超便利な「3次元測定」って何? 最新レーザー距離計「CaddyTalk CUBE」がプレースタイルを変える!?

競技志向のゴルファーだけでなく、多くのゴルファーのラウンドの必需品となったレーザー距離計。プレーヤー自身の地点から目標物までの距離を測るだけではない、新しい機能が加わった話題の新製品をラウンドで試してみました。

シンプルで雰囲気のあるスタイリッシュなボディー

 目標物にレーザー光線を照射して距離を測るレーザー距離計。一般的にゴルファーが求めるのは、速く、正確に、ストレスなく計測できること。その性能と価格とのバランスの中で、自分のスタイルに相応しい商品価値を見出す。これがレーザー距離計の一般的な判断基準だと思います。

 シミュレーションゴルフのリーディングカンパニー「GOLFZON」から11月下旬に発売される「CaddyTalk CUBE(キャディトーク キューブ)」は、上記のポイントに加えて、新機能として「CADDYMODE」という新たな付加価値を搭載してきました。

スクエアでメタリックなボディーが特徴的な「CaddyTalk CUBE」
スクエアでメタリックなボディーが特徴的な「CaddyTalk CUBE」

 外観は、「CUBE」の名前の通りに、角々したスクエアなボディーをメタル感のするシルバーカラーで包んでいます。従来のレーザー距離計は、人間工学的なグリップ時の形状を意識したものが多く、「CaddyTalk CUBE」の無機質なボディーは、とても印象的で何かを期待させます。

 実際に手にして構えてみるとコンパクト(横92×縦58×幅31ミリ)なので、曲線をつけた形状にしなくてもきれいに手に収まることがわかります。

 左下には黒いパネルがあり、スロープ表示やキャディモード表示のマークと測定した数字が表記されます。無機質なボディーにデジタル感が加わって、よりクールな印象を受けました。

 ファインダーをのぞくと上部と照準マークは緑色、その他の文字やラインは赤色で表示されています。珍しい2色使いで、非常に見やすくなっています。あらゆるコンディションでも最良の視認性を維持できそうです。

同伴競技者の距離測定もできる「CADDYMODE」は超便利

【価格は3万9600円】「3次元測定」が新しい「CaddyTalk CUBE」の詳細画像と機能説明

画像ギャラリー

スクエアでメタリックなボディーが特徴的な「CaddyTalk CUBE」(3万9600円・税込み)
スクエアでメタリックなボディーが特徴的な「CaddyTalk CUBE」(3万9600円・税込み)
スクエアでメタリックなボディーが特徴的な「CaddyTalk CUBE」(3万9600円・税込み)
スクエアでメタリックなボディーが特徴的な「CaddyTalk CUBE」(3万9600円・税込み)
スクエアでメタリックなボディーが特徴的な「CaddyTalk CUBE」(3万9600円・税込み)
スクエアでメタリックなボディーが特徴的な「CaddyTalk CUBE」(3万9600円・税込み)
新機能の「CADDYMODE(キャディモード)」
新機能の「CADDYMODE(キャディモード)」
視認性に優れた「2 カラーOLED」
特徴的な「LEC フロントパネル」
スクエアでメタリックなボディーが特徴的な「CaddyTalk CUBE」
ボディー下部にある「CADDYMODE」ボタン。コレを使うと同伴競技者の残り距離も測定できる
1 2

最新記事