電車ゴルフの心得 宅配便の発送より早めにやっておくべきこととは?

野中真一

2021年10月23日

ライフ

コロナ禍で自家用車を持たない若いゴルファーが増えたり、クルマを手放す選択をした中高年が増えていることから人気となっている電車ゴルフ。宅配便の手配など、事前にやっておくべきことは多いですが、もう1つ忘れてならないことがクラブバスの予約です。

プレー前日に届くようにキャディーバッグを送る

 最近は車を持たない若い世代が増えたことで、ゴルフ場にも電車で行く人が増えています。

電車ゴルフ派はキャディーバッグを護るトラベルカバーを用意しておきたい

 クルマでゴルフに行くときは前日の夜に準備を始める人が多いと思いますが、電車でゴルフに行くときはそれでは間に合わないことがあります。その1つがキャディーバッグの発送です。もちろん電車で行くときもキャディーバッグを持参すれば大丈夫なのですが、電車の乗り換えなどを考えるとキャディーバッグは宅急便などで送っておくのがベスト。ただし、キャディーバッグを送るときはプレー日の当日に到着してもスタートの時間に間に合いません。必ずプレー日の2日前に発送して、プレー日前日にはバッグがコースに到着しているようにしましょう。

 ちなみに大手宅配会社に話を聞くと、遠方へのゴルフ旅行の場合、東京からであれば北は秋田、西は兵庫まで、プレー日の2日前に発送すれば間に合うそうです。しかし、それより遠いエリアへはプレー日の3日前に発送することが必要。また、一部、離島になると3日以上の時間がかかることもあるとのことでした。

 また、コロナ禍以降キャディーバッグの取扱いは増えていますが、そのことによって配達が遅れることはないそうです。

 電車ゴルフの上級者になると、プレー終了後にキャディーバッグを自宅に戻すのではなく、次にプレーするゴルフ場に送る人もいます。1週間以内に次のプレーがある人は、その方法もありです。

クラブバスが満席になってしまうことも

 もう1つ、早めにやっておいたほうが良いのがクラブバスの予約です。

 電車で行くときは最寄りの駅からクラブバスを利用してコースに行くことが多いですが、注意が必要なのがクラブバスを予約制にするゴルフ場が増えていること。大型バスを用意しているコースもありますが、8人乗りの大きめのバンをクラブバスにしているコースもあります。前日の夕方に慌てて電話したらクラブバスが満席だった、なんて失敗もあるので気を付けましょう。クラブバスがあるのにタクシーに乗らざるを得ず余計な出費が増えてしまった、という状況は避けたいものです。

 またクラブバスがないコースで、最寄り駅からタクシーで行くときも、タクシーの手配だけは済ませておくと安心です。ゴルフ場の最寄り駅にはタクシー乗り場のない小さな駅もあるので、早朝の時間帯だとタクシーがつかまらないこともあります。

手ぶら感覚になると小物やシューズを忘れることも

 2日前にキャディーバッグを発送し、1日前にはクラブバスも予約。しかし、実はキャディーバッグを先に送ってしまったことで、当日にはプレーに必要な小物やシューズを忘れてしまう人も多いです。そんな忘れ物をしないためにはキャディーバッグを送るときにはサイドポケットにゴルフシューズ、ゴルフボール、ティー、マーカー、グリーンフォークなどプレーに必要な小物をチェックして入れてしまうのがオススメです。キャディーバッグを宅配便で送る場合の重さ制限にはかなり余裕があるので、そのくらいならオーバーすることはまずありません。

 当日、家から持って行くものをジャケットやゴルフウェア、キャップなどの衣類だけにしておくと準備は完璧。コンペなどで賞品があったり、帰りにお土産を買ったりするときほど荷物は少なくしておきましょう。

【写真】クラブバスの発着場所も要確認!ゴルフ場銀座・JR五井駅の実際の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/09/20210924045554-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/20210924045458-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/20210924045517-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/20211021101508-150x150.jpg

最新記事