IT技術であなたも“顔パス”に!? ゴルフ場が顔認証チェックインを実現 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

IT技術であなたも“顔パス”に!? ゴルフ場が顔認証チェックインを実現

ゴルフ場来場時の混雑を解消し、しかも接触を最小限にできるシステムが栃木県のセブンハンドレッドクラブで導入されました。どんなシステムなのでしょうか?

画面に顔を近づければ検温とチェックインが同時に完了

 顔認証によって出来上がるエキスプレスレーンが、ゴルフ場の朝を変えようとしている。栃木県のゴルフ場、セブンハンドレッドクラブで顔認証によるチェックインが始まっているからです。

セブンハンドレッドクラブに導入されたチェックインと検温を同時に完了するシステム 写真:ゴルフ場提供

 コロナ禍でも密にならず、感染リスクの少ないレジャーとして堅調な人気を維持しているのがゴルフ場。ゴルファーが集中する土日の朝8時前後の時間帯ともなれば、ソーシャルディスタンスを保ちながらとはいえ、チェックインを待つ長蛇の列ができるケースも多く見られます。

 そうした混雑を一掃する試みが1月7日、スタートしました。クラブハウスの入り口をくぐるとすぐにある、タブレットの画面に顔を近づければ、これで検温とチェックインが同時に完了。フロントですでに用意されたカードホルダーを受け取り、ロッカールームに直行できます。

 このシステムはDXYZ(株)が開発し、当初はマンション、オフィス、保育園等の入退場や受付用に提供していた「FreeiD」サービスに、ゴルフ場向けの会員認証・検温機能を追加したことで実現したもの。

 旧来のゴルフ場で行われるビジター用の受付カードへの住所、名前、電話番号などの記入はもちろんなし。現在考えられうるチェックイン方法では、国内最速と言えそうです。

 現在フロントとレストランにパウチしたQRコードの案内を設置。時間のある時にスマホをかざせば、顔認証のアプリをダウンロードし、自分の顔を登録できるようにしています。しかしこのシステム、2月頭の時点ではスムーズに導入が進んでいるわけではありません。実は強力なライバルが身内に存在しているからです。

 すでにセブンハンドレッドクラブでは手のひら認証のシステムを導入。フロントで手をかざし、生年月日をフロントで申告すれば、チェックインが完了。また楽天GORAの会員の場合もすでに個人情報は登録済みとあって、チェックイン時の手間は氏名の申告だけでOKとなっています。

 そのため「今でも十分便利なのに、あえて顔認証まで登録しなくても」というゴルファーが意外に多いと言います。

「スマホのアプリに顔写真と住所、氏名、生年月日、電話番号を登録するだけなのですが、その手間を惜しむ方が意外に多いんです」(同クラブ関係者)

顔認証だけで決済まで完結するのが理想だが…

 それでも、同クラブの小林忠広社長は至って前向き。

「ゴルフの本質的な楽しさを味わっていただくために、ゴルフ場を身近でなじみのある倶楽部として感じていