「ビギナー」の定義はスコアで判断するもの“ではない”!? いつまでなら名乗っていいの?

コロナ禍で新規にゴルフを始める人が増えたといわれており、現時点で「自分はビギナーだ」と名乗っているゴルファーは多いでしょう。そもそもビギナーに明確な定義はあるのでしょうか?

10ラウンド程度を目安に、サポートを必要としないゴルファーになろう

 ゴルフを始めて間もない人は、ラウンドに誘われた際に「ビギナーなのでご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いいたいします」と事前に同伴者に伝えておくと、一生懸命やっている姿勢さえ感じられれば、ラウンド中、多少の粗相があっても大目に見てもらいやすいです。

謙虚なことは美徳ですが、いつまでも“若葉マーク”を言い訳にするのも考えもの 写真:Getty Images
謙虚なことは美徳ですが、いつまでも“若葉マーク”を言い訳にするのも考えもの 写真:Getty Images

 昨今ではネットの記事や動画でルール&マナーを学ぶことができますが、いくら事前に勉強していたとしても、実戦で完璧にこなすのは難易度が高いでしょう。

 先輩ゴルファーもそれは承知の上なので、一緒にボールを探してくれたりカートを率先して動かしてくれたりと、ビギナーを補助してくれるはずです。しかし、ビギナーを名乗れる期間は限られており、どこかで卒業しなければいけません。

 では、具体的にどのくらいのタイミングで「ビギナーは卒業した」といえるのでしょうか。レッスンプロの三浦辰施氏は以下のように話します。

「本来は腕前で判断したいところではありますが、“10ラウンド”くらいをプレーした段階でビギナーとはいえないと思います。スコア云々よりも“自分のボールを自分で探せる”“スロープレーにならないように複数のクラブを持っていける”など、誰かにサポートしてもらうことなく、円滑にプレーできるようになっていれば、“ビギナーは卒業した”といえます」

 100を切る程度の腕前にならないと、堂々と“ビギナー卒業”とはいいづらいと思っている人もいるかもしれませんが、三浦氏は必ずしもスコアでは測れないといいます。

「私の母親は長年ゴルフをプレーしていて、スコア110ぐらいですがハーフ2時間以内で回ってくるので、さすがにビギナーとはいえないですよね」

「コースデビューしたら“10ラウンド以内には基本的なルールやマナーを覚える”気持ちでラウンドするべきです。いつまでも同伴者に助けてもらってばかりだと、『こいつと回るとサポートすることが多すぎてプレーに集中できない』と、誘われづらくなってしまうことも考えられます」

同伴者の所作をよく観察して学ぶこと

 だいたい月1ペースでラウンドするゴルファーであれば、約1年間がビギナーと呼べる期間になりそうです。スコアが悪くても、円滑な進行に必要な知識が備わっていれば、他のプレーヤーに迷惑をかけることはありませんし、スロープレーに陥ることもありません。自分自身がビギナーを連れてラウンドすることも可能になってくるでしょう。

 最速でラウンドの所作を学ぶためには、同伴者をよく観察して「どのようにカートを動かしているのか」「グリーン上やバンカーショットではどのような振る舞いをしているのか」など、常に意識しておくことが大切です。

 特にカートが置き去りになってしまったり前方に進みすぎてしまったりすると、前後の組にも迷惑がかかるので、シチュエーションに応じてどこに停車させているのか確認しておきましょう。

 また、分からないことがあれば同伴者にアドバイスを求めることが重要です。「林のなかにボールが飛んでしまったのであれば、どんなクラブを何本持っていくのがベストなのか」「隣のホールからショットを打つ際には、どのようなことに気をつければいいのか」など、ビギナーのうちに学んでおけば、あとから恥ずかしい思いをしなくて済みます。

 ある程度ルールやマナーを覚えることができれば、余計な心配をすることなくプレーだけに集中できるようになります。ビギナーを脱することができれば、自ずとスコアも上がりやすくなるかもしれません。

【写真】コース管理のプロが教える正しいボールマークの直し方/目土の仕方

画像ギャラリー

グリーンフォークを刺した後の動作が間違っている人が多い
まずボールの進行方向側からグリーンフォークを入れて戻す
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
この時点でかなり戻っている
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
最後にパターで軽くトントンとならす。手で軽く押さえても良い
まず斜めにグリーンフォークを入れたら…
フォークのお尻を上げるようにして芝を寄せる
先端を上げるような使い方は芝の根を切るのでNG
上が一般的なグリーンフォーク、下が戸島キーパーの使う業務用のグリーンフォーク
JGMセベバレステロスGCの戸島義貴グリーンキーパーいわく、ほとんどの人は砂の量が少なすぎる
自分がつくったディボット跡にボールが入ったら後続組に申し訳ない
スコップにこんもりと盛った砂を…
ディボット跡にバサッと落として…
芝と同じ高さになるように足の裏で広げる
踏み固めずに平らにならす要領で
目土をした端のところから芝が顔を出しているような仕上がりを目指そう
バラバラになったターフは戻さなくてOK
JGMセベバレステロスGC グリーンキーパーの戸島義貴さん
取材に協力してもらったJGMセベバレステロスGC
取材に協力してもらったJGMセベバレステロスGC
取材に協力してもらったJGMセベバレステロスGC
謙虚なことは美徳ですが、いつまでも“若葉マーク”を言い訳にするのも考えもの 写真:Getty Images

最新記事