ダフリやトップを引き起こす「フリップ」とは!? ボールを打たずに改善できる「雑巾絞り」ドリル | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

ダフリやトップを引き起こす「フリップ」とは!? ボールを打たずに改善できる「雑巾絞り」ドリル

ハンドファーストにインパクトできず、左ヒジが引けたカッコ悪い手首の形を「フリップ」といいます。本来あるべき姿と真逆な「フリップ」は、ダフリ・トップのミスやスライスを生むだけでなく、ゴルフヒジなどのケガにもつながる可能性があります。そこで、「ボールを打たず」に改善できる方法をインドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチに教えてもらいました。

両手首の動きを直感的に確認できる「雑巾しぼり」テスト

 左ヒジが引けて「フリップ」と呼ばれる手首の形のインパクトは、カッコ悪いだけでなくインパクト時のロフトが増えてしまい飛ばなくもなります。さらに、ゴルフ肘などのケガにもつながる恐れもあります。

「雑巾しぼり」テストで、インパクト時のカッコ悪い手首の「フリップ」が自覚&改善できる
「雑巾しぼり」テストで、インパクト時のカッコ悪い手首の「フリップ」が自覚&改善できる

 ボールを打ちながら「ハンドファーストに」や「左手首を掌屈」「右手首を背屈」など難しいことを考えなくても、家で直感的に改善できるテストとドリルを紹介します。

 一般的に「雑巾しぼり」というと、写真のように左右の手首を外側から内側にギューっと絞るはず。しかし、この動きをスイングのインパクトで行ってしまうと「フリップ」を助長してしまいます。

 一見すると右手首の形や力の入り具合だけで「ハンドファーストっぽい」感じがしますが、左右の手首を内側に絞り込む動きが勝ってしまい典型的な「フリップ」になってしまいます。

一般的な「雑巾しぼり」の手首の使い方では、「フリップ」を助長するばかり
一般的な「雑巾しぼり」の手首の使い方では、「フリップ」を助長するばかり

 アマチュアに何のヒントもなく「雑巾しぼり」テストを行うと、このような持ち方や絞り方をする人がほとんどです。ゴルフのインパクトやグリップの握り方を「雑巾を絞るように」と教わっている人は注意が必要です。

左掌屈と右背屈は同時に覚えるのがコツ

「雑巾しぼり」を逆手に取って、ゴルフ用に変える方法をお伝えします。

 まず雑巾を横向きにして上から持ち、左右の手首を「前後に絞る」ように動かします。この方法だと、ハンドファーストのインパクトに必要な「左手首の掌屈」と「右手首の背屈」を同時に行うことができます。

ハンドファーストになる「左手首の掌屈」と「右手首の背屈」を同時に覚えるには、左右の手首を前後に絞るドリルがオススメ
ハンドファーストになる「左手首の掌屈」と「右手首の背屈」を同時に覚えるには、左右の手首を前後に絞るドリルがオススメ

 また、この手首の動きをバックスイングからトップにかけて行うとフェースが閉じた「シャットフェース」になります。

 右方向のミスが強い傾向の人にオススメですが、頭で理解しようとせず「直感的」に行い「感覚的」に身につけるのがポイントです。

 ゴルフスイングのインパクトは「アドレスの再現」ではなく、構えた時にヘコんでいる左手首の角度を「フラット」にしなければ、フェースを閉じてロフトを立てることができません。「フラット」どころか「掌屈」しているのがプロ&上級者のインパクトなのです。

フリップが改善すると左右の手首がインパクトゾーンで離れる

この記事の画像一覧へ(4枚)

画像ギャラリー

「雑巾しぼり」テストで、インパクト時のカッコ悪い手首の「フリップ」が自覚&改善できる
一般的な「雑巾しぼり」の手首の使い方では、「フリップ」を助長するばかり
ハンドファーストになる「左手首の掌屈」と「右手首の背屈」を同時に覚えるには、左右の手首を前後に絞るドリルがオススメ
「雑巾しぼりドリル」を行うと、左手首の掌屈が強くなり手首は離れるような感覚になる
1 2 3

最新記事