キャロウェイ「X FORGED」&ピン「ブループリントT/S」豊作アスリートアイアン打ち比べ ツルさん・ルイゴルフさんの新作ギア選び

若者にゴルフの楽しさを伝える活動をしている大人気インフルエンサーのルイゴルフさんが、ギアに精通したベテランゴルフライターの鶴原弘高さんと一緒にベストクラブを見つける連載企画。今回は話題のアスリートアイアン3モデルを打ち比べてみました。

アイアンショットがグリーンで止まらないことが悩み

 インフルエンサーとして若年層のゴルファーから人気のあるルイゴルフ(大塚塁)さんは、インスタグラムのフォロワーが6万人を超えており、スコアを50日で100切りした方法は大きな話題になりました。

 そんなルイゴルフさんが、最新クラブの中から自分に合ったクラブを探す連載企画。サポートしてくれるのはギアに精通したゴルフライターとしてさまざまなゴルフメディアで活躍する、ツルさんこと鶴原弘高さんです。今回は話題のアスリートアイアン3モデルを打ち比べていきます。

今回試打するアイアンの説明をする鶴原弘高さん(左)とルイゴルフさん(右)
今回試打するアイアンの説明をする鶴原弘高さん(左)とルイゴルフさん(右)

【ルイゴルフさん】※以下【ル】
 今、アイアンで悩んでいるのですが、オススメのアイアンはありますか?

【鶴原さん】※以下【ツ】
 今年は「アスリートアイアン」が人気です。キャロウェイの「X FORGED」やピンの「ブループリントS」はメーカーの在庫が一時欠品になるくらい売れています。

【ル】それは打ってみたいです。

【ツ】ちなみに今、使っているアイアンは何ですか?

【ル】「ONOFF(オノフ) アイアンラボスペックFF247 III」を使っています。

【ツ】シブいアイアン使ってますね。「ONOFF アイアンラボスペックFF247 III」もギアの有識者から評価が高いアイアンです。どんなところに悩んでいるのですか?

【ル】飛距離性能が高いところは気に入っているのですが、ミドルアイアンでナイスショットしたときにグリーンに止まらないことが多いです。

【ツ】グリーンに止まる、止まらないの目安になるのが落下角度です。フライトスコープの数値計測で、落下角度に注目しながら「X FORGED」「ブループリントS」「ブループリントT」の3モデルを打ち比べてみましょう。

 まずは「ブループリントT」から打ってもらいました。ピンでは珍しい軟鉄鍛造タイプのアイアンで、形状や性能はツアープロの意見を反映して作られています。

【ル】これは「ザ・マッスルバック」というアイアンですね。

【ツ】ちょっとハードでしたか?

【ル】アドレスしたときは顔が小さいと思ったのですが、見た目ほどシビアじゃないですね。でもミスヒットしたときは、そのままミスになると思いました。右に飛んでしまうショットが多かったです。

【ツ】スピン量は「ONOFF アイアンラボスペックFF247 III」より1500回転以上増えていますし、落下角度も7番アイアンで47度前後あるので、十分グリーンに止まる弾道になっています。

【ル】打感がすごくイイ。食いつき感が抜群でした。

【ツ】音も良かったですね。ただ、どちらかと言えばフェードヒッターと相性がいいアイアンだと思います。

【ル】ドローヒッターの私には、つかまるイメージが出せず、左に戻ってこない感じが気になりました。

「ブループリントS」は落下角度がさらに大きくなった

 次は「ブループリントS」。「ブループリントT」と同じ軟鉄鍛造ですが、ハーフキャビティータイプになっていて、ソール幅も少し広めです。

「ブループリントS」を試打するルイゴルフさん
「ブループリントS」を試打するルイゴルフさん

【ル】「ブループリントT」の後に打つと、やさしく感じますね。打球も「T」より高かったですけど、ロフトが大きいんですか?

【ツ】ロフトは両モデルとも7番アイアンで33度です。実はこの2モデルはコンボセットにできるようにロフト設定を同じにしています。落下角度は「S」になると49度まで大きくなりました。

【ル】素朴な疑問なのですが、落下角度は何度以上あればいいんですか?

【ツ】あくまで目安ですが、45度以上であればトーナメントコースのグリーンでも止まると言われていて、一般営業のグリーンでは42度以上あれば大丈夫だと言われています。それが40度になってしまうとグリーンには届いてもオーバーしてしまう可能性が高くなります。

【ル】最低でも42度、理想は45度以上という感じですね。

【ツ】「T」と「S」を打ち比べた感想はどうですか?

