腰が反ったアドレスでは飛距離も出ない! パワーロスを最小限にするアドレスの作り方 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

腰が反ったアドレスでは飛距離も出ない! パワーロスを最小限にするアドレスの作り方

昔からビギナーがアドレスで言われるフレーズに“腰を伸ばせ”があります。姿勢を正したいからでしょうが、果たして正解なのでしょうか。鈴木亨プロは、腰から背中にかけての部分が反ってしまうのでNGだといいます。今回は正しいアドレスの仕方を教えてもらいました。

腰を反らせるのも前傾が浅くカカト体重のアドレスもNG

 ビギナーだけでなく、アベレージゴルファーでもよく見るのが、アドレスする際に腰を反らせた形です。

「背中を真っすぐにしましょう」というアドバイスを聞いた結果だと思いますが、腰を反らせてしまうと、体が回りにくくなります。結果的にバックスイングが浅くなり、パワーを貯めることができないし、スムーズな回転もできません。

 正しいアドレスでは直立した状態から骨盤を上に上げるイメージを持ち、お腹に力を入れます。そこから上体を前傾するため、腰が反ることはありません。

正しいアドレスをつくるには、直立した状態から骨盤を上に上げ、そこから上体を前傾させる
正しいアドレスをつくるには、直立した状態から骨盤を上に上げ、そこから上体を前傾させる

 腰を反らせると、なんとなく安定した形になっている気がするかもしれませんが、実際に鏡を見たり、動画でチェックしてみましょう。決してカッコイイアドレスではないはずです。

 ただし、腰を反らせていないからといって、前傾が浅くカカト寄りに重心が乗ったアドレスもNGです。ボールにパワーを伝えることができないし、ヘッドスピードも上がらないので飛距離が伸びません。

 正しいアドレスをつくるには、背骨をしっかりと動かせる準備をしておくべきです。

 年齢を重ねてくると、背骨が動きにくくなります。体を回転する動きもそうですし、丸めることも難しくなります。かくいう私も最近は背骨を丸めることを心がけています。そこで、オススメのストレッチを紹介しましょう。

正座した状態から上体を下に向けながら背中を丸めていく

【写真解説】パワーロスを最小限にするアドレスの作り方

画像ギャラリー

骨盤を上げたら、腹筋に力を入れて上体を前傾する
四つん這(ば)いのポーズから腕を伸ばし、背中を丸めたキャットのポーズをつくる。その後で背中を反るポーズも行う
四つん這(ば)いのポーズから腕を伸ばし、背中を丸めたキャットのポーズをつくる。その後で背中を反るポーズも行う
四つん這(ば)いのポーズから腕を伸ばし、背中を丸めたキャットのポーズをつくる。その後で背中を反るポーズも行う
正しいアドレスで構えると、フィニッシュまで正しい軌道でクラブを振り抜くことができる
正しいアドレスで構えると、フィニッシュまで正しい軌道でクラブを振り抜くことができる
正しいアドレスで構えると、フィニッシュまで正しい軌道でクラブを振り抜くことができる
正しいアドレスで構えると、フィニッシュまで正しい軌道でクラブを振り抜くことができる
正しいアドレスで構えると、フィニッシュまで正しい軌道でクラブを振り抜くことができる
正しいアドレスで構えると、フィニッシュまで正しい軌道でクラブを振り抜くことができる
正しいアドレスで構えると、フィニッシュまで正しい軌道でクラブを振り抜くことができる
正しいアドレスで構えると、フィニッシュまで正しい軌道でクラブを振り抜くことができる
正しいアドレスをつくるには、直立した状態から骨盤を上に上げ、そこから上体を前傾させる
正座した状態からお尻を両足カカトに着けたまま、上体を下に向けながら背中を丸めていく。頭を両ヒザに着けるぐらいのイメージ
1 2

最新記事