「ターゲットに真っすぐ」じゃダメって本当!? スコアアップにつながるアドレスの作り方

練習では出来ている「つもり」なのに、なぜかコースだと仲間から「右向いてるよ!」などと言われるのがアドレス方向。今まで沢山の解決方法がアップされているのにも関わらず「ターゲットに真っすぐ立つ」が出来ないゴルファーの悩み。インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチに解説してもらいました。

練習と本番が「異なる理由」

 練習では出来ていても、ラウンド時になると真っ直ぐアドレスできない悩みを抱えているゴルファーは沢山います。インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチは練習時の環境と心がけに原因があると解説します。

「打ちっ放し練習場の場合は、目標になっているネット方向に対して打席が放射線状に造られている所があります。打席内では真っすぐアドレスしていても、必ずしもターゲットに打席が正対していない場合もあるので注意が必要です」

スイング同様に難しいのが、アドレス時の“アライメント”

「一方、きちんとしたインドア環境の場合は、打席とスクリーンが平行&直角の関係になっているので自然と真っすぐな“アライメント”の習慣がつきやすい傾向があります。事実、世界のインストラクターが愛読しているゴルフレッスン書『ゴルフィングマシーン』には、スイング作りにはインドアの方が適していると記述されています」

「しかし、コースではボールの打ち出し方向に対してどうアドレスするか? が必要になります。まずは練習時から打席に依存せず、コースを想定しながら “アライメント”を習慣つける事が一番の近道になります」

 では具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

練習時に打席の真っ直ぐに依存していると、コースで“アライメント”を実践する事が難しい

アライメント作りのコツは「順番」にあり

 インドアでも打ちっぱなしでも、何となくスタンスや体の向きからアドレスを決め、後からボールやクラブの位置を微調整して練習していませんか?

 練習時に多くのゴルファーはついつい、自分が動かずにボールを次々に打ってしまう傾向があります。スイングの動きだけを習得するならいいのですが、練習時から(ラウンド時と同様に)止まっているボールに対してまずフェース向きを決め、クラブに合わせてからカラダの向きを決めるアドレスルーティンを習慣化する事をオススメします。

コースラウンドのように「ショットイメージ」に合わせて、練習時もクラブをセットする順番でアドレスする習慣をつける

 他人から見れば「ちょっとカッコつけている」様にも見えますが、こうする事で四角い打席のデザインに依存せず自分で打ち出したいボール方向に“アライメント”を行う事が身に付いていきます。

 また、インドア練習のように弾道測定ができるなら、練習時のショットが「どの方向に打ち出されて」「どんな曲がり方をしたのか?」傾向を知る事も重要です。

「構えた方向にボールを打つこと」は、“アライメント”ではなくスイング向上の話。現実的な“アライメント”は、自分をゴルフゲームのキャラクターに見立てた場合のボールコントロールをアドレスで行うことです。

 具体的な話で言うと、例えば練習時には真っすぐ打ち出してから20ヤードスライスする傾向があるとします。この傾向のゴルファーにとってのラウンド時の“アライメント”は、ターゲットエリアの20ヤード左方向に「いつものショットが出るボール位置とカラダ」をセットすることです。

 逆に普段の練習時に引っ掛ける傾向があるなら、ターゲットにボールを打ち出すために「引っ掛けるぶんだけ右を向く」ことが、コースでの現実的な“アライメント”になります。

コースは「ゲーム感覚」で“アライメント”を作る
1 2 3

最新記事