軟鉄・チタン・ステンレス・カーボン… 100切りゴルファーにオススメのアイアン素材とは?

軟鉄、ステンレス、チタンにカーボンなど、最近のクラブの素材は本当にさまざまあります。種類が多いために「何を選べばいいの?」と迷ってしまうことも。そこで100切りを目指す人はどんな素材のアイアンを選べばいいのか紹介しましょう。

単一素材は飛距離ではなくピンを狙うためのアイアン

「100切りを目指すレベルのアマチュアは複合素材のアイアンを使うべきです。その理由は複合素材のアイアンは単一素材のアイアンに比べてやさしいからです」

 こう話すのは若手女子プロの鶴岡果恋や澁澤莉絵留、村田理沙のコーチをつとめるとともに、関東ゴルフ連盟チームKGAジュニア技術担当コーチをもつとめる重田栄作プロ。

100切りを目指すなら「複合素材アイアンを選ぶべき」と重田プロ(写真は分解した「GREAT BIG BERTHA」アイアン)
100切りを目指すなら「複合素材アイアンを選ぶべき」と重田プロ(写真は分解した「GREAT BIG BERTHA」アイアン)

「アイアンは大別すると軟鉄やステンレスなど、ひとつの素材だけでつくられたタイプとフェースはチタン、ボディーはステンレス、ウエートはタングステンというように複数の素材を組み合わせてつくったタイプがあります」

「単一素材のアイアンというと軟鉄のフォージドアイアンと呼ばれるものがすぐに頭に浮かびます。このタイプのアイアンはプロや上級者が好んで使う傾向があります。その理由としては比較的ヘッドがコンパクトなので操作性がよく、スピンコントロールがしやすい点にあります。また打感がソフト、球離れが遅くて方向性がよいといった声もよく耳にします」

「コンパクトヘッドで操作性がよいぶんスイートスポット(芯)が小さく、ミスヒットに弱い一面があります。またストロングロフトにはなっていませんから、あくまでもピンを狙うためのアイアンといえます」

複合素材はミスを軽減する要素が満載のアイアン

「単一素材のアイアンによく使われる軟鉄やステンレスよりも軽くて強度のあるチタンなどでつくられることが多い複合素材アイアンは素材が軽量なぶんヘッドを大きくしたり、ソール幅を広くすることが容易です」

「ヘッドが大きくなれば当然スイートスポットも大きくなるため、コンパクトヘッドに比べてミスに強いといえます。ソール幅が広ければ多少ダフってもソールが滑ってくれるため、ダフりに強いです」

「バックフェースやソールにウエートを装着して低重心・深重心にすることで、ボールが上がりやすくなっていて、ミスヒットしてもフェースの向きが変わりにくいという特徴も持ち合わせています」

「そして複合素材アイアンの多くはストロングロフトを採用しているため、アイアンでも飛ばしたい! と考える100切りレベルの人にはもってこいといえます」

単一素材アイアンはヘッドスピード42メートル/秒以上は欲しい

【写真】上位は複合素材アイアンがズラリ!? 最新売れ筋アイアンランキング(有賀園ゴルフ調べ)

画像ギャラリー

2023年2月のアイアン売れ筋ランキング第1位 ステルス アイアン(テーラーメイド ゴルフ)
2023年2月のアイアン売れ筋ランキング第2位 スリクソンZX5 Mk II アイアン(ダンロップ)
2023年2月のアイアン売れ筋ランキング第3位 G430 アイアン(ピンゴルフジャパン)
2023年2月のアイアン売れ筋ランキング第4位 ステルス グローレ アイアン(テーラーメイド ゴルフ)
2023年2月のアイアン売れ筋ランキング第5位 ステルス HD アイアン(テーラーメイド ゴルフ)
100切りを目指すなら「複合素材アイアンを選ぶべき」と重田プロ(写真は分解した「GREAT BIG BERTHA」アイアン)
軟鉄鍛造アイアンはカッコいいが打ち手を選ぶ場合が多い(写真は「B-Limited 220MB」アイアン)
1 2

最新記事