メンバーでさえ窮屈に感じることもあるゴルフ場の「ドレスコード」 細かいルールは誰が決めているの?

ゴルフ場には利用約款やドレスコードなど、プレーやクラブハウス内で過ごすための決めごとが存在します。このようなルールは誰がどのように決めているのでしょうか。

メンバーの意見も取り入れてドレスコードを決める

 ゴルフ場には、利用者が快適に過ごせるように、利用約款やドレスコードが定められています。

ドレスコードはメンバーの意見を取り入れながら改定を重ねている 写真:AC
ドレスコードはメンバーの意見を取り入れながら改定を重ねている 写真:AC

 では、利用約款やドレスコードなどは、誰がどのような流れで作っているのでしょうか。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「運営母体となる会社がゴルフ場を建設した際に『会員規約』を作りメンバーを募集します。次に会則を定めるうえで、クラブの基盤となる『文化委員会』をメンバーから選出し、最終決議を行う『理事会』も組成します」

「そこから理事会をトップとしてさまざまな委員会が形成されていくのですが、主にドレスコードに関わる事項をまとめるのは『フェローシップ委員会』や『エチケット・マナー委員会』というような人たちです。これらの委員会は、ほかのメンバーの意見を聞きながら作成した原案を理事会で提案し、それが通るとそのゴルフ場のドレスコードが決定します」

 ほかにもさまざまな委員会があり、ハンディキャップの査定や管理を行う人たちもいれば、クラブ内で開催される「月例杯」などの競技会の進行役やローカルルールを定めたりするような人たちもいます。

 このように、ゴルフ場を支えているのは意外にもクラブのメンバーであるということがわかります。

利用約款はクラブの設立時に決定するが改廃を重ねている

 では、利用約款はどのように決まるのでしょうか。飯島氏は以下のように話します。

「利用約款は、クラブを設立した際の代表者が集まって話し合いを行い『どのようなクラブを築き上げたいか』や『どのような事柄を決まりとして共有するか』といったことに沿って完成されました」

 しかし、当初決められた利用約款も時代によって変わっていくといいます。

「一度定められた利用約款もメンバーからの意見や社会的な風潮によって後から改廃することもあります。定期的に開催される理事会で意見をして、『変更すべき』との決議がなされた場合に『改定』となります」

 利用約款やドレスコードは、秩序あるクラブとするためにメンバー同士で議論を重ねながら作り上げているようです。

【画像】あなたの住んでる県は何位? 全国ゴルフ場数ランキング

画像ギャラリー

 全国ゴルフ場数ランキング ※ゴルフ特信調べ
 全国ゴルフ場数ランキング ※ゴルフ特信調べ
 全国ゴルフ場数ランキング ※ゴルフ特信調べ
ドレスコードはメンバーの意見を取り入れながら改定を重ねている 写真:AC

最新記事