ミート率が悪いのは「胸」を意識して振れていないから! 正しい捻転が身につく鈴木亨流ストレッチ

正しいスイングをできないのは、体を正しく使っていないから。まずは、正しい体の動きをマスターしてみませんか? 今までとは違ったスイングを体感できるはず。効率よくクラブを振って、スコアアップに励みましょう!

胸椎を動かす準備運動が効果的

 ゴルフレッスンでよく耳にするのが、“体を回せ”というワードです。これは、バックスイングでは胸を目標の反対に向け、ダウンスイング以降ではその胸を目標に向ける動きをいいます。要は、体をしっかり捻転することでボールにパワーを伝えようというわけです。

 ただ、体を回すことに対してカン違いしている人も少なくありません。例えば、上体を回せばいいと思い、腰から上を回そうとする動きです。

地面に体の左サイドを全て着けたら、右腕が地面に着くように胸を開く。ただし、下半身の形は変えない
地面に体の左サイドを全て着けたら、右腕が地面に着くように胸を開く。ただし、下半身の形は変えない

 一般的に背骨と呼ばれる脊椎は、首付近の頸椎、胸付近の胸椎、腰付近の腰椎に分かれます。といっても全て1本につながっているので、呼称が分かれていると考えてください。

 バックスイングで回したいのは胸椎であり、腰椎ではありません。砕けた言い方をすると、腰を回さずに胸だけを回すイメージです。といっても、腰を全く回さないわけにはいきません。あくまでも自分の中では回さないとイメージしましょう。

「いや、体が硬いからそんなの無理だよ」と思う人には、次のストレッチがオススメです。まず、地面の上に仰向けで寝てみましょう。その状態から体の左サイドを全て床に着けます。両ヒザを軽く曲げ、右足は左足の真上に重ねるように乗せるイメージです。

 両ヒザの間にクッションなどを挟んでもいいでしょう。左腕は肩と平行になるように地面に着け、右腕を左腕の上に重ねて準備完了です。この状態から右腕が地面に着くまで胸を開きます。ただし、下半身はそのままキープしておきます。上半身だけ仰向けになるイメージです。開き終えたら、再び最初の形に戻ります。

 この動きを数回繰り返したら、今度は体を右に向け、今と反対の動きを数回行います。回数は何回でも構いません。自分の体に負担がかからないように行いましょう。正直、この運動ができなければ、正しいバックスイングを行うことはできません。

ボールと目の距離を変えずにクラブを上げる

【写真解説】ミート率が上がる! 胸の動きを意識した正しいスイングの作り方

画像ギャラリー

両ヒザの間にクッションなどを挟んだ状態で行ってもいい
胸椎だけを回すことがいいスイングへの近道
バックスイングだけでなく、インパクト後も頭を大きく動かさずにクラブを振る
バックスイングだけでなく、インパクト後も頭を大きく動かさずにクラブを振る
バックスイングだけでなく、インパクト後も頭を大きく動かさずにクラブを振る
バックスイングだけでなく、インパクト後も頭を大きく動かさずにクラブを振る
バックスイングだけでなく、インパクト後も頭を大きく動かさずにクラブを振る
バックスイングだけでなく、インパクト後も頭を大きく動かさずにクラブを振る
地面に体の左サイドを全て着けたら、右腕が地面に着くように胸を開く。ただし、下半身の形は変えない
頭と腰は動かさず、胸だけを回す。目とボールの距離は変えない
1 2

最新記事