「手にマメができる=打ち方が悪い」ってホント!? 現役シニアツアープロ兼コーチの見解は?

練習場で多くのボールを打つと手のひらにマメができることがありますが、スイングに問題があるのでしょうか。

スイングが悪いからマメができるワケではない

 ビギナーを中心に、ゴルフの練習をしていると手にマメができて痛くなってしまう人もいるのではないでしょうか。

練習場でばんそうこうやテーピングを巻いている人をよくみる 写真:PIXTA
練習場でばんそうこうやテーピングを巻いている人をよくみる 写真:PIXTA

 スイングが間違っているからマメができるという人もいますが、実際はどうなのでしょうか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営している梶川武志プロは以下のように話します。

「そもそもマメは、できやすい人とできにくい人がいます。手に脂が出やすい脂性肌の人はできづらいですし、乾燥肌の人はできやすい傾向にあります。手にマメが多いとたくさん練習をしていると思われますが一概にそうとも言えません。マメができたからといってスイングがおかしいということでもありません。私も練習量を増やした時には、力が入った部分にマメができることもあります」

 さらに梶川プロはグリップの握り方によって、マメができやすい場所が異なると話します。 

「フィンガーグリップやパームグリップなど、握り方の違いによってマメのできる場所は違ってきます。右打ちでフィンガーグリップの人は、左手の中指、薬指、小指の付け根の膨らんだ部分にマメができやすくなります。手のひら全体で握るパームグリップの場合は、小指球という小指の根元から手首までの膨らんだ部分にマメができやすいです」

 マメができることは悪いことではないと梶川プロは強調します。

「これらの部分はスイング時かならず力が入る場所なので、マメができても仕方がありません。スイングが間違っているからマメができるわけではないので、変にスイング修正を行うことがないようにしてください」

グリップを強く握りすぎている可能性もある

 しかし、ビギナーに多いのが遠くに飛ばそうとグリップを強く握りすぎてしまい、マメができるケースだと梶川プロは話します。

「特にビギナーはグリップの握り方や力加減が分からずに、どんどんフルスイングをしてしまいます。これが続くと『手のマメが痛くてゴルフができない』という事態になりかねませんので、正しいグリップの握り方とグリップの力み加減を気にしてみると良いです」

「ビギナーのうちは、『力を入れすぎなくても、ボールは飛んでくれる』というイメージを持つことでグリップの力加減を覚えていくので、ハーフショットの練習を取り入れることをオススメしています」

 梶川プロが話すように「マメができる=スイングが悪い」というワケではありません。マメができる場所によって握り方が正しいのか判断することはできるので、再確認してみるといいでしょう。

【写真】これが正しく構えてヘッドを上から見た時の景色です

画像ギャラリー

ヘッドをポンと置けば、オープンフェース気味のドライバーならフェースが右を向く
ソールの後方まで地面に据わったスクエアな構え
ソール後方が浮いているとフェースがかぶってしまいがち
ソールの後方まで地面に据わったスクエアな構え
一見問題ない構えに見えるが、ヘッドのお尻が浮いてしまったNGアドレス
練習場でばんそうこうやテーピングを巻いている人をよくみる 写真:PIXTA

最新記事