定番の52、58度はもう古い!? ピンのウェッジフィッティングで出た答えは意外な3本の組み合わせだった!

人気メーカー、ピンの直営店「PING FITTING STUDIO みなとみらい」でアイアンのフィッティングを受けたe!GolfスタッフのTさん。続けて、ウェッジのフィッティングを受けてみると、ロフトの組み合わせやソールグラインドの選び方など、目からうろこの体験ができたようです。

フルショットで100ヤード打てるウェッジを探す

 14本のクラブセッティングを考える中で、近年選び方が多様化しているのが「ウェッジ」です。1990年代までウェッジはアイアンとセットで販売されるのが主流でしたが、2000年代に入ってウェッジを単品で売り出すメーカーがどんどん増えました。さまざまなロフトやソールグラインドのモデルがラインアップされるようになり、プレースタイルに合わせて自由に組み合わせて購入できます。

今はプレースタイルに合わせてウェッジの本数やロフトを自由に選べる時代(写真はピンの「s159ウェッジ」)
今はプレースタイルに合わせてウェッジの本数やロフトを自由に選べる時代(写真はピンの「s159ウェッジ」)

 一方で、ウェッジの種類が複雑になり過ぎて、どう選べばいいのかわからない人も増えています。そんな時に活用したいのがウェッジのフィッティングです。フィッティングと聞くとドライバーやアイアンをイメージする人が多いかもしれませんが、一部のメーカーではウェッジにも力を入れていて、ピンもそのメーカーの一つです。

 今回はピンの直営店「PING FITTING STUDIO みなとみらい」(横浜市西区)でe!GolfスタッフのTさんがウェッジのフィッティングを体験してきました。以前の記事ではアイアンのフィッティングを受けて、最適なセットを見つけることができましたが、それに合うウェッジの組み合わせとはどんなものなのでしょうか。以前の記事に引き続き「PING FITTING STUDIO みなとみらい」に在籍する永野隼斗さんがフィッティングを担当してくれました。
 
【Tさん】※以下、【T】
 今までは43度のPWの下に52度と58度の2本のウェッジを入れていました。PWと52度の距離差が大き過ぎること、52度で100ヤードにギリギリ届かないことが悩みでした。フルショットで100ヤードピッタリを狙えるウェッジが欲しいことと、バランスによって本数を増やすことを考えています。

【永野さん】※以下、【永】
 Tさんはアイアンのフィッティングで、「ブループリントS」でスペック調整をしていますので、その下にどんなウェッジを入れるべきか一緒に考えていきましょう。まず前提として考えるべきなのがPWのロフトで、「ブループリントS」の場合は45度になります。7番の結果から推測すると120ヤード前後の飛距離になるはずです。今回はピンの「s159ウェッジ(以下、「s159」)」で調整をしていきますので、このモデルの50度を試打して、100ヤード付近になるかみていきましょう。

ピンの「s159ウェッジ」を実際に打ってみた

 それでは早速、ウェッジを試打してもらいます。

【永】現在お使いのウェッジよりも、「s159」の方が飛距離が出やすいようですね。50度でキャリーが106ヤード出ていますので、100ヤードピッタリ飛ばしたいなら52度の方が近くなるかもしれません。続けて52度のウェッジをテストしてみましょう。

ピンの「s159ウェッジ」を試打するe!GolfスタッフのTさん
ピンの「s159ウェッジ」を試打するe!GolfスタッフのTさん

【T】ピンのウェッジだと52度で100ヤード前後飛んでくれますね。求めている距離にすごく近いです。

【永】ウェッジで狙いより飛び過ぎるのは良くありませんので、100以上飛ばしたくないなら52度が良さそうですね。

ウェッジを3本にする選択肢が増える

 次は普段も使っているという58度を試打します。ソールグラインドはベーシックな「S」です。

「s159」の58度を試打した弾道データ。飛距離は80ヤード前後
「s159」の58度を試打した弾道データ。飛距離は80ヤード前後

【永】58度で80ヤード前後の飛距離ですが、普段お使いのウェッジと比較してどうでしょうか?

【T】マイクラブだと85ヤードくらい飛ぶイメージですので、少し飛んでいないですね。100ヤード以内で飛距離を打ち分けるのが苦手で、基本的にはフルショットしかしませんので、ウェッジ間の飛距離差をあまりつけたくないです。

【永】それなら58度ではなく、56度を入れてみても良いかもしれません。確実に85ヤードに届くはずです。そうなると52度よりも50度が良いかもしれませんし、48度の投入も選択肢に入ってきます。56度の下に1本追加するのも良いでしょう。いずれにしても現在の2本から3本にウェッジを増やすことは検討する価値があると思います。

【T】グリーン周りのアプローチは最近、うまくいっている気がしていて、バンカー超えなども問題なく打てています。やっぱり悩みは100ヤード以内の距離の打ち分けですね。

【永】56度はアプローチでも使えますので、Tさんの場合は下を充実させるよりもPWの下に当たる80~110ヤードの間を充実させるのが良さそうです。ピンのウェッジはロフトバリエーションが豊富で46度からラインアップされています。加えて±2度のロフト調整も可能です。Tさんの場合50度が飛んでいたので、ロフトを1度立てて追加するのもアリですし、48度を追加しても良いでしょう。念のため、48度の弾道データも取ってみましょう。

【永】48度でやや110ヤードに届きませんでした。ロフトを1度調整すると2〜3ヤードほど違いが出ますので、48度を1度立てるとちょうど良くなりそうです。

【T】いろいろ試打させてもらいましたが、やはり100ヤード近くの距離が出る52度は入れたいです。結果だけを見ると上が50度でも問題なさそうですが、52度と差をつけたいので48度の方が良さそうです。ロフトを1度立てる方向でお願いしたいです。56度はアプローチも打たせてもらいましたが、良さそうでしたので、48度、52度、56度の3本にします!

さまざまな種類があるソールグラインド

【写真】「短く持っても同じ太さ!」 これがピンのウェッジ専用グリップです

画像ギャラリー

ピンのウェッジ専用グリップ
ピンのウェッジ専用グリップ グリップの上側にある白いガイドは親指を合わせる位置
ピンのウェッジ専用グリップ
PING アイアンカラーコードチャート
ピンの公式ウェブサイトから自分に合ったソールタイプをチェックできる
「s159」の52度を試打した弾道データ。キャリーが98.6ヤードとほぼ100ヤードに近い数値
「s159」の48度を試打した弾道データ。キャリーが107.4ヤードで50度との飛距離差が小さいという結果
「s159 ウェッジ」58度の「Hグラインド」
「s159」の50度を試打した弾道データ
フィッティングを担当してくれた永野さんは、受ける前にWebで自分に合うソールタイプをチェックしておくのがオススメと話す
写真左がPINGのウェッジ専用グリップ
ピン s159ウェッジのソールバリエーション
「s159」の58度を試打した弾道データ。飛距離は80ヤード前後
ピンの「s159ウェッジ」を試打するe!GolfスタッフのTさん
今はプレースタイルに合わせてウェッジの本数やロフトを自由に選べる時代(写真はピンの「s159ウェッジ」)
ソールにシールを貼って、地面との当たり方をチェック
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左がピン アンサー2D
ピン アンサー2D
ピン アンサー2D
ピン アンサー2D
ピン アンサー2D
ピン アンサー2D
ピン アンサー2D
ピン アンサー2D
1 2 3

最新記事