アプローチイップス気味なら試して欲しい! ダフリやシャンクが激減する「左足での1本足打法」

ここ一番でのパッティングでうまくストロークできないのと同じように、大事なところでのアプローチミスをする人は少なくありません。ダフリもトップも出てしまうのは、ボールをとらえるポイントが確実にズレているからです。植村啓太コーチによれば、インパクトの誤差をなくすドリルがあるとのこと。アプローチ下手は早速試してみましょう!

絶対にミスしたくないときは1本足打法で打とう

 アプローチが苦手な人のアドレスに多いのが、極端に左足を開いたオープンスタンスです。この構えだと、インパクトで右ヒザが前に出やすく、ボールがネック部分に当たってしまうのでシャンクが出ます。もしくは体重が右足に残りすぎてダフリになります。

最初は違和感がある一本足打法だが、確実にミート率はアップ。慣れてきたら徐々に右足の位置を戻していく
最初は違和感がある一本足打法だが、確実にミート率はアップ。慣れてきたら徐々に右足の位置を戻していく

 そういう人こそ、この左足での1本足打法を試すべきです。最初はかなりの違和感があると思いますが、実際に打ってみるとオープンスタンスで構えた時よりも確実にミート率が上がっていることに気づくでしょう。

 練習場では、最初に1本足でアドレスし、徐々に右足を下げる度合いを小さくしていきます。最終的に両足をスクエアにした状態でアドレスして、1本足打法のときと同じボールのとらえ方ができればOKです。

 もちろん、右足を戻しても軸は左足になります。アプローチの調子が悪くなったら、また1本足打法に戻しましょう。もちろん、コースでどうしてもミスをしたくないときは、1本足打法でアプローチして構いません。

取材協力・PREMIUM Golf Studio(東京都渋谷区)

【指導】植村啓太(うえむら・けいた)

1977年生まれ。16歳からゴルフを始め、ツアープロを志し研修生やアメリカ留学を経験する。21歳からティーチング活動を始め、23歳でツアープロコーチに。現在まで数多くのシード選手と契約を結ぶ。また、慶応大学ゴルフ部のテクニカルコーチも務め、「K‘s Island Golf Academy」をスタート。現在は代官山にメンバーシップアカデミーの「代官山スタジオ」をオープン。大阪にあるゴルフ&ボディスタジオ「GOLDIA」で、自身初のプロデュースを手掛ける。

【写真解説】アプローチが超苦手ならやって欲しい「左足での一本足打法」

画像ギャラリー

左足での1本足打法だと、自動的に左足が軸になるため、左足ツマ先の前にボールを置いておくと、クリーンにとらえる確率が高くなる
理想的な振り子運動になるので、ボールを最下点にセットしておけば、クリーンにとらえることができる
コースでアプローチのミスをしたくないときは、左足での1本足打法で打ってもいい
コースでアプローチのミスをしたくないときは、左足での1本足打法で打ってもいい
コースでアプローチのミスをしたくないときは、左足での1本足打法で打ってもいい
右足を後ろに引いて、ツマ先だけ地面に着くように構える。ボールは右足ツマ先の前にセット
最初は違和感がある一本足打法だが、確実にミート率はアップ。慣れてきたら徐々に右足の位置を戻していく
1 2

最新記事