100切りゴルファーが「6番」買うならアイアンとハイブリッドどっちがいい? 人気の「ゼクシオX」で検証した

女子プロからアマチュアまで人気のダンロップ「ゼクシオX」シリーズ。「100切り」を目指す人がセッティングを考える際、「6番」はアイアンにすべきか、ハイブリッドなのか迷うと思います。どちらがコースで使いこなしやすいのかを、それぞれの特徴や相性を交えて試打してもらいました。

「ゼクシオX」6番アイアンは練習どおりの球が打てる

 ダンロップ「ゼクシオX」シリーズは女子プロからアマチュアまで人気のブランドです。すっきりしたデザインとやや軽量のスペックで、誰でも軽快に振り切れる幅広いターゲットモデルになっています。

女子プロからアマチュアまで人気の「ゼクシオX」は、アイアンとハイブリッドどちらの「6番」を入れるべき?
女子プロからアマチュアまで人気の「ゼクシオX」は、アイアンとハイブリッドどちらの「6番」を入れるべき?

「100切り」を目指す人にとって、6番アイアンあたりからは「ハイブリッドの方がいいのかも?」と、クラブセッティングで悩んでいる人も多いはず。

 ちなみに、「ゼクシオX」は6番アイアン(25.5度)と6番ハイブリッド(26度)でロフトが近く、ゴルファーの好みや相性でセッティングしやすくなっています。

 飛び系アイアンなのに7番アイアン感覚で使いこなせる「ゼクシオX」の6番アイアンの大きな特徴は、中弾道ながら「オフセット(グース)」があるため振り遅れやスライスを減らせること。「練習どおりの当たりと方向性」がコースでも得やすくなっています。

「ゼクシオX」6番アイアン(ロフト25.5度)はハイブリッドに比べ中弾道ながら、オフセット(グース)によるつかまりと方向性のよさで練習どおりのショットが打ちやすい
「ゼクシオX」6番アイアン(ロフト25.5度)はハイブリッドに比べ中弾道ながら、オフセット(グース)によるつかまりと方向性のよさで練習どおりのショットが打ちやすい

 クラブが長いフェアウェイウッドやハイブリッドに比べ「確実に距離を稼いで前に進む」という点では、クラブが短くフェースが大きく見える「ゼクシオX」6番アイアンは安心感たっぷりのクラブとして武器になるはずです。

失敗しても「予想以上の結果」になる「ゼクシオX」6番ハイブリッド

 ハイブリッドの主な長所は、アイアンよりも飛距離が出しやすくフェアウェイウッドよりもやさしいことです。

「ゼクシオX」ハイブリッド6番は、ほぼ同じロフトのアイアンよりも約1.5インチ長いクラブ長によるヘッドスピードアップ効果で、ボール初速が出しやすくなっています。

「ゼクシオX」6番アイアンとほぼ同じロフト(26度)ながら、大きな重心角とクラブ長による高弾道&高初速でミスショットしても「充分以上の結果」が出る6番ハイブリッド
「ゼクシオX」6番アイアンとほぼ同じロフト(26度)ながら、大きな重心角とクラブ長による高弾道&高初速でミスショットしても「充分以上の結果」が出る6番ハイブリッド

 ここまでは他のブランドと同じ傾向ですが、6番ハイブリッドのヘッドを計測すると非常に興味深いデータが分かります。いわゆるウッド型にも関わらず、少ない重心角(H6:18度)でFP(フェースプログレッション)も抑えられているため「アイアンのように構えられる」ハイブリッドになっています。

 通常はショートウッドのように大きな重心角やFP値になっているため、構えた時の印象やボール位置が変わるのですが、「ゼクシオX」ハイブリッドはアイアンと併用できるように作られているようです。

 実際に試打してみるとボール初速がはっきり出ているのに、そのエネルギーは打ち出し角度に配分され6番アイアンのトータル距離をキャリーで稼げるクラブになっていました。

みんな知らないハイブリッドの方が「ダウンブローに打ちやすい」という事実

【連続写真解説】アッパー気味が正解! 「ロングアイアンがクリーンに打てる右肩の動かし方」

画像ギャラリー

ロングアイアンは打ち込もうとせず、レベルブローからアッパーブローの意識で振る。低い位置からヘッドを入れると、適正なロフト角でインパクトでき、高い球を打ちやすい
ロングアイアンは打ち込もうとせず、レベルブローからアッパーブローの意識で振る。低い位置からヘッドを入れると、適正なロフト角でインパクトでき、高い球を打ちやすい
ロングアイアンは打ち込もうとせず、レベルブローからアッパーブローの意識で振る。低い位置からヘッドを入れると、適正なロフト角でインパクトでき、高い球を打ちやすい
ロングアイアンは打ち込もうとせず、レベルブローからアッパーブローの意識で振る。低い位置からヘッドを入れると、適正なロフト角でインパクトでき、高い球を打ちやすい
ロングアイアンは打ち込もうとせず、レベルブローからアッパーブローの意識で振る。低い位置からヘッドを入れると、適正なロフト角でインパクトでき、高い球を打ちやすい
ロングアイアンは打ち込もうとせず、レベルブローからアッパーブローの意識で振る。低い位置からヘッドを入れると、適正なロフト角でインパクトでき、高い球を打ちやすい
ロングアイアンは打ち込もうとせず、レベルブローからアッパーブローの意識で振る。低い位置からヘッドを入れると、適正なロフト角でインパクトでき、高い球を打ちやすい
ロングアイアンは打ち込もうとせず、レベルブローからアッパーブローの意識で振る。低い位置からヘッドを入れると、適正なロフト角でインパクトでき、高い球を打ちやすい
ロングアイアンでは打ち込むスイングはNG。トップからダウンスイングでは、右肩の位置変えずにクラブを下ろすと、低い位置からヘッドを入れられる
ロングアイアンのオススメドリル。ティーアップしたボールをティーに当てないようにクリーンに打つ。打ち込むとティーに当たってしまう
女子プロからアマチュアまで人気の「ゼクシオX」は、アイアンとハイブリッドどちらの「6番」を入れるべき?
「ゼクシオX」6番アイアン(ロフト25.5度)はハイブリッドに比べ中弾道ながら、オフセット(グース)によるつかまりと方向性のよさで練習どおりのショットが打ちやすい
「ゼクシオX」6番アイアンとほぼ同じロフト(26度)ながら、大きな重心角とクラブ長による高弾道&高初速でミスショットしても「充分以上の結果」が出る6番ハイブリッド
アイアンに比べハイブリッドはFP(フェースプログレッション)値が大きいため、最下点の手前でインパクトしやすい
1 2

最新記事