ダフリやトップを引き起こす「フリップ」とは!? ボールを打たずに改善できる「雑巾絞り」ドリル

ハンドファーストにインパクトできず、左ヒジが引けたカッコ悪い手首の形を「フリップ」といいます。本来あるべき姿と真逆な「フリップ」は、ダフリ・トップのミスやスライスを生むだけでなく、ゴルフヒジなどのケガにもつながる可能性があります。そこで、「ボールを打たず」に改善できる方法をインドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチに教えてもらいました。

フリップが改善すると左右の手首がインパクトゾーンで離れる

「ゴルフ用雑巾しぼり」ドリルを普通のグリップと同じ形から始めると、写真のように左手首の掌屈と右手首の背屈が同時にできるようになります。あくまで直感的に行って感覚が身につくことが、スイング全体のためにはよいと思います。

 徐々に「フリップ」が改善されていくと、インパクトにかけて両手首が離れていくような感覚になるはずです。逆にいうと両手首の内側がお互いに近づいていくのが「フリップ」ともいえます。

「雑巾しぼりドリル」を行うと、左手首の掌屈が強くなり手首は離れるような感覚になる
「雑巾しぼりドリル」を行うと、左手首の掌屈が強くなり手首は離れるような感覚になる

 飛ばし屋トッププロのインパクトでの手首の形を見ると、必ずしもアドレスと同じ間隔ではないことが分かるはずです。それどころか右手首から離れるほど「左手首の掌屈」が行われている場合もあります。

 体全体の動きを改善するのは、柔軟性や関節の可動域などが関係するために難しいものが多いですが、手首の「フリップ」改善はすぐに結果が出やすく習得も簡単です。

 ゴルフ用「雑巾しぼり」ドリルでコツがつかめれば、ダフリやトップ、スライスにプッシュアウトなども軽減し、見た目もよくなるはずです。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【動画】アマチュアの手本になる!? 原英莉花が公開したラウンド終わりの“居残り練習” 実際の映像

この記事の画像一覧へ(4枚)

画像ギャラリー

「雑巾しぼり」テストで、インパクト時のカッコ悪い手首の「フリップ」が自覚&改善できる
一般的な「雑巾しぼり」の手首の使い方では、「フリップ」を助長するばかり
ハンドファーストになる「左手首の掌屈」と「右手首の背屈」を同時に覚えるには、左右の手首を前後に絞るドリルがオススメ
「雑巾しぼりドリル」を行うと、左手首の掌屈が強くなり手首は離れるような感覚になる
1 2 3

最新記事