「お腹が締め付けられて苦しい…」 ゴルフ場でパンツにベルトをしないとマナー違反なの?

ゴルフ場でラウンドする場合「ドレスコード」が設けられていますが、ゴルフパンツにベルトを着用しないでプレーすることはマナー違反になるのでしょうか。

ベルトを着用してプレーするのが無難

 ゴルフ場は、上流階級の「社交場」に端を発する場所であるため「ドレスコード」が定められています。

 服装は直射日光を避けるため、キャップやサンバイザーなどの帽子を被り、上半身には襟付きのシャツ、下半身にはチノパンやスラックスなどのロングパンツを履いてプレーすることが一般的です。

ベルトをしないと同伴競技者からだらしなくみられることもあるので着用するのが無難 写真:AC
ベルトをしないと同伴競技者からだらしなくみられることもあるので着用するのが無難 写真:AC

 ゴルフパンツを着用するときはベルトをつけた方がドレスコードには適しているといわれますが「そこまでブカブカなズボンを履いている訳でもないし、何よりお腹周りが締め付けられて苦しくなってしまう」とベルトをあまり好まない人もいるでしょう。

 では、パンツにベルトをしなかったらゴルフ場のドレスコードに引っかかるのでしょうか。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「ベルトを着けるべきパンツにベルトなしで履いてくると『だらしない』と同伴競技者から判断されてしまう可能性はあるので、着用するのが無難です。ただし、もともとベルトを通す場所がない『ベルトレス』のタイプであれば、デザイン的にも違和感がないように作られているので着ける必要はありません」

 ウエストベルトやドローコードなどベルトがなくても調節できるタイプのものであれば、だらしなく見えたりする心配がないので、ズボンの種類に応じてベルト着用の是非は決めるべきだそうです。

熱中症対策としてJGAはシャツの裾出しを推奨!

 ところが飯島氏は、季節によってはベルトをするかしないかを必要以上に意識しなくても良いと話します。

ゴルフ場が認める範囲でラフな格好になることは認められている 写真:AC
ゴルフ場が認める範囲でラフな格好になることは認められている 写真:AC

「特に夏場においては『シャツの裾をパンツから出すか、出さないか』の方がマナーとして議論されやすいのではないかと考えます。JGA(日本ゴルフ協会)では、地球温暖化の影響で夏場のゴルフ場に大きなダメージを与えているとして、服装に注意してほしいと呼びかけています」

「ゴルフ場は、芝が太陽からの熱を照り返すことで余計に気温が上昇するだけでなく、日陰になるところも少ないので、熱中症になる可能性も上がります。そのため、ゴルフ場が許可する範囲内であれば、プレーヤー各々の判断でシャツの裾をズボンから出して、体にこもった熱を放出するべきなのです」

「裾を出したら、ベルトをしているかどうかなど関係なくなるので、ベルト自体をそこまで問題視しなくても良いと思います」

 ベルトの着用はあくまでも通常時に望ましいドレスコードでしかなく、熱中症の危険があるなどの場合には、ゴルフ場が認める範囲でラフな格好になることが可能です。

 スポーツとはいえ「ドレスコード」と聞くと、どんな時でも常にカッチリとした身なりでいなければならないと思ってしまうかもしれません。しかし、天候の変化などを加味して自身が健康的なゴルフを楽しめるのなら、臨機応変に服装を調整しても構わないのです。

【写真】暑い夏はこれで乗り切れ! ワークマンの冷感グッズ「ファンベスト」「冷感ベスト」などのさまざまな実物

画像ギャラリー

遮熱素材のゴルフベスト。撥水加工や小物用ポケットなどゴルファーのニーズを重視したデザイン。単品なら3900円。別売りのバッテリー、ファンをつけることで風が流れるしくみ
遮熱素材のゴルフベスト。撥水加工や小物用ポケットなどゴルファーのニーズを重視したデザイン。単品なら3900円。別売りのバッテリー、ファンをつけることで風が流れるしくみ
遮熱素材のゴルフベスト。撥水加工や小物用ポケットなどゴルファーのニーズを重視したデザイン。単品なら3900円。別売りのバッテリー、ファンをつけることで風が流れるしくみ
バッテリーは18V(9800円)と8V(4900円)とがある。ファン対応の他のベストにも使える
ファンは4980円。好きな色をコーディネートできる
ファンは4980円。好きな色をコーディネートできる
ファンは4980円。好きな色をコーディネートできる
ファンは4980円。好きな色をコーディネートできる
ファンは4980円。好きな色をコーディネートできる
ファンは4980円。好きな色をコーディネートできる
長袖アンダーウエアは素肌にフィットさせて着ることにより、ひんやり感があり、吸汗性も高まる。スイングを考慮しているため体を動かしやすい
日焼け予防にもなることで疲れが軽減される
ハイネックタイプは丸首より速乾性がさらに高い
冷却ベストはスイッチ一つでプレートを冷たくすることも温かくすることもできる次世代のデバイス。1秒間に温度は1度下がる
ペルチェ粒子入りのアルミプレートにより瞬間冷却が可能。アルミプレートは意外と大きく、よく冷えそう
最低温度の10度をキープ。プレートを中心に肩甲骨周辺をかなり冷やせる。冬場に使う場合、上は43度まで温めることができる
最低温度の10度をキープ。プレートを中心に肩甲骨周辺をかなり冷やせる。冬場に使う場合、上は43度まで温めることができる
ベルトをしないと同伴競技者からだらしなくみられることもあるので着用するのが無難 写真:AC
ゴルフ場が認める範囲でラフな格好になることは認められている 写真:AC
怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない理想的な立ち位置はここ
ラインを踏む可能性があると思う時は「ここを踏んでも大丈夫ですか?」と同伴競技者に確認しよう

最新記事