カリスマフィッターが選んだ2023年の傑作5モデルとは? これを買っておけば間違いなし!? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

カリスマフィッターが選んだ2023年の傑作5モデルとは? これを買っておけば間違いなし!?

年末年始にクラブの買い換えを考えているゴルファーは多いと思います。そこで、ツアープロのクラブ調節などにも携わっているカリスマフィッター・吉田智さんに2023年の各ジャンルベストクラブを教えてもらいました。

見た目ほど難しくないタイトリスト「TSR4」ドライバー

 2023年もいろいろなクラブが発売されました。冬のボーナスでクラブの買い替えを考えている方、年末年始のセールで買いたいクラブがあるという方も多いことでしょう。

 そこで、今年もたくさんのクラブを試打したという代官山「プレミアムゴルフスタジオ」のカリスマフィッター吉田智さんに、個人的なベスト5を選んでもらいました。

タイトリスト「TSR4」ドライバー
タイトリスト「TSR4」ドライバー

 吉田さんは、片山晋呉などトッププロのクラブ調整を担当する腕利きフィッターで、自身も300ヤード級の飛ばし屋でもあります。

 まずはドライバー編。吉田さんのイチオシは、タイトリスト「TSR4」だそうです。TSR1~4まで4種類がラインナップされている「TSR」シリーズのなかで、ヘッドサイズが430ccと小ぶりで低スピンなのが「TSR4」。

「僕自身が今年いちばん飛んだドライバーがこれです。とにかくバックスピン量が少なくて、強い弾道で飛ばせます。ヘッド体積が小さくてコントロール性は高いのに寛容性も意外にあって、イメージほど難しいクラブではないんです」

「打感もいいですし、とにかく叩いて飛ばしたい人におすすめ。『TSR3』も、『TSR4』よりはスピンが多いですが、460ccがいいという人にはオススメできます」(吉田さん)

 なお吉田さんは、同列の1位にキャロウェイ「パラダイム◆◆◆S」も挙げていましたが、こちらは限定販売なうえ人気・品薄で現在では入手困難ということで、番外扱いになりました。

可変ウエートが万能なテーラーメイド「ステルス2プラス」FW

 次にフェアウェイウッド(FW)編。こちらはテーラーメイド「ステルス2プラス」のFWだそうです。

テーラーメイド「ステルス2プラス」フェアウェイウッド
テーラーメイド「ステルス2プラス」フェアウェイウッド

 チタンヘッドの飛び系FWで、巨大なスライディングウエートを搭載しているのが特徴です。

「ソールに50グラムもの可変ウエートを搭載していて、これを前後方向に調節することで重心深度が大きく変化し、劇的に弾道が変わるんです。僕自身は、前から2番目のポジションがいちばんよかったのですが、ポジションを変えることで幅広いゴルファーが使えますし、ヘッド自体の性能も高いので飛びます」

「(実際にやったらルール違反ですが)ラウンド中に打ちたい球によってウエート位置を変えながらプレーしたら楽しそうだなと感じるぐらいのすごい機能ですね。よくぞここまでやってくれた、といいたいです」(吉田さん)

 ハードヒッター向けという印象のある「ステルス2プラス」ですが、この可変ウエートによって可能性はかなり広がりそうです。

アイアンのベストバイはスリクソン『ZX-MkII』シリーズ

 続いてアイアン編。アイアンは、ダンロップ「スリクソン ZX-7 MkII」が吉田さんのオススメです。

「スリクソンの『ZX-MkII』シリーズは、どのモデルもソール形状がすごく秀逸でした。V型にカットされたソールで、どんな入射角でもダフらず、スムーズに抜けてくれます」

ダンロップ「スリクソン ZX-7 MkII」アイアン
ダンロップ「スリクソン ZX-7 MkII」アイアン

「僕個人はヘッドが小ぶりで弾道の打ち分けがしやすい『ZX-7』がよかったですが、もう少しやさしいヘッドがいいなら『ZX-5』のほうでもOK。女子プロに人気なのが納得の傑作アイアンだと思います」(吉田さん)

 少しアッパー気味に入ってもダフらないというこのソール。アイアンが苦手という人はぜひ試してみてほしいと吉田さんはいいます。

ウェッジ&パターのベストバイはコチラ

【写真】すべてのヘッド形状をチェック! キャロウェイの“三角ネック”パター「TRI-BEAM」全10機種を比較する

画像ギャラリー

「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【TWELVE CS】
タイトリスト「TSR4」ドライバー
テーラーメイド「ステルス2プラス」フェアウェイウッド
ダンロップ「スリクソン ZX-7 MkII」アイアン
フォーティーン「DJ-6」ウェッジ
怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない理想的な立ち位置はここ
ラインを踏む可能性があると思う時は「ここを踏んでも大丈夫ですか?」と同伴競技者に確認しよう
1 2

最新記事