「女性やシニアは距離が短いからいいなぁ」は筋違い!? 一般男性が「レッドティー」で回って検証してみた

4月1日よりPGMグループ全148コースでティーイングエリアの呼称をカラーネーミングに統一しました。性別や年齢に関係なく多くのゴルファーがドライバーの飛距離に応じたティーイングエリアを選ぶことで誰でもパーオン可能な環境を整え、ゴルフの醍醐味を味わえるためだそうです。そこで、普段はプレーしない「レッドティー」から一般男性ゴルファーがラウンドしたらどうなるのか、検証してみました。

「バックティー」以外でもコースの難しさは実感できる

 昨今ゴルファーに対する啓蒙活動として「ドライバーの平均飛距離×28=コース総距離」を目安にティーイングエリアの選択を推奨しています。この世界的な流れを受けてか、日本でも4月1日よりPGMグループ全148コースではティーイングエリアの呼称を「カラーネーミング」に統一することになりました。

 ちなみに、平均飛距離300ヤード超のPGAツアー選手に当てはめた場合「300×28=8400」となり、7500ヤードを超えるトーナメントコースでも「推奨距離8400ヤード」よりも遥かに短いコースになってしまうのです。

平均的な飛距離のゴルファーが「レッドティー」からプレーしたら本当に「簡単すぎて面白くない」のか?
平均的な飛距離のゴルファーが「レッドティー」からプレーしたら本当に「簡単すぎて面白くない」のか?

 一方ドライバーの平均飛距離210ヤードの男性ゴルファーなら、推奨のコース総距離は5880ヤード。単純に飛距離だけでティーを選択するなら、実は「ホワイトティー」でも背伸びしていることになります。

 そこで今回は一般的な「赤ティー」から実際にラウンドして、ちまたでいわれている「前からだと短すぎてつまらない」は本当で簡単にスコアが出てしまうのかを検証したいと思います。

 検証コース(9ホール)の「レッドティー」は総距離が2589ヤード。PGMグループではレッド&ゴールドというそれぞれのティー増設工事を進めているそうですが、150〜160ヤードといわれる女性ゴルファーの平均飛距離では5000〜5200ヤードの「従来のレッドティー」では「長過ぎる」のが現実。

 今回は平均飛距離が185ヤードほどのゴルファーに推奨される距離で「7アンダー」を目指しラウンドしてみましたが、結果は大惨敗でした。

 短い距離にも関わらず精一杯のプレーになりましたが、知っているはずのレイアウトが非常に新鮮に感じたのは発見でした。

せっかくの「レッドティー」でもドッグレッグホールはむしろ不利

 一般男性の平均飛距離で「レッドティー」からなら簡単にパー5でツーオン&イーグル……なんて現実は甘くありませんでした。

 特にドッグレッグのホールでは距離が短くても最善ルートに運ぶことが難しく、かなりのコースマネジメントが必要でした。

ドッグレッグホールでは「短いゆえの難しさ」があり、高度なコースマネジメントが求められる
ドッグレッグホールでは「短いゆえの難しさ」があり、高度なコースマネジメントが求められる

 しかし、常に安全に刻んでいても検証にならないので、今回はできる限り飛距離メリットが出るようなリスキーなルートを選択してプレーしてみました。

 結果、コーナーを突き抜けて林や池に入って「必死のパー」がいくつかありました。「レッドティーだから」や「飛ばし屋だから」という理由で短いコースでいいスコアが作れるかというと、必ずしもそうではないことを実感できました。

短い距離だから痛感した「寄せて入れる」というクロージングの重要性

この記事の画像一覧へ(43枚)

画像ギャラリー

平均的な飛距離のゴルファーが「レッドティー」からプレーしたら本当に「簡単すぎて面白くない」のか?
ドッグレッグホールでは「短いゆえの難しさ」があり、高度なコースマネジメントが求められる
いくらグリーン近くまで飛ばせても、結局は「寄せて入れる」プレーのできがスコアを大きく左右する
スコップにこんもりと盛った砂を…
ディボット跡にバサッと落として…
芝と同じ高さになるように足の裏で広げる
踏み固めずに平らにならす要領で
目土をした端のところから芝が顔を出しているような仕上がりを目指そう
バラバラになったターフは戻さなくてOK
自分がつくったディボット跡にボールが入ったら後続組に申し訳ない
JGMセベバレステロスGCの戸島義貴グリーンキーパーいわく、ほとんどの人は砂の量が少なすぎる
まずボールの進行方向側からグリーンフォークを入れて戻す
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
2~3センチあけて戻すを繰り返し、ぐるりと円状に
この時点でかなり戻っている
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
窪みが大きい場合は円を広げて、またぐるりと戻す
最後にパターで軽くトントンとならす。手で軽く押さえても良い
まず斜めにグリーンフォークを入れたら…
フォークのお尻を上げるようにして芝を寄せる
先端を上げるような使い方は芝の根を切るのでNG
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
両サイドにいくつものマウンドが連なるPGMマリアGLの9番ホール 写真:ゴルフ場提供
日本庭園を思わせるPGMマリアGLの18番ホールの白砂バンカー 写真:ゴルフ場提供
南国情緒を醸すPGMマリアGLのクラブハウス外観。最寄りの圏央道・木更津東ICから約5kmとアクセスも便利 写真:ゴルフ場提供
PGMマリアGLでは『大人のリゾートハウス』をテーマに、華やかさと落ち着きを兼ね備えたロビーがゴルファーを迎える 写真:ゴルフ場提供
超ロングバンカーが強烈な存在感を示す新・西山荘CCの6番ホール 写真:ゴルフ場提供
常連のプレーヤーが「火星のよう」と表現する新・西山荘CC13番ホール。難易度も他の星レベル!? 写真:ゴルフ場提供
コースだけでなく、クラブハウスも個性的な新・西山荘CC 写真:ゴルフ場提供
距離感を合わせるのが難しいピートダイGCロイヤルCの12番ホール。アゲンストの風も難易度を上げる 写真:ゴルフ場提供
三角屋根が特徴のピートダイGCロイヤルCのクラブハウス。コースは栃木県の北西部に位置する 写真:ゴルフ場提供
設計コンセプトの集大成ともいえる、PGMマリアGLの17番ホールの浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
1 2 3

最新記事