葉が落ちないうちに今すぐ予約!紅葉がきれいなゴルフ場5選(関西編)

秋はゴルフのトップシーズン。その魅力の一つが緑の芝と鮮やかなコントラストをなす紅葉です。秋に色づく広葉樹が多く、紅葉の名所として知られている関西のゴルフ場を紹介します。

燃えるような紅葉と芝の緑との鮮やかなコントラスト

 これから秋にかけては紅葉狩りゴルフがオススメです。紅葉には、モミジをはじめ、イチョウ、カエデ、ヤマザクラ、シラカバなど種類も多く、中でも人気なのは赤色が最も鮮やかなモミジでしょう。紅葉時期も植物により異なりますが、10月から12月にかけて色付き始め、10~20日後位で見頃を迎えます。今回は紅葉が楽しめる関西のゴルフ場をご紹介します。

小野グランドカントリークラブ(兵庫県)

小野グランドカントリークラブ

 小野グランドカントリークラブには、自然の地形を生かした広々としたフェアウェイと巧みに配置されたバンカーや池が特徴の「NEWコース」と、バンカーや池が少なく距離も短いのが特徴的の「OLDコース」の2つのコースがあります。NEWコースは、鮮やかな色のベントグリーンと池のコントラストが美しいコースですが、背の高い樹木がコース攻略を難しくしています。それに対して、OLDコースはフラットなレイアウトなので、初心者~上級者まで好スコアが期待できるでしょう。

 紅葉は2~3ホール毎に見ることができ、NEWコース14番ティーから両サイドに見える紅葉や、NEWコース17番ホールから見える日本庭園のような景観がお勧めポイントです。

 アクセスは大阪市内から約1時間15分、山陽自動車道・三木東ICから約10分ほどです。

千刈カンツリー倶楽部(兵庫県)

 千刈カンツリー倶楽部は学校法人関西学院が「健全な社交と教育の場の提供」を目的として設立したゴルフ場で、開場して50年以上という歴史あるコースです。J・E・クレーン氏が設計したコースは、レイアウトも設立当時のままで、メンテナンスが丁寧に行き届き維持されています。

 コースの距離はそれほど長くありませんが、ホールの幅は狭く、ティフトン芝のラフやアンジュレーションのあるグリーンがコース全体の難易度を高めています。

 紅葉ポイントは、3番ホールのパー3の大谷池を囲むモミジ、16番ティー前から望む「羽束山」など、秋の彩りを縫ってオーバーシードされたフェアウェイが緑の帯になり、コースの随所で紅葉を楽しめます。

アクセスは新名神高速道路・宝塚北スマートICより約10キロ、中国自動車道・西宮北ICより約12キロです。

ベル・グリーンカントリークラブ(兵庫県)

 ベル・グリーンカントリークラブは、「関西のドン」として親しまれた伝説の名プレーヤー、杉原輝雄氏の設計で、雄大な自然に囲まれた西・中・東コースの3つのコースから構成されています。コース用地全体に見られる高低差は、ホール間のインターバルで解消しているので、山岳コースの多い関西のゴルフ場の中では緩やかな起伏を生かしたフラットなレイアウトが特徴です。西コースはアップダウンはそれほどなく、レイアウトの変化に富んだコースとなっており、5番のミドルを除き、打ち下ろしのホールが多く、比較的スコアはまとめやすいです。

 中コースは谷越え、池越えなど変化のあるレイアウトになっており、中17番ミドルは名物ホールです。ティーショットが池越えとなり、グリーン奥に展開する山並みが美しく見渡せます。東コースは距離が短いコースですが、やや狭いので、正確なショットが要求されます。

 秋には豪奢なクラブハウスが紅葉に包まれ、一層煌びやかな雰囲気を醸し出します。また、パター練習場、西の1番、4番、中の4番、9番がお勧めの紅葉スポットとなっています。

 アクセスは、舞鶴若狭自動車道の丹南篠山口ICから約19キロです。

ウエストワンズカンツリー倶楽部(兵庫県)

 ウエストワンズカンツリー倶楽部は、名匠であるピート・ダイ氏と息子のペリー・ダイ氏が手がけたコースです。アンジュレーションに富んだ設計が施されたフェアウェイとラフ、挑戦意欲を駆り立てる美しい大きな池やクリークなど、タフでチャレンジングなトーナメントコースです。また、ハザードも凝っていて、バンカーに枕木を利用しており、ピート・ダイ氏の特色が見られます。上り3ホールの16、17、18番ホールは、特にエキサイティングな名物ホールとなっています。

 紅葉は各ホール全域やクラブハウスでも見られ、中でも6番、12番、13番などはグリーンを背景に美しい紅葉の山々が広がり、幻想的な光景が見られます。リンクスコースとメタセコイアの調和が非常に美しく、抜群の組み合わせとなっています。

 アクセスは、中国自動車道・滝野ICから約3キロです。

メイプルヒルズゴルフ倶楽部(滋賀県)

 メイプルヒルズゴルフ倶楽部は、美しい自然の造形美とフラットでありながらもハザードやバンカーなどの配置により、メリハリの効いた戦略性豊かなコースとなっています。

 ティーショットの正確性を求められる絞り込まれたフェアウェイ、アンジュレーションが強い大きめの2段グリーンなど、随所に正統派な雰囲気を味わえるコースです。

 また、その名にふさわしく、たくさんの紅葉が鮮やかにコースを彩っており、クラブハウス周辺でも数多くのカエデが植樹されているため、鮮やか景観を楽しむことができます。

アクセスは、新名神高速道路・信楽ICより9キロです。

※ ※ ※

 今回は、紅葉が綺麗なゴルフ場を5か所ピックアップしご紹介しました。紅葉を楽しみながらゴルフをプレーすることで、いつもとは違う楽しみが味わえるのではないでしょうか。約2か月間しか楽しむことができないため、気になった方はぜひ足を運んでみてください。

【写真】紅葉の名所ゴルフ場のコースを画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/10/木更津カントリー 画像4-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/木更津カントリー 画像3-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/木更津カントリー 画像2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/木更津カントリー 画像1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/メープルポイント 画像2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/ピートダイゴルフクラブ-VIPコース 画像2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/ピートダイロイヤル 画像1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/小野グランドカントリー 画像2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/小野グランドカントリー 画像1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/小野グランドカントリー 画像3-150x150.jpg

最新記事