【これからゴルフを始める人必見】最初に必要なクラブはナニ?買う時の注意点は?

ゴルフを始める時にまず必要になるのがゴルフクラブ。どんなクラブを買えばいいのか、買うときの注意点などを紹介します。

ゴルフに必要なクラブは何を買えば良い?選び方は?

クラブイメージ 写真:Unsplash

 ゴルフをするにあたって必ず必要なものといえば、ゴルフクラブです。これがないと絶対にゴルフはできません。ただ、ゴルフショップに行ったことがある方なら分かる通り、ゴルフクラブには色々な種類があるうえに、いろいろなメーカーがあるので、どれを買えばいいのかわからない!という方も多いのではないでしょうか。

 今回の記事では、これからゴルフを始める人のためにどんなクラブを買えば良いのか、そして何に注意してクラブは買うべきなのかを紹介していきます。

クラブは全部で14本だけど…

 まず大前提として、クラブセットは何本で構成されているかご存知でしょうか?正解は14本です。この14本の組み合わせは自由ですが、一般的にはウッドが3本、アイアン5本、ウェッジが3本、パターが1本をベースに残りの2本を自由に追加するという形になります。ウッドとアイアンの中間にあたるユーティリティというクラブを入れることが多いですね。

 ただし、初心者のうちはクラブが14本あったとしても、使うクラブは10本〜11本だけということになりがちです。例えば3番ウッドや5番アイアンなどの長いクラブは、初心者が綺麗に打つのはなかなか難しいです。

まずはセットで買うのもアリ?

 基本的にゴルフショップではウッド、ウェッジはバラ売り、アイアンはセット販売されていることがほとんどです。すべてのクラブのメーカーやブランドを合わせる必要はありませんが、初めはウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジのそれぞれのグループで同じシリーズのクラブを揃えることをお勧めします。

 冒頭でも書いた通り、ゴルフクラブはかなり多くのシリーズが出ていて、それぞれ特色があるので初心者が1から選んでいくのはかなり難しいです。そのため、最初はゴルフショップで売っている14本セットを買うというのも選択肢としてはアリでしょう。キャディバッグもついてくることが多いです。

 ただし、ショップでセット売りされているクラブのほとんどは数年前に発売されているクラブなことがほとんどで、最新クラブではありません。どうしても最新クラブが欲しいという方は避けるようにしましょう。

新しく買うときは必ず試打をしよう

 クラブを買う際は、ゴルフに詳しい家族や友人に相談することをオススメします。そういった人が身近にいない場合はゴルフショップの定員さんに相談しましょう。きっと親身にアドバイスをしてくれるはずです。

 そして、クラブを買う際には必ず試打をしましょう。ちょっと大きめのゴルフショップに行くと、いろんな種類のクラブを実際に打ってみることができる場所が併設されています。やはり実際に打ってみたほうが自分に合うクラブを見つけやすいですし、距離測定器やシミュレーションを使ったフィッティングサービスを行っているところも多いですので楽しみながらクラブ選びができますよ。

 また最近は、インターネットなどでクラブについて解説している記事や動画コンテンツなども増えてきましたし、ネットショップでの販売なども盛んです。手軽に買えるメリットはありますが、前述した通り、多種多様なクラブを写真や説明文だけで選ぶのは、初心者にとっては少しハードルが高いかもしれません。

 ここまで、初心者の方がどうやってクラブを買うのかについて紹介してきました。ゴルフにハマり始めると、色々なクラブを打ってみたくなります。特に自分の好きなプロが使っているクラブなどが気になってくるでしょう。ゴルフにおけるクラブ選びはゴルフの楽しさの一つですので、是非いろいろ勉強して、自分に合ったゴルフクラブを見つけてください。

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/クラブunsplash-150x150.jpg

最新記事