許されるなら6インチ動かしたい… ナイスショットを台無しにするディボット跡からの正しい対処法とは?

ティーショットがナイスショットだったのにボール地点に行ってみるとディボット跡に……。グリーンを狙える状況のはずが一転してピンチになってしまうディボット跡からのショット対処法を聞きました。

「短い番手で打てる距離」にはディボット跡が多い

 フェアウェイのディボット跡とは、ショット時に芝を削った跡のことです。専用の砂で埋め均す目土を行うのがマナーですが、一般営業のゴルフ場ではプレー進行上、全てのショットで目土を行うのは難しいのが現実。

せっかくのナイスショットがフェアウェイに行ってみると「ディボット跡」。どうやって打つのが正解なの?
せっかくのナイスショットがフェアウェイに行ってみると「ディボット跡」。どうやって打つのが正解なの?

 特にゴルフ歴の浅い人が多い混雑コースの場合、目土マナー以前にコース内の渋滞の方が問題になっています。

 せっかくティーショットがよくてもセカンドショット地点に行ってみると、ディボット跡にボールがすっぽり入っていることは珍しくありません。

 キレイに目土されていれば「フェアウェイバンカーのつもり」でダフらないように打てばいいのですが、「ターフが取れて穴の空いた状態」のディボット跡にボールがある場合はかなりのトラブルです。

 プライベートラウンドで仲間同士のローカルルールとして6インチリプレースを採用していれば別ですが、現実では「ズラしていい?」なんていえないので頑張って打つ人がほとんどでしょう。

「短い番手で打てる距離」のフェアウェイでは、ショット時に「ディボット跡」ができるもの
「短い番手で打てる距離」のフェアウェイでは、ショット時に「ディボット跡」ができるもの

 自分のボールがディボット跡にあるのは不運ですが、基本的に「短い番手で打てる距離」のフェアウェイにはディボットがたくさんできるものです。後から回る人のためにも必ず「目土」を行ってください。

ディボット跡に入ったボールは目標に対して先よりも手前のほうが難しい

 ディボット跡にボールがある場合、その跡が深いほどボールが沈んだ状態からのショットになります。全く目土をしていない深いディボット跡の中にボールが3分の1以上沈んでいたら完全にお手上げです。ウェッジでうまくリーディングエッジ(刃)がボールの下に入れば、「ナイスアウト」と思い割り切って振るのが無難です。

ボールが芝に沈んだ状態になるディボット跡からのショットは、ターゲットに対して先にあるよりも手前にボールがある方が難しい
ボールが芝に沈んだ状態になるディボット跡からのショットは、ターゲットに対して先にあるよりも手前にボールがある方が難しい

 今回は「浅めのディボット跡」から、ちょっとうまく打てたらグリーンに乗せられる状況からの対処法をお伝えしたいと思います。

 まずは状況判断からです。「ディボット跡のどこにボールがあるか?」を観察してみてください。

 目標方向に対してボールの手前にディボット跡がある状況なら、「ほぼベアグランド状態」なのでトップしやすいだけで普通に打てると思います。

 難しいのは「ディボット跡の後ろ」にボールがある状況の場合です。ロフトが立った番手ではボールの赤道に当たりチョロになりやすく、短い番手で力任せに打っても沈んだボールに手前の芝にヘッドが当たりダフってしまいます。

 まずはリーディングエッジ(刃)がボールの下に入る短い番手を選び、決してボールを上げようと欲をかかずインパクトの抵抗に負けない「ややしっかりしたグリップ」でスイングしてください。

「鋭角なダウンスイング」も「ハンドファースト」もミスになる

【画像】ディボット跡からも簡単脱出!? 最新売れ筋アイアンランキングをチェック

画像ギャラリー

2024年3月の売れ筋アイアン第1位 Qi アイアン(テーラーメイド ゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年3月の売れ筋アイアン第2位 P790アイアン 2023(テーラーメイド ゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年3月の売れ筋アイアン第3位 G430 アイアン(ピンゴルフジャパン) 有賀園ゴルフ調べ
2024年3月の売れ筋アイアン第4位 ミズノプロ 245(ミズノ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年3月の売れ筋アイアン第5位 ゼクシオ 13 アイアン(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
せっかくのナイスショットがフェアウェイに行ってみると「ディボット跡」。どうやって打つのが正解なの?
「短い番手で打てる距離」のフェアウェイでは、ショット時に「ディボット跡」ができるもの
ボールが芝に沈んだ状態になるディボット跡からのショットは、ターゲットに対して先にあるよりも手前にボールがある方が難しい
鋭角なダウンスイングやハンドファーストインパクトよりも、ボールの2〜3個先まで打ち抜く長いインパクトをイメージすることで入射角は最適化する
グリーンフォークでボールマーク周辺の芝生を寄せる
グリーンフォークでボールマーク周辺の芝生を寄せる
グリーンフォークでボールマーク周辺の芝生を寄せる
最後はパターヘッドで整地
スコップにこんもりと盛った砂を…
ディボット跡にバサッと落として…
芝と同じ高さになるように足の裏で広げる
踏み固めずに平らにならす要領で
目土をした端のところから芝が顔を出しているような仕上がりを目指そう
バラバラになったターフは戻さなくてOK
自分がつくったディボット跡にボールが入ったら後続組に申し訳ない
JGMセベバレステロスGCの戸島義貴グリーンキーパーいわく、ほとんどの人は砂の量が少なすぎる
まずボールの進行方向側からグリーンフォークを入れて戻す
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
この時点でかなり戻っている
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
最後にパターで軽くトントンとならす。手で軽く押さえても良い
まず斜めにグリーンフォークを入れたら…
フォークのお尻を上げるようにして芝を寄せる
先端を上げるような使い方は芝の根を切るのでNG
グリーンフォークを刺した後の動作が間違っている人が多い
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
1 2

最新記事