パターは意外と難しい!握り方や距離を掴む方法とは

初心者でも出来そうだと思われがちなパター。実際にラウンドに出ると意外と難しく、パターで打数が多くなってしまう事があります。しかし、パターで打つコツさえわかれば打数を少なくすることも可能です。パターで打つ際の握り方や、カップまでの距離を掴む方法とはどういったものがあるのでしょうか。

パターの基本的な打ち方とは

 パターとはホールアウト(ボールをカップに入れプレイを終了させること)には欠かせないクラブとされています。パターはグリーン上でしか使用されませんが、場合によってはグリーンエッジといわれる、グリーンの周りにあるグリーンより少し芝の長い場所から打つ場合もあります。

パットのイメージ 写真:shutterstock

 そんなゴルフには欠かせないパターの基本的な打ち方とは、どういったものがあるかを知っておきましょう。

 まず、パターで打つ際の気をつける事の一つとして、腰と頭を動かさないように注意することが挙げられます。下半身と頭をしっかりと固定させ、肩を上下させるようなイメージを持ちます。

 ストローク中は、なるべく手首を使わないように気をつけ、構えた時にグリップ・肘・肩を結んだ五角形を意識しましょう。振り子のように左右が比例するように打ち、安定した転がりをキープさせることが大切です。

 ストローク(打つ意思を持ってクラブを振ること)はゆっくり打つリズムを心がけ、一定のスピードを保つように気をつけましょう。打った時にはフォロー止め(打った後に止める)をすることも大切です。フォロー止めを行っていれば、インパクトでフェースの向きが狂いにくくなり、狙ったところにボールを打つことができます。

 また、インパクトにゆるみが生じたり、逆に力が入ってしまうことも防げますので、必ずフォロー止めは心がけていきましょう。

パターを上達させるコツとは

この記事の画像一覧へ(2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/パター 画像1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/パター 画像2-150x150.jpg
1 2

最新記事