「クラブに仕事させる」って何すればいいの? 日本語なのに意味が分からない「雰囲気レッスンワード」を解説

「クラブに仕事させる」「ヘッドを走らせて打つ」「逆しなりで飛ばす」「バンスを使って打つ」などのフレーズ、レッスンを受けたアマチュアなら聞いたことがあるかもしれません。インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチは、そんな「雰囲気レッスンワード」はあまり意識する必要はないといいます。

「ヘッドを走らせろ」はスイングでの体の使い過ぎを警鐘している

 まるで「クラブに仕事させている」ような効率のよいスイングは理想的です。しかし、レッスンやアドバイスどおりに「意識」したからといって、簡単にできるものではありません。

 当たり前のことですが、人間がスイングしない限りクラブが勝手に仕事することはありません。

ゴルファーが自分でスイングしない限り、勝手に「クラブが仕事する」ことはない
ゴルファーが自分でスイングしない限り、勝手に「クラブが仕事する」ことはない

「ヘッドを走らせる」「シャフトの逆しなりで飛ばす」「バンスを使う」などの表現は、あくまで「雰囲気レッスン」でしかありません。スイングが「そう見えるといいよね」的な後付け表現ですが、実際にどうすればいいのか具体的に説明したいと思います。

 例えば「ヘッドを走らせろ」というレッスン。体の動きが大きいわりにヘッドスピードや飛距離が出ないスイングをしていると使われることが多い「雰囲気レッスンワード」です。

 一生懸命に手首を使ってヘッド走らせようとしても、むしろ逆効果になる可能性もあります。現状のスイングを注意深く見たうえで「体の動きを少し抑える」ような体重移動や、体を目一杯に回転せず「インパクト直前でヘッドスピードが最大になる」ことを心がけるところから取り組むのがいいでしょう。

体の動きの割にヘッドスピードや飛距離が出ていないと、「ヘッドを走らせて打て」とレッスンでいわれがち
体の動きの割にヘッドスピードや飛距離が出ていないと、「ヘッドを走らせて打て」とレッスンでいわれがち

 ちなみに、アマチュアの多くが「ボールに当たる瞬間」にヘッドスピードを最大にしようとする傾向があります。しかし、インパクトの直前に最大のスピードが出ていることが重要です。ヘッドスピードはボールとの「衝突」で減速するからです。

シャフトの「逆しなりで飛ばせ」は本当?

 スイング中、シャフトは釣り竿のように「しなり」と「トルク(ねじれ)」が発生します。スマホでスイング動画や写真を撮ると、信じられないようなシャフトのしなりが写る「ローリングシャッター現象」が起きる時があります。これが「逆しなりで飛ばす」ようなスイングに見えるため本気でレッスンしている人もいます。

シャフトのしなりとねじれの「戻り」によって、「トゥダウン現象」が起こりインパクトを迎える
シャフトのしなりとねじれの「戻り」によって、「トゥダウン現象」が起こりインパクトを迎える

 しかし3Dモーションキャプチャーなどでシャフトの動きを実測すると、バックスイングの終わりからダウンスイングの始まりにかけてが一番大きくしなる部分です。そこからヘッドの重さと重心位置の影響で「トゥダウン現象」しながらボールに当たるのです。

 斜めからこの瞬間の写真を撮ると、まるで「逆しなり」を使って飛ばしたようにも見えてしまうのです。

 うまくボールがつかまったり、芯に当たるシャフトの動きである「トゥダウン」になっていると、結果として「逆しなりで飛ばした」と感じてしまうのです。

「バンスを使う」自覚はない!? 入射角チェックでウェッジは上達する

【連続写真解説】 ツアープロ直伝「目玉のバンカー攻略法」 一発脱出のコツは「クローズ」

画像ギャラリー

目玉バンカーは砂に埋まったボールの下にヘッド入れることがポイント。クローズフェース、クローズスタンスで構えると砂にエネルギーを伝えやすくなる
左足体重で構えたら、スイング中もキープ。フィニッシュを取ろうとせず、「打って終わり」のイメージでインパクトにエネルギーを集める
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
ゴルファーが自分でスイングしない限り、勝手に「クラブが仕事する」ことはない
体の動きの割にヘッドスピードや飛距離が出ていないと、「ヘッドを走らせて打て」とレッスンでいわれがち
シャフトのしなりとねじれの「戻り」によって、「トゥダウン現象」が起こりインパクトを迎える
ボールの手前を打つバンカーなど「バンスを使う」ウェッジショットでは、浅い入射角によってインパクト前にソールが接地する
スマホ完全禁止のマスターズでは、外部と連絡をとる手段は公衆電話のみ
「禁止されている品目」として、大きく注意喚起されている
電子機器(携帯電話、ノートパソコン、タブレット、ポケットベル等)、ラジオ、テレビや音楽再生機器、旗、横断幕等、カメラ(静止画を個人的に使用するだけなら練習日は撮影可能)、足先の尖ったイス、折り畳みのひじ掛けイス、折り畳みでないイス、ベビーカー
飲食物、メタルスパイクシューズ、はしご、潜望鏡、セルフィー・スティック、約25センチ×25センチ×30センチ以上のリュックやバッグ
1 2

最新記事