ドライバーの悩みはパター練習で解決!? ミスを修正できるパッティング方法とは?

プロコーチの経験もある、インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチは「家でパターを転がしながら、普段目に見えない“ドライバー”のインパクトを向上できます」どんな方法なのか?詳しく聞きました。

パター練習で「アウトサイドイン軌道」「右向きグセ」が改善

 最近はドライバーショットにおける自分のスイング傾向を、弾道測定機器などを使うことで知ることができるようになりました。例えば「右に曲がるスライスはアウトサイドイン軌道だからでしょ」など、ビギナーでも知っている場合が多くなりました。

ドライバーのナイスショットとパッティングのインパクトは意外に似ている!?
ドライバーのナイスショットとパッティングのインパクトは意外に似ている!?

 しかし「パッティング時のヘッド軌道は?」と質問した場合、自分の傾向を把握しているゴルファーは少ないのが現実です。大きなスイングではないパターのストロークで「アウトサイドイン軌道」なら、体とクラブの動きが大きいスイング時に「インサイドアウト軌道」にできないのは当然。

 まずはパターストロークの小さな動きで「ややインサイドアウト軌道」で真っすぐに打ち出してみて下さい。特に「アウトサイドイン軌道」の人は違和感があったり、右に打ち出してしまうかも知れませんが、これこそがヘッド軌道を直したときに起きている現象です。

パターのインパクトでも、あえて「ややインサイドアウト」に練習することで「アウトサイドイン軌道」のクセを改善しやすくなる
パターのインパクトでも、あえて「ややインサイドアウト」に練習することで「アウトサイドイン軌道」のクセを改善しやすくなる

 プロや上級者がパターを打つ場合、多くの人がほんの少し、体を左に向ける傾向があります。この理由は、体の向きに対して「ややインサイドアウト軌道」でストロークするヘッド軌道が原因の一つになっているのです。つまり、コースに行くと何故か「右を向いてしまうクセ」を改善する効果もあるのです。

パター練習でドライバーの飛距離アップができる

 アイアンやウェッジはダウンブロー、ドライバーはアッパーブロー、フェアウェイウッドはレベルブローなど、「入射角」は実際スイングしている時に見えないのに、飛距離や弾道に直結してしまう「ややこしい問題」ではないでしょうか?

 パッティングにおいても、「入射角」は距離感やタッチを含めボールの転がりに重要です。しかし、自分のパッティング時の入射角に関心のあるゴルファーは少ないです。

パターのインパクトでの「打点」や「入射角」を気にしていない人はスマートフォンのスロー動画でチェックする
パターのインパクトでの「打点」や「入射角」を気にしていない人はスマートフォンのスロー動画でチェックする

 スマートフォンの「スロー撮影」でインパクトの正面から動画チェックしてみて下さい。多くのゴルファーが、ボールとフェースの中心の高さが全く合っていない現実に驚くと思います。さらに、「パッティングのインパクトって、こんなに上をストロークするの!?」と感じるはずです。

 グリーン面よりかなり上の高さでインパクトしているのが上級者のパッティング。つまり、パターはアイアンのようにダウンブローで打ってはいけないクラブなのです。

 ドライバーで「テンプラ」してしまう人は、ダウンブローで上からボールを打っているのが原因。ストロークの小さなパターで「ややアッパー」ぐらいのインパクトが出来るようになれば、ショットでも少しずつ感覚がつかめてくるはずです。

パターとドライバーのボール位置は同じ!?

【写真】軌道修正でいたら試したい!話題のピン「G430」ドライバー3機種画像

画像ギャラリー

G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
弾道調整機能を初搭載したG430 SFTドライバー
超極薄の反発フェース
最大のキャリーを生むスピンシステンシー・テクノロジー
快音を生み出す新サウンドリブ
カーボンクラウンのG430 SFTドライバー
高い慣性モーメントを誇るG430 MAXドライバー
ドライバーのナイスショットとパッティングのインパクトは意外に似ている!?
パターのインパクトでも、あえて「ややインサイドアウト」に練習することで「アウトサイドイン軌道」のクセを改善しやすくなる
パターのインパクトでの「打点」や「入射角」を気にしていない人はスマートフォンのスロー動画でチェックする
パターでも適正な「入射角」になるためにボール位置は重要。ドライバーでのボール位置も試してみるべき
1 2

最新記事