高い球を打つだけでは失敗する! 隣のホールからの林越えショットを成功させるコツ

ラウンドをしていると、「この状況からどうやって打てばいいの!?」というシチュエーションに遭遇することがしばしばある。そんな危機的状況から一発脱出する方法は? ツアープレーヤーの小袋秀人プロに解説してもらった。今回は、隣のホールからの林越えショット。

右肩を下げずに真っすぐアドレスする

「ファー!」と声を出さなければいけないほどボールを曲げると、次に待っているのは隣のホールからのリカバリーショットです。

 ホール間が林でセパレートされたコースでこのミスが出ると、林越えショットを打たなければいけないことがありますよね。皆さんならどんな打ち方でこのシチュエーションから脱出しますか?

アマチュアが頻繁に遭遇する「林越え」。アドレスでは軸を右に傾けずに真っすぐ構えることが大切

 最初のポイントはアドレスです。「高い球を打ちたい!」と思うと、右肩を下げて構えたくなるもの。

 しかし、軸が右に傾くとスムーズにスイングできなくなり、思うようにボールが上がりません。高い球を打ちたい時ほど、“軸を真っすぐ”の意識で構えることが大切です。木の上を見ながら構えると右肩が下がりやすくなるので、目線を低くしてアドレスするといいでしょう。

強い球でキャリーを出すためにフックグリップで握る

 隣のホールからの林越えショットは、弾道の高さだけでなく、球の強さも必要になります。

 どんなに球が高く上がったとしても、ロブショットのようなやわらかい球ではキャリーを稼ぐことができず、林の先までボールが飛ばないからです。

林越えショットは高さとキャリーが必要になる。フックグリップで握ることで強い球が打てる

 強い球を打つには、当たり負けしないインパクトを作ることが大切。そのためのカギになるのがグリップです。

 左手のナックルが3つくらい見えるように左手をかぶせ、フックグリップで握ってください。当たり負けしてフェースが不安定な動きをしなくなり、強い球を打ちやすくなります。

 ちなみにフックグリップは、良くも悪くもスイング中のフェースコントロールがしにくくなる握り方。木を越えるのに十分な高さを出すために、余裕を持ってロフト角が大きい番手を選ぶことも重要です。

ハンドファーストでロフトを立ててインパクト!

 スイング中も、ボールを上げにいく動作はNGです。「ロフトを寝かせながら打った方が高い球になりそう」と思うかもしれませんが、

 実は逆効果。フェースを上に向けて打とうとすると、ボールがリーディングエッジに当たりやすくなります。つまり、高い球を打ちたいのにトップが出てしまうわけです。

インパクトはロフトを立てるイメージで。フェースにボールが乗り、打ち出し角をキープできる

 こういったミスを防ぐために、ハンドファーストでインパクトする意識を持つことも有効です。ダウンブローでロフトを立てながら球をとらえることで、ボールがフェースに乗って打ち出し角を確保できます。

「ハンドファースト」や「ダウンブロー」と聞くと難しいと思うかもしれませんが、ボール位置を工夫するだけでOKです。

 球を上げたいからといって左足寄りにセットせず、両足の真ん中に置くだけで上からボールをとらえやすくなり、高い球が打ちやすくなりますよ。

取材協力・戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)

【指導】小袋秀人(こぶくろ・ひでと)

1991年生まれ、神奈川県出身。2011年の朝日杯争奪日本学生ゴルフ選手権、12年の日本アマチュア選手権を制覇。12年にプロ転向。20年の下部ツアーで初優勝。昨シーズンは同ツアーで賞金ランキング9位に入り、2022年前半のレギュラーツアー出場権を獲得。戸塚カントリー倶楽部所属。

【連続写真】林を楽々越えられる高くて強い球の打ち方を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2023/04/52A3405-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3456-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3457-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3462-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3466-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3467-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3474-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3485-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3486-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3492-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3494-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3495-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3502-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/52A3452-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/52A3402-2-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/52A3415-1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/52A3453-2-150x150.jpg

最新記事