「スエーしない」じゃ改善しない!? スイング軸を安定させる正しい動きとは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「スエーしない」じゃ改善しない!? スイング軸を安定させる正しい動きとは?

スイング&レッスンで必ず使われるのが、スイング中の“軸”を安定させる話ではないでしょうか。“軸”の言葉を知っていても「スエーしない」気持ちだけでは直らないそうです。インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチに解説してもらいました。

“軸”の土台は「骨盤」にあり

 ナイスショットを打つために必要な、スイング中の“軸”の安定。しかし「スイングやレッスンで使っている“軸”、実はちょっとイメージと違います」と、インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチは言います。

 アドレスを見てみると、下半身には本来“軸”と呼べるようなものがありません。プロや上級者のスイングは、まるで“軸”があるように上半身の動きが安定しているというのが事実。

スイング作りでよく言われる“軸の安定”には注意が必要

 しかし実際、コマのような1本の“軸”はカラダにはないので、なかなかできないのも無理はありません。しかし、コツはあります。

 ゴルフは上半身を傾けた前傾姿勢で行いますが、ただ前屈みになるのではなく「骨盤の傾き」で姿勢をとって欲しいです。

 後方から見た時に、骨盤の傾きと両肩の動きが「だいたい同じ」傾きで入れ替える事ができれば、“軸”があるようなスイングになります。

スイング“軸”とは言うものの、実際にはコマのような中心は上半身にしか存在しない

 しかし、「分かっているけどできない」人や「スエーしないつもり」でうまくいかない人が多いのも事実です。

 そこで今度は正面からアドレスを見てください。“軸”がブレないように両足が左右に流れる「スエー」を過剰に意識している人を多く見かけますが、その方法はNGと言わせていただきます。

 正面からスイングを見た場合 “軸”のような棒状のものではなく、頭(首のツケ根)と両肩周りがスイングの中心になります。

 上半身は前傾しているので、バックスイングからトップにかけては、右側が高くなり左側が低くなるのが正しい骨盤の回転。

 ダウンスイングからインパクト以降は反対に、左側が高くなり右側が低くなるのが正しい動きになります。

“軸”があるようなスイングを行うためには、左右の肩と骨盤を傾ける事が必要になる

「右肩が落ちてダフるでしょ!」という声が聞こえてきそうですが、上半身が中心近くにあればダフリの原因にはなりません。むしろ「地面に水平に」回してしまうと、頭の位置が左右に動きすぎて、スイング軌道がバラバラになってしまいます。

 下半身の動きがあってもなくても、上半身のバランスさえチェックすれば“軸”があるようなスイングは作れます。

左右の脚の動きが“軸”を作る

 ボールに当たる前に頭がボールを追い越してしまうゴルファーには「ビハインド・ザ・ボール」という言葉は有効ですが、多くのアマチュアはボールから「遠ざけ過ぎ」ています。

 “軸”があるようなスイングをするためには、頭の位置はなるべく前後左右に動かず両肩が首の周りで円を描くように使うことが必要です。

頭(首のツケ根)を中心に、左右の足の動きによって両肩が「左→右」に入れ替わる

 首周りを見た場合、シャツの襟がバックスイングからトップでは自分から見て「左」に、インパクト後は「右」に回すのがコツ。

 昔はスイングのビッグデータ&解析が少なかったために「左肩を(右足方向に)入れなさい」なんて表現もありましたが、スイングの詳細な解析を行うほど誤解を生む表現でしかないことが分かっています。もしみなさんが体験レッスン等で「左肩を入れて」なんて耳にしたら、他のプロを当たった方が良いと思います。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

この記事の画像一覧へ(10枚)

画像ギャラリー

左へのミスを軽減し叩けて強弾道の「RS Fドライバー」
左へのミスを軽減し叩けて強弾道の「RS Fドライバー」
ストレートフェースで高い操作性と強弾道の「RSドライバー」
ストレートフェースで高い操作性と強弾道の「RSドライバー」
つかまりが良くハイドローで攻められる高弾道の「RS Dドライバー」
つかまりが良くハイドローで攻められる高弾道の「RS Dドライバー」
スイング作りでよく言われる“軸の安定”には注意が必要
スイング“軸”とは言うものの、実際にはコマのような中心は上半身にしか存在しない
“軸”があるようなスイングを行うためには、左右の肩と骨盤を傾ける事が必要になる
頭(首のツケ根)を中心に、左右の足の動きによって両肩が「左→右」に入れ替わる

最新記事