他の生徒と「真逆のアドバイス」をされるのはなぜ? スイングの“主治医”が見つかる「レッスン矛盾」の見破り方

無数に存在する「スイング理論」や「レッスン」の中から、自分にとって上達の役に立つものを選択しなければ逆効果になってしまうこともあるのがゴルフ。アマチュアがレッスンを受ける際、レッスン内容に「矛盾」を感じた場合どうするべきなのか、自身も長年生徒として師事していた経験を持つ筒康博コーチにアドバイスしてもらいました。

隣の生徒と「真逆のアドバイス」になる場合もある

 通常アマチュアに行うレッスン形態は、決まった人数で行う「グループレッスン」と個別に行う「個別レッスン」に分かれています。

 学校の授業のようなグループレッスンでは、「一般的な基礎」を中心に習得していきますが、家庭教師のような個別レッスンでは個々の目標に合わせて、現状を確認しながら「理解と実践」ができるようにするのが一般的です。

レッスンの内容に「矛盾」を感じたら、自分の役に立つかどうかを見破る方法がある
レッスンの内容に「矛盾」を感じたら、自分の役に立つかどうかを見破る方法がある

 レッスンプロの多くは、生徒である前に「人生の先輩」であるアマチュアにリスペクトを持ちながらも、少しでも上達やゴルフの楽しさを実感してもらうべく日々精進しています。しかし、限られた時間の中で完璧にコミュニケーションを取ることは容易ではありません。

 例えば「隣の人と真逆のアドバイス」をした時に違和感を覚えることのないように、グルイープレッスンでも必ず「個々の現状」に対してアドバイスして安心して練習に取り組めるようにしています。

 もちろん個別にカルテを作成し「○月○日の悩みと対策」というように、できる限り具体的に生徒の現状を記録することで、万が一「先月と真逆のアドバイスなのはなぜ?」という疑問が生じた場合でも生徒が納得できるようにしています。

個別打席のレッスンでは、ゴルファーそれぞれの「目標と現状」などをお互いに理解して、実践を目指した内容を心がけている
個別打席のレッスンでは、ゴルファーそれぞれの「目標と現状」などをお互いに理解して、実践を目指した内容を心がけている

 アマチュアへのレッスン内容は基本的に、「現状のエラー」を適正範囲に収めるために「どんなことが最低限必要なのか?」を中心に伝えています。

 例えば「現状」として間違った体重移動や体を大きく使い過ぎてしまっていることがミスショットの原因になっている場合、そのことを共有したうえで、「腕主体でスイングするつもりで」といったアドバイスを行います。

 一方、隣の打席で体を固め過ぎて腕だけでスイングしている人がいれば「もっと胸を回して」とアドバイスすることもあるのです。

コースで実践できるレッスンなのか効果を見極める必要がある

 お金と時間を使ってレッスンを受けているのにうまくならず、「自分が悪い」と誤解をしないためにも、教えてもらったことがラウンドに生きているかを定期的に確認することも重要です。

「練習だけうまい人」にならないために、コースでの実践に対する「レッスン効果の測定」はするべき
「練習だけうまい人」にならないために、コースでの実践に対する「レッスン効果の測定」はするべき

 レッスン時だけ上手にボールが打てているのに、本番では全然ダメな「練習だけうまい人」は多く存在します。ラウンドで上達を実感するためには、アドバイスや練習が「身になっていない」という事実をレッスンプロにきちんと伝えるべきです。

 みなさんの話を聞き入れないほど頭が固かったり、同じことしかいわない「師匠気取り」のレッスンプロだったなら、あなたにとっては「上達の手助けにならない」レッスンだったと考えるべきです。自己流に戻るなり、セカンドオピニオンに見てもらう方が得策です。

 詳細な弾道測定やスイングの動画解析ができる現代において、何の証拠もないようなことしかいわない頑固な師匠は、少なくともエンジョイアマチュアの役には立ちません。

前の先生と「いってることが違う!」はなぜ起こるのか

【写真】ラウンドレッスンには向かないかも…!? 浮島グリーンがあるゴルフ場6選

画像ギャラリー

浮島には乗ったけれどバンカーに入った……ということもあり得るスリリングなセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ14番パー3 写真:ゴルフ場提供
バンカーが浮島グリーンをぐるりと囲む、霞台カントリークラブ筑波コースの3番パー4 写真:ゴルフ場提供
島ヶ原カントリークラブ東コース7番の浮島グリーン。グリーン横の木も、存在感を主張する 写真:ゴルフ場提供
特徴的なバンカーが配されたセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ8番パー3 写真:ゴルフ場提供
まさにミュアヘッドらしい、象徴的な新陽カントリー倶楽部7番パー3。風が抜けるホールなので、風に注意を 写真:ゴルフ場提供
傾斜にも気をつけないと危ないピートダイゴルフクラブ VIPコース14番パー3の浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
浮島グリーンのある京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース14番。グリーン周りの傾斜とバンカーに要注意 写真:ゴルフ場提供
スペイン南方の海岸「コスタ・ブラパ」に由来するセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ17番パー3 写真:ゴルフ場提供
霞台カントリークラブ筑波コース3番のティーイングエリアから見た浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
左上に見える池が、浮島グリーンのある島ヶ原カントリークラブ東コース7番 写真:ゴルフ場提供
戦略性の高いレイアウトが特徴の島ヶ原カントリークラブ西コース。写真は3番パー4 写真:ゴルフ場提供
ピートダイゴルフクラブ VIPコース7番パー3は、グリーン手前の深いバンカーに注意が必要 写真:ゴルフ場提供
「大変きれいなコースと豪華なクラブハウスに圧倒されました」という声もあるピートダイゴルフクラブ VIPコース 写真:ゴルフ場提供
京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース4番ホールの1打目は浮島ティーグラウンドから。初っ端から緊張を誘う 写真:ゴルフ場提供
レッスンの内容に「矛盾」を感じたら、自分の役に立つかどうかを見破る方法がある
個別打席のレッスンでは、ゴルファーそれぞれの「目標と現状」などをお互いに理解して、実践を目指した内容を心がけている
「練習だけうまい人」にならないために、コースでの実践に対する「レッスン効果の測定」はするべき
「複数の眼」によるアドバイスは、一人の先生やマニュアルによる「偏り」を予防できる
ヘッドをポンと置けば、オープンフェース気味のドライバーならフェースが右を向く
ソールの後方まで地面に据わったスクエアな構え
ソール後方が浮いているとフェースがかぶってしまいがち
ソールの後方まで地面に据わったスクエアな構え
一見問題ない構えに見えるが、ヘッドのお尻が浮いてしまったNGアドレス
1 2

最新記事