2つの最新技術が融合したオデッセイ「Ai-ONE TRI-BEAM」パター ブレード3機種はどんなゴルファー向き?

発売直後から爆発的な人気を誇るオデッセイ「Ai-ONE」に、早くも人気テクノロジーが合体した「Ai-ONE TRI-BEAM」パターが追加されました。ブレードタイプのヘッドは3機種ラインアップされていますが、詳細なギア計測と試打を行ってみると重心角やオフセットからゴルファーとの相性がみえてきました。

「#1」は操作性に優れた重心角とオフセットでミスに強い

 三角形の「ラケットホーゼル」テクノロジーを採用し、発売後瞬く間に大人気になった「TRI-BEAM」と「AIフェース」テクノロジーで圧倒的なゴルファーの支持を得た「Ai-ONE」パターが早くも融合した「Ai-ONE TRI-BEAM」パターが発売になりました。

オデッセイ「Ai-ONE TRI-BEAM」パターは、大人気の「Ai-ONE」と「TRI-BEAM」が融合したモデル
オデッセイ「Ai-ONE TRI-BEAM」パターは、大人気の「Ai-ONE」と「TRI-BEAM」が融合したモデル

「TRI-BEAM」「Ai-ONE」という大人気パターが合体したのですから、性能も折り紙付きのはず。そこで今回はブレードタイプの「#1」「#2」「ダブルワイド」に絞ってギア計測と試打を行い、それぞれの特徴やゴルファーとの相性など探ってみようと思います。

「Ai-ONE TRI-BEAM #1」は、すっきりした典型的なブレードタイプのヘッド。構えた時に「ラケットホーゼル」は目に入らず、特殊ネックが嫌いなゴルファーでも全く気になりません。

 重心角を計測してみると非常にオーソドックスな55度。しかし実際にボールを打ってみると、530グラムを超える総重量から来る振り心地とミスヒットに対する寛容性の高さは大型マレット並みでした。

「Ai-ONE TRI-BEAM #1」は、ブレードタイプのヘッドながら「AIフェース」&「ラケットホーゼル」効果でミスヒットに強い
「Ai-ONE TRI-BEAM #1」は、ブレードタイプのヘッドながら「AIフェース」&「ラケットホーゼル」効果でミスヒットに強い

「AIフェース」による初速の安定感とインパクト時のフェースの少ないブレで、転がりのよい直線的なパッティングが可能になっていました。

 ミドルパット以内の操作性の高さでブレードを選んだけど、ロングパットに自信が持てないゴルファーには「どハマり」するブレードパターだと感じました。

「#2」はブレードとマレットのハイブリッド! アライメント機能も抜群

 ブレードタイプながらクラブ総重量が540グラムを超える「Ai-ONE TRI-BEAM #2」パターの重心角を計測してみると、意外にも64度ありました。

「Ai-ONE TRI-BEAM #2」の重心角は64度。意外とオートマチックなパター
「Ai-ONE TRI-BEAM #2」の重心角は64度。意外とオートマチックなパター

 構えた時にブレードの長さをしっかり感じられるため、ターゲットに対するフェース向き「アライメント」も抜群です。ストロークしてみると、見た目よりもオートマチックで、真っすぐに振り幅だけでタッチが出せるブレードとマレットのハイブリッド的なモデルになっています。

 フェース面をしっかりと感じつつ、振り幅でタッチも出したいゴルファーはもちろん、シャープなルックスと重量感を求めるゴルファーにも支持されるはずです。

「ダブルワイド」は見た目も中身も重量級ブレードパター

【写真】すべてのヘッド形状をチェック! 「Ai-ONE TRI-BEAM」パターの全画像を見る

画像ギャラリー

「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」幅の広いブレードの「DOUBLE WIDE T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」幅の広いブレードの「DOUBLE WIDE T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」幅の広いブレードの「DOUBLE WIDE T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」センターシャフトタイプの「DOUBLE WIDE T CS」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」センターシャフトタイプの「DOUBLE WIDE T CS」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」センターシャフトタイプの「DOUBLE WIDE T CS」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」ブレードの「ONE T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」ブレードの「ONE T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」ブレードの「ONE T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」人気が高いというツノ型形状の「SEVEN T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」人気が高いというツノ型形状の「SEVEN T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」人気が高いというツノ型形状の「SEVEN T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」ヘッドの前後長がやや長めのマレットである「SIX T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」ヘッドの前後長がやや長めのマレットである「SIX T」
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」ヘッドの前後長がやや長めのマレットである「SIX T」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」ツノ型の「#7」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」ツノ型の「#7」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」ツノ型の「#7」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」小型マレットの「#5」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」小型マレットの「#5」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」小型マレットの「#5」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」ブレードの「#2」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」ブレードの「#2」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」ブレードの「#2」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」ブレードの「#1」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」ブレードの「#1」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」ブレードの「#1」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」幅広ブレード「DOUBLE WIDE」のセンターシャフトタイプ「DOUBLE WIDE CS」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」幅広ブレード「DOUBLE WIDE」のセンターシャフトタイプ「DOUBLE WIDE CS」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」幅広ブレード「DOUBLE WIDE」のセンターシャフトタイプ「DOUBLE WIDE CS」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」幅の広いブレードの「DOUBLE WIDE」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」幅の広いブレードの「DOUBLE WIDE」
「Ai-ONETRI-BEAMパター」幅の広いブレードの「DOUBLE WIDE」
オデッセイを代表するモデルの1つである「2-BALL」のセンターシャフトタイプ「2-BALL CS」
オデッセイを代表するモデルの1つである「2-BALL」のセンターシャフトタイプ「2-BALL CS」
オデッセイを代表するモデルの1つである「2-BALL」のセンターシャフトタイプ「2-BALL CS」
オデッセイを代表するモデルの1つである「2-BALL」
オデッセイを代表するモデルの1つである「2-BALL」
オデッセイを代表するモデルの1つである「2-BALL」
「Ai-ONE TRI-BEAMパター」幅広ブレードの「DOUBLE WIDE」(左)「2-BALL」のセンターシャフトタイプである「2-BALL CS」(右)
「Ai-ONE MILLED TRI-BEAMパター」写真は幅の広いブレードの「DOUBLE WIDE T」
インサートの形状が見られるポリカーボネート製のウィンドウ
AI設計のインサートが搭載されており、ミスヒット時のボールスピードの低下が最小限に抑えられている
オデッセイ「Ai-ONE TRI-BEAM」パターは、大人気の「Ai-ONE」と「TRI-BEAM」が融合したモデル
「Ai-ONE TRI-BEAM #1」は、ブレードタイプのヘッドながら「AIフェース」&「ラケットホーゼル」効果でミスヒットに強い
「Ai-ONE TRI-BEAM #2」の重心角は64度。意外とオートマチックなパター
「Ai-ONE TRI-BEAM ダブルワイド」はマレット的なルックスと重量感ながら、やや抑えた重心角(62度)で操作性も感じられる
1 2

最新記事