44歳で今季2勝目! 谷原秀人が使い分けるプロギア「RS F」 と「RS プロトタイプ」ドライバーはどう違う?

谷原秀人プロが「ANAオープンゴルフトーナメント」で勝利をもぎ取り、通算19 勝目となる今季2勝目を挙げました。44歳のベテランが使用しているドライバーは、プロギア「RS F」と「RS プロトタイプ ワンクローバー」の2モデル。ゴルフライターの鶴原弘高がこれらの2モデルを試打して、ヘッド性能の違いを確かめました。

谷原秀人はプロギアの最新ドライバー2モデルを使い分けている

 今大会で谷原秀人が使用していたのは、2022年7月から発売されている最新モデル「RS F ドライバー」です。プロギアは「RS JUST」シリーズとして、「RS ドライバー」「RS D ドライバー」「RS F ドライバー」の3モデルを展開していて、「RS F ドライバー」はもっとも浅重心設計のモデルとなっています。なおかつ「F」の名称が示すとおり、フェード弾道を打ちやすいモデルとして位置づけられています。

左から「RS F」と「RS プロトタイプ ワンクローバー」
左から「RS F」と「RS プロトタイプ ワンクローバー」

 今シーズン、谷原は自身の調子やコースによって2つのドライバーを使い分けているそうです。「ANAオープンゴルフトーナメント」では使用しませんでしたが、もうひとつの控えのドライバーとなっているのが、「RS プロトタイプ ワンクローバー」というモデル。こちらは数量限定のカスタムオーダー品となっていて、プロギアによると「RS ドライバー」と「RS F ドライバー」の中間にあたる重心設計になっているとのこと。

 実際に打ってみると、「RS F ドライバー」と「RS プロトタイプ ワンクローバー」にはどんな違いがあるのでしょうか。弾道計測しながら試打検証してみました。

超・低スピンのパワーフェードを打ちやすい「RS F ドライバー」

「RS プロトタイプ ワンクローバー」と「RS F」ではスピン量300回転もの差が出た
「RS プロトタイプ ワンクローバー」と「RS F」ではスピン量300回転もの差が出た

 試打クラブの「RS F ドライバー」はロフト9.5度、「RS プロトタイプ ワンクローバー」はワンロフト設定でロフト10度。どちらのモデルもヘッド脱着式なので、シャフトはプロギアの標準仕様「Tour AD FOR PRGR」を装着し、ヘッド特性だけを検証していきました。

 まず2つのモデルを構え比べてみると、印象的なのが「RS F ドライバー」のオープンフェースの度合い。カタログ値でもフェースアングルはマイナス5度となっていて、ソールするとフェース面がかなり右を向きます。アドレス時から“絶対にボールを左には飛ばさせないようなオーラ”が「RS F ドライバー」にはあります。スライサーなら構えた時点で悲鳴を上げそうなモデルですが、ロフト9.5度でもロフトは見えやすく、球が上がってくれそうな雰囲気も持ち合わせています。

 それに対して「RS プロトタイプ ワンクローバー」は、ソールするとフェース面が素直にターゲットを向きます。こちらもカタログ値だとフェースアングルはマイナス3.5度となっていますが、一般的にドライバーの場合、これぐらいのフェース角だとスクエアに見えやすいです。かくいう筆者にも、ちょうどいいフェースアングルに感じました。

 さっそく「RS F ドライバー」を打ってみると、モデル名どおりにフェード弾道が出ました。真っすぐに打つようにスイングしても、ストレートに飛び出してから右に曲がっていく弾道になります。特筆すべきは、インパクトでフェース開き気味になっていても、スピン量がかなり少ないこと。普段から弾道が高めの著者が打っても、スピン量は2000回転を下回りました。吹け上がらないパワーフェード弾道を打ちやすいのが「RS F ドライバー」のいちばんの特長です。

「RS プロトタイプ ワンクローバー」に持ち替えて打ってみると、同じようにスイングしてもストレートな弾道になり、スピン量は2300回転前後。安定して飛ばせそうな強弾道になりました。平均値をとってみたところ、著者の場合は約300回転ほど「RS F ドライバー」よりもスピン量が多くなりました。

ドローも打ちたいなら「RS プロトタイプ ワンクローバー」がオススメ

【画像】「RS F」と「プロトタイプ」の試打データの差、フェースの見え方の違いを確認

画像ギャラリー

プロギア「RS F ドライバー」の試打データ
プロギア「RS プロトタイプ ワンクローバー」の試打データ
左へのミスを軽減し叩けて強弾道の「RS Fドライバー」
左へのミスを軽減し叩けて強弾道の「RS Fドライバー」
ストレートフェースで高い操作性と強弾道の「RSドライバー」
ストレートフェースで高い操作性と強弾道の「RSドライバー」
つかまりが良くハイドローで攻められる高弾道の「RS Dドライバー」
つかまりが良くハイドローで攻められる高弾道の「RS Dドライバー」
プロギア RSドライバー「RS PROTOTYPE ワンクローバー」
プロギア RSドライバー「RS PROTOTYPE ワンクローバー」
プロギア RSドライバー「RS PROTOTYPE ワンクローバー」
プロギア RSドライバー「RS PROTOTYPE ワンクローバー」
左から「RS F」と「RS プロトタイプ ワンクローバー」
「RS プロトタイプ ワンクローバー」と「RS F」ではスピン量300回転もの差が出た
手前から「RS プロトタイプ ワンクローバー」と「RS F」。前者安定感は安定感、後者は超低スピンが特徴
「RS F」に「Tour AD CQ 6」フレックスXを組み合わせる谷原秀人 写真:JGTOimages
1 2

最新記事