「手は体の正面をキープ」とは、どんなスイングのことなのでしょうか、詳しく話を聞きました。

アドレス時から既に「手は体の正面」ではない

「手は体の正面をキープ」を意識したスイングは、言葉の響きこそいいのですが本気でそのまま行なってしまうと大変なことになってしまいます。

本当に「手は体の正面をキープ」したスイングに見えますか?
本当に「手は体の正面をキープ」したスイングに見えますか?

 そもそもアドレス時でも、両手は体の中心にありません。バックスイングの始動直後ぐらいに限定すれば、体の正面に手があることはいいバランスです。

 しかし「体の正面のまま」では、腕が邪魔になってトップの形に持っていくことができません。つまり「手は体の正面」というレッスンは一瞬の形についての表現でしかなく、スイング中にずっと心がける必要はないのです。

アドレス時すでに両手は体の正面よりも左側にあり、トップでは右肩の外側にズレるのが一般的なスイング
アドレス時すでに両手は体の正面よりも左側にあり、トップでは右肩の外側にズレるのが一般的なスイング

 アマチュアのミスとして多いのは、バックスイング初期で右ヒジが背中の方に引けてしまい、グリップスピードが出づらくなってしまうことです。「手は体の正面」というのは、正面から見て両腕と胸で作られる「三角形」がすぐに潰れてしまうエラーを防ぐことが本来の目的なのです。

手ではなく「両ヒジ」が体の幅からはみ出さないと◎

「手が体の正面のまま」よりも、「両ヒジ」がなるべく体の幅からはみ出さないことの方がはるかに重要です。

 実際のスイングではバックスイングからトップにかけてグリップは右肩方向に外れることで、インサイドからクラブを下ろすことが可能になります。

インパクトゾーンでは、左ヒジが体の幅からなるべくはみ出さないと◎
インパクトゾーンでは、左ヒジが体の幅からなるべくはみ出さないと◎

 右ヒジがなるべく体の幅からはみ出さないようにすると、ダウンスイングからインパクトにかけてクラブの通り道が確保され、正しいリリースがしやすくなります。

 インパクト以降は、フォロースルーまでグリップは体の幅の外側にあることで、左ヒジが引けにくくなりフィニッシュでようやく左肩の上に収めることができます。つまり、スイング前半では右ヒジが体の幅に収まり、インパクト以降は左ヒジが体の幅に収まれば「見た目は」手が体の正面にあるようなスイングになるのです。

ワキが締まったスイングはむしろ「締めない」のがコツ?

この記事の画像一覧へ(4枚)

画像ギャラリー

本当に「手は体の正面をキープ」したスイングに見えますか?
アドレス時すでに両手は体の正面よりも左側にあり、トップでは右肩の外側にズレるのが一般的なスイング
インパクトゾーンでは、左ヒジが体の幅からなるべくはみ出さないと◎
アドレス時に体と離れているヒジは、バックスイング&フォロースルーでさらに体から離れる
1 2 3

最新記事