品薄状態が続くほど人気な理由とは!? キャロウェイ「X FORGEDアイアン」2モデルを試打して分かったこと

発売以来高い人気をキープし続け、品薄状態が続いているというキャロウェイ「X FORGEDアイアン」シリーズ。今回は2つのモデルをゴルフイラストレーターの野村タケオさんにコース試打してもらいました。試打で分かった人気の理由とは。

ソールの抜けと打感のよさが超ハイレベルな「X FORGED」

 みなさんこんにちは、ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。キャロウェイから新しく発売された「X FORGEDアイアン」シリーズ。

 3種類のヘッドがあるのですが、全て軟鉄鍛造の単一素材構造のアイアン。いかにも日本人が好きそうなこのモデルは、やっぱり日本専売モデルらしいのですが、実は海外の女子プロにも評判がいいのだとか。

発売直後から売れまくっているという「X FORGEDアイアン」シリーズ。イラストレーターの野村タケオさんが早速試打
発売直後から売れまくっているという「X FORGEDアイアン」シリーズ。イラストレーターの野村タケオさんが早速試打

 今回は一番小さいモデルの「X FORGED」と、ロフトが少し立った「X FORGED STAR」の2モデルを打ち比べてみました。

 今回の「X FORGEDアイアン」シリーズ、共通の特徴としては、なんといってもソール形状。リーディングエッジ側とトレーリングエッジ側に面取りを入れた「トライレベル・ソールデザイン」が採用されており、抜群の抜けを実現しています。

 バックフェースのデザインもほぼ同じになっており、バックフェース下部には中央を頂点とした三角形状の肉厚な部分を配し、そこから上に向かって、やや肉厚な部分、そして完全なキャビティ部分と、段階的に厚みが変えられています。

 三角形状の部分にキャロウェイのロゴ、そして一弾薄くなった部分に「X FORGED」のロゴが刻印されています。「X FORGED STAR」には「STAR」のロゴも刻印されていますが、どちらのモデルもシンプルでとてもカッコいいです。

リーディングエッジ側とトレーリングエッジ側に面取りを入れた「トライレベル・ソールデザイン」(左が「X FORGED STAR」)
リーディングエッジ側とトレーリングエッジ側に面取りを入れた「トライレベル・ソールデザイン」(左が「X FORGED STAR」)

 まず「X FORGED」を構えてみると、少し小ぶりでオフセットは少なめ。トップブレードも薄めでシャープなイメージです。とてもキレイな形状で、目標に対してもとても構えやすい。ただ、少し手ごわそうな感じはします。

 打ってみると、とにかく打感がいい! 軟らかいながらも、しっかりと芯が感じられる打感。本当に気持ちいい打感なので、いいところに当たったときはニヤニヤしちゃうくらい気持ちいい。

 そしてソールの抜けも本当に気持ちよくて、本当に滑ってくれるように抜けてくれます。少し上からクラブを入れても、地面に刺さりすぎるようなことはなく、気持ちよく抜けます。

段階的に厚みが変えられているバックフェースデザイン。機能性は高いのにシンプルでカッコいい
段階的に厚みが変えられているバックフェースデザイン。機能性は高いのにシンプルでカッコいい

 このソール見た目からして仕事してくれそうに感じていましたが、実際に芝から打つと、本当に素晴らしかった。練習場ではなく、コースで仕事をしてくれる「現場に強い」アイアンですね。

「X FORGED」は7番でロフト33度ということなので、飛距離はそんなに出るわけではないですが、ボールは上がりやすいです。

 でも操作性が高いので、低い球は当然打てるし、左右に曲げることできる。ヘッドの大きさからして、やはりこれはある程度スキルのあるゴルファー向けのヘッドだと思いました。

飛距離や操作性のバランスがいい「X FORGED STAR」

 そして次に「X FORGED STAR」を打ちました。構えてみると、こちらは少しだけヘッドが大きく、オフセットも少し多めになっているので「X FORGED」よりも優しそうに感じます。トップブレードは少し厚めになっているようですが、面取りがされていることで厚さを感じさせません。

「X FORGED」(上)と比較すると少しだけヘッドが大きいことが分かる「X FORGED STAR」(下)
「X FORGED」(上)と比較すると少しだけヘッドが大きいことが分かる「X FORGED STAR」(下)

 打ってみると、打感はこちらも軟らかい。「X FORGED」は軟らかさにも芯がある感じがしっかりありましたが、この「STAR」も芯は感じるものの、軟らかさのほうが強く伝わってきます。

 ほんの少し「STAR」のほうが、球がフェースに乗る感じがします。フェース面が大きいからかもしれません。

 ソールの働きは「X FORGED」同様に素晴らしいです。本当に気持ちよく抜けてくれます。

「STAR」は7番でロフトが29度なので、少しストロングロフト設計となっています。そのぶん、やはり「X FORGED」よりは飛距離が出ます。1番手くらいは確実に飛んでいますね。

 飛距離は出ますが弾道も高いので、グリーンではしっかり止まってくれます。操作性に関しては、やはり「X FORGED」ほど高くありませんが、弾道の高低や左右の曲がり具合などの操作はできます。

「STAR」は7番でロフトが29度という若干のストロングロフト設計。「X FORGED」と比較すると1番手ぐらい飛距離に違いがある
「STAR」は7番でロフトが29度という若干のストロングロフト設計。「X FORGED」と比較すると1番手ぐらい飛距離に違いがある

 優しさもありながら、操作性も少しあり、飛距離も出るというなかなかに欲張りなアイアンとなっていると思いました。それでいてデザインも打感もいいですから、本当に完成度の高いアイアンですね。中級者から上級者まで使えるモデルだと思います。僕は本気で欲しいと思っちゃいました。

 新しい「X FORGED」シリーズの2種類のヘッドをコースで打ち比べましたが、どちらもとても完成度の高いモデルでした。

「X FORGED」アイアンは少し上級者向けと感じましたが「X FORGED STAR」アイアンは100を切ったくらいのゴルファーから上級者まで幅広く使えるアイアンだと思います。これから上達していこうというゴルファーにもオススメです。

 とにかく両方とも完成度がとても高く、本当にいいアイアンだと思いました。みなさんも機会があったらぜひ“めっちゃいい打感”を味わってみてください。

【画像】「X FORGED」シリーズがワンツー! 最新アイアン売れ筋ランキングをチェック

画像ギャラリー

2024年4月の売れ筋アイアン第1位 X FORGED STAR アイアン(キャロウェイゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年4月の売れ筋アイアン第2位 X FORGEDアイアン(キャロウェイゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年4月の売れ筋アイアン第3位 Qi アイアン(テーラーメイド ゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年4月の売れ筋アイアン第4位 i530 アイアン(ピンゴルフジャパン) 有賀園ゴルフ調べ
2024年4月の売れ筋アイアン第5位 ゼクシオ 13 アイアン(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
発売直後から売れまくっているという「X FORGEDアイアン」シリーズ。イラストレーターの野村タケオさんが早速試打
リーディングエッジ側とトレーリングエッジ側に面取りを入れた「トライレベル・ソールデザイン」(左が「X FORGED STAR」)
段階的に厚みが変えられているバックフェースデザイン。機能性は高いのにシンプルでカッコいい
「X FORGED」(上)と比較すると少しだけヘッドが大きいことが分かる「X FORGED STAR」(下)
「STAR」は7番でロフトが29度という若干のストロングロフト設計。「X FORGED」と比較すると1番手ぐらい飛距離に違いがある

最新記事