最新「ドローモデル」は上級者でも使える!? 「3機種」打ち比べで見えたドライバーの変化 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

最新「ドローモデル」は上級者でも使える!? 「3機種」打ち比べで見えたドライバーの変化

昨今のドライバーには、いわゆるノーマルモデルよりもボールをつかまえやすい「ドローモデル」をラインアップしているものが多数、見受けられます。しかも「初心者のスライサー用」というイメージは、もはや過去のものといえるでしょう。

スライサー用というだけではない? 昨今の「ドローモデル」を試す

 ドライバーはシャフトが長く、ロフト角も立っていますから、ボールを真っすぐ打ち出すのが最も難しいクラブです。上手くボールをつかまえられず、右に曲がるスライスが出てしまうのは、ゴルファーなら誰もが通る道ではないでしょうか。

3兄弟を揃えた人気シリーズの中で最もやさしい「ドローモデル」を試打、その性能を比較した 写真:田辺直喜
3兄弟を揃えた人気シリーズの中で最もやさしい「ドローモデル」を試打、その性能を比較した 写真:田辺直喜

 そんなスライスに悩むゴルファーにとって大きな武器となるのが、「ドローモデル」のドライバーです。ヘッドの内部構造を工夫することで、インパクト時にフェースが閉じやすくなるよう調整されていて、通常ならスライスになるスイングをしても、ボールを真っすぐ打ち出すことができます。

 最新ドライバーの中には、同じシリーズで複数の機種をラインナップしているケースが多く、その中には「ノーマルモデル」よりもつかまりを高めた「ドローモデル」が含まれているものもよく見られます。今回はタイトリスト「TSR」、PING「G430」、PRGR「RS」という3つの人気シリーズの「ドローモデル」を試打、比較しました。

 テスターは、メーカー向けのPRコンサルタントを行うIRONSHELL代表の甲斐哲平氏です。

最新ギアに精通する甲斐氏の目に最新の「ドローモデル」はどう映るのか 写真:田辺直喜
最新ギアに精通する甲斐氏の目に最新の「ドローモデル」はどう映るのか 写真:田辺直喜

 シングルハンデの腕前と大手シャフトメーカー勤務で培った確かなクラブ知識を基に、最新「ドローモデル」の傾向やモデルごとの性能を解説してもらいます。

安定してフェースが閉じて当たるPING「G430 SFT」

【画像】タイトリスト「TSR」、PING「G430」、PRGR「RS」の「ドローモデル」試打結果

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2024/01/20230106_3driverdraw_001-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2024/01/20230106_3driverdraw_002-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2024/01/20230106_3driverdraw_003-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2024/01/20230106_3driverdraw_004-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2024/01/20230106_3driverdraw_005-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2024/01/20230106_3driverdraw_006-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2024/01/20230106_3driverdraw_007-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2024/01/20230106_3driverdraw_008-150x150.jpg
1 2 3 4

最新記事