クラブを替えないとミスショットは直らない? アイアンこそ「フィッティング」を受けるべき理由

自分に合った最適なクラブを見つけたいなら「フィッティング」を受けるのが近道です。特にアイアンは、ヘッドやシャフトを選ぶだけでなく、番手ごとのロフト角やライ角も調整する必要があり、専門知識なしに最適なクラブを選ぶのは非常に困難です。今回、e!GolfスタッフのTが「キャロウェイ/トラヴィスマシュー青山店」でアイアンのフィッティングを体験したのでその模様をお届けします。

最後に飛び出したのは「ライ角」調整の提案

 自分に合ったアイアンが見つかったTさんですが、まだチーピンが出るのが気になるようです。

【國】チーピンは「ライ角」を1~1.5フラットに寝かせることで改善できると思いますよ。Tさんはアドレスの時に手元が低くて、ヘッドのトゥが浮くクセがあります。そのため、インパクトでソールのヒール側が当たりやすく、フェースが強く閉じることがあるのです。

Tさんが構えたヘッドに寄ってみると、たしかにトゥがすごく浮いていた
Tさんが構えたヘッドに寄ってみると、たしかにトゥがすごく浮いていた

【T】自分にそんなクセがあったなんて知りませんでした。でも、これは手元を上げて構えるようにしたら、直りそうですね。

 試しにアドレスの手元を変えて打ってみたTさん。しかし、違和感があり、振りにくいといいます。

【國】アドレスでの手元の高さは、人それぞれ気持ちいいと感じる位置があります。Tさんの場合は、トゥが浮くぐらい低い位置にあった方が気持ち良く振れるのだと思います。こういう場合は、スイングをいじるのではなく、クラブで直した方が絶対いいです。そうすれば、ソールの当たり方が良くなって、ヘッドが真っすぐ抜けるようになるはずですよ。

【T】 アイアン選びって本当に奥が深いですね。今日はありがとうございました。

ドライバーとアイアンは一緒にフィッティングを受けるのが理想

 アイアンのフィッティング体験を終えたTさんは、改めてモデル選びやスペックを決めることの大切を感じたと話します。

最後にフィッティングの結果をもらうことができる
最後にフィッティングの結果をもらうことができる

「今まではやさしいモデルを選べば、楽に飛ばせて、ゴルフもやさしくなると思っていました。でもフィッティングを受けて、自分に最適な性能バランスがあることを知りました。そして何より驚きだったのはライ角の話です。チーピンの原因がクラブのライ角にあると知らなかったら、ずっと悩んでいたかもしれません。本当にフィッティングを受けてよかったです」

 これを受けて國廣さんは、以下のように話します。

「ドライバーのフィッティングを受ける人は多いですが、アイアンはまだまだ少ないです。でも、アイアンは調整すべきポイントが多いですし、ドライバーとの重量フローも整える必要があります。本当は、ドライバーとアイアンの両方のフィッティングを受けていただくのが理想です。クラブ全体のバランスが整えば、間違いなくスコアも良くなるはずですよ」

「キャロウェイ/トラヴィスマシュー青山店」では、1コマ40分、5500円(消費税込み)でフィッティングを受けることが可能です。公式Webサイトから予約が可能で、2コマ連続で予約をすることで、ドライバーとアイアンの両方のフィッティングを一度に受けることもできます。また「キャロウェイゴルフ東京本社」や「キャロウェイ心斎橋店」でもフィッティングを実施しています。

取材協力・キャロウェイ/トラヴィスマシュー青山店
東京都渋谷区神宮前3丁目1番25号 神宮前Ikビル

【写真】あなたに合うヘッドは? キャロウェイ/トラヴィスマシュー青山店のフィッティングで試打できるアイアンを見る

画像ギャラリー

今回のフィッティングで試したアイアン
「キャロウェイ/トラヴィスマシュー青山店」
「キャロウェイ/トラヴィスマシュー青山店」
「キャロウェイ/トラヴィスマシュー青山店」
アイアンのフィッティングを行うTさん
アイアンの機能について説明をきく
アイアンのフィッティングを行うTさん
飛距離とやさしさのバランスを考えて、國廣さんがオススメする「X FORGED」
2427アイアンでもシャフト選びはとても大切。今回は100~120グラム台のスチールシャフトを試した
Tさんが構えたヘッドに寄ってみると、たしかにトゥがすごく浮いていた
最後にフィッティングの結果をもらうことができる
フィッティングでもらえる結果。適したロフト角やシャフトも細かく記されている
このようなデータで自分のショットを分析できる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
1 2

最新記事