【ル】打感なら「T」で、弾道なら「S」ですね。

 最後に打ってもらうのが大ヒット中の「X FORGED」。3年ぶりにリニューアルしたキャロウェイの人気シリーズです。

【ル】これは音と打感が素晴らしい。めちゃくちゃ気持ちいいフィーリングですね。

【ツ】弾道データも良くて、7番アイアンで落下角度が48度、スピン量が6900回転を超えていました。

【ル】ただ、ちょっと気になったのがヘッドの軽さです。少し軽かったので、最初の1、2球はうまく打てませんでした。

【ツ】ルイゴルフさんのようにヘッドスピードが47メートル/秒くらいあると、ちょっとヘッド重量を軽く感じるかもしれません。今回の「X FORGED」は日本で企画したモデルなので、海外メーカーのツアーアイアンに比べると少しヘッド重量は軽め。ヘッドスピード43~45メートル/秒くらいのゴルファーにはピッタリだと思います。

「コースで使うことを考えたら「ブループリントS」

 人気のアスリートアイアン3モデルを打ち比べた感想をルイゴルフさんに聞いてみました。

今回試打したアイアン3モデル。左から「ブループリントT」「ブループリントS」「X FORGED」
今回試打したアイアン3モデル。左から「ブループリントT」「ブループリントS」「X FORGED」

【ル】3モデルともアスリートアイアンらしいカッコ良さがありながら、見た目よりはやさしかったのが印象的でした。打感が良かったのは「X FORGED」と「ブループリントT」ですが、コースで使うことを考えたら「ブループリントS」ですかね。少し打点がズレたときでも打球が曲がらないのとドロー系の球筋を打ちやすかったのが決め手です。「X FORGED」もすごく良かったですが、もう少し飛距離が欲しかったです。

 ルイゴルフさんのアイアン選びを見守った鶴原さんは、ルイゴルフさんにこんな提案をします。

【ツ】弾道データを見ると3モデルとも7番アイアンの落下角度は45度以上ありましたが、その中でも「ブループリントS」は落下角度49度と1番大きかった。「ブループリントT」に比べると少しだけ重心も後ろにあるので、アスリート系のアイアンではありますが多少のお助け要素もあるので打ちやすかったと思います。ルイゴルフさんはヘッドスピードや腕前だけで判断すると、アスリートモデルのアイアンがマッチしそうなタイプなのですが、今まで使っていたのが「ONOFF アイアンラボスペックFF247 III」という飛び系アイアンなので、もう少しアベレージ向けのアイアンの方がマッチするような気がします。

鶴原弘高 (つるはら・ひろたか)

大阪府出身。ゴルフ専門の編集者兼ライター。仕事のジャンルは、新製品の試打レポート、ゴルフコース紹介、トレンド情報発信など幅広く、なかでもゴルフクラブ関連の取材が多い。現在はゴルフ動画の出演者としても活躍中。YouTubeチャンネル:『A1 GOLF CLUB』 Instagram:@tsuruhara_hirotaka

ルイゴルフ(大塚塁/おおつか・るい)

愛知県出身。レッスン動画で若年層ゴルファーの支持を得る動画クリエイター。168のスコアからたった50日で100切りを達成したノウハウを伝えるインスタグラムのフォロワーは約6.5万人。現在は20代ゴルフコンペの企画運営などを行っている。

【取材協力】フライトスコープジャパン

「FlightScope MEVO Range」と「Pro V1 RCT」ボール
「FlightScope MEVO Range」と「Pro V1 RCT」ボール

 今回の取材はフライトスコープジャパン本社内のパフォーマンススタジオをお借りし、「FlightScope MEVO Range」と「Pro V1 RCT」ボールを用いて計測を行いました。

【写真】今回試打したアイアン「X FORGED」と「ブループリントT/S」の詳細画像と試打データ

画像ギャラリー

ピン 「ブループリントTアイアン」
ピン 「ブループリントTアイアン」
ピン 「ブループリントTアイアン」
ピン 「ブループリントTアイアン」
ピン 「ブループリントSアイアン」
ピン 「ブループリントSアイアン」
ピン 「ブループリントSアイアン」
ピン 「ブループリントSアイアン」
キャロウェイ 「X FORGEDアイアン」
キャロウェイ 「X FORGEDアイアン」
キャロウェイ 「X FORGEDアイアン」
キャロウェイ 「X FORGEDアイアン」
キャロウェイ 「X FORGEDアイアン」
「FlightScope MEVO Range」と「Pro V1 RCT」ボール
今回試打したアイアン3モデル。左から「ブループリントT」「ブループリントS」「X FORGED」
「ブループリントS」を試打するルイゴルフさん
今回試打するアイアンの説明をする鶴原弘高さん(左)とルイゴルフさん(右)
ルイゴルフさんが試打した「ブループリントTアイアン」のデータ
ルイゴルフさんが試打した「ブループリントSアイアン」のデータ
ルイゴルフさんが試打した「X FORGEDアイアン」のデータ

最新記事