時間がかかりすぎるとスロープレーの原因にも!? バンカーを素早くキレイにならす方法とは?

バンカーではショット後に砂をならさなければいけないので、手間がかかります。マナーを守ったうえで、素早くバンカーをならすにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

必ずレーキを使用してバンカーをならす

「バンカーを利用したあとはかならずならさなければいけない」ことは知っているものの、具体的にどのような手順でおこなえばいいのかは、なんとなくでしか理解していないビギナーは多いかもしれません。

 バンカーショットではミスが起こりやすく、ならすのに時間がかかってしまうとスロープレーの原因になる可能性もあるので、なるべくスムーズにおこなう必要があります。

バンカーに入るときは必ず低い場所から入る 写真:AC
バンカーに入るときは必ず低い場所から入る 写真:AC

 ではバンカーショットは、どのような手順でおこなうのが正しいのでしょうか。ゴルフ場の経営コンサルティングをおこなう飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「まずバンカーにボールがあることを確認したら、必ずボールから近くて段差の低いところから入ります。なるべくならす足跡が少なくなるようにしてください」

「段差の高いところから入ってしまうと、バンカーエッジを崩してしまったり、滑ってケガをする可能性があります。とくに柔らかい砂の場合は足がもつれやすいほか、多くの砂を削ってしまうので注意が必要です」

「基本的にはティーイングエリア側の段差が低くなっているので頭にいれておくと、焦っているときでも間違えづらいです。ショット後はバンカー付近に設置されているレーキを使用して、足跡やショット跡をならしていきます」

 足跡をならし忘れたバンカーにボールが入ってしまうと、打ちづらい不利な状況であったり、砂の状態が均等になっていないと、スタンスをとった足元付近は砂が柔らかいがボール付近は硬かったりと、ショットに悪影響を及ぼす可能性があります。

ならすときは凹凸がないように均等に!

 ゴルファーのなかには足で簡単にならして立ち去る人もいますが、必ずレーキをかけるのがマナーです。使用する際は、レーキを立てると砂を多く持ってきすぎてしまい、かえって凹凸が激しくなってしまうこともあるので、地面と水平になるように「サラサラ」と動かします。

レーキの動かし方は押すときに力を入れて、引くときには力を入れすぎないことがコツ 写真:Getty Images
レーキの動かし方は押すときに力を入れて、引くときには力を入れすぎないことがコツ 写真:Getty Images

 レーキは押すときに力をいれて、引くときはあまり力を入れすぎないようにするのが、きれいにならすコツです。最後にレーキをひっくり返して歯がない部分で、優しくなでるようにするときれいな状態になります。

 ショット跡のような大きなヘコみができた場合は、少しレーキを立てて多めに砂を持ってくることを意識します。使用したレーキは後続組が使用しやすいように「バンカーエッジと平行、ショット方向と垂直にならない」場所に置いておくと親切です。

 またプレーファーストの観点から、レーキを持ってバンカーに入るようにすると、打ち終わったあと、取りに行く手間が省けるのでオススメです。

 バンカーをならすのは打った本人以外でも良いので、「フェアウェイバンカーから脱出するだけで精一杯で、すぐに次のショットを打たなければいけない」などの場合は、余裕のある同伴競技者が協力しましょう。

 ビギナーのなかには、プレーをするだけで精一杯な人がほとんどなので、バンカーショットを打つ際はマナーが守られているかどうか確認して、できていなければ助言やサポートをしてあげると良いでしょう。

【写真】ベテランもビギナーも参考に! グリーンキーパーが教えるバンカーのならし方

画像ギャラリー

最初はレーキの刃のあるほうで砂を押すようにして
引き戻す
裏返して滑らかにならす
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
裏で滑らかにならしながら入った位置まで戻る
砂に残るレーキの線や跡がピンに向かって真っすぐになるよう、ピンの方向を意識しながらならす
アゴに近い傾斜の部分は押す力を強くして砂を戻してあげるように
もしアゴのそばにボールがあっても、アゴの側からバンカーに入ってはいけません
レーキを使い終わったらバンカーの手前の低いところに置く
バンカーに入るときは必ず低い場所から入る 写真:AC
レーキの動かし方は押すときに力を入れて、引くときには力を入れすぎないことがコツ 写真:Getty Images

最新記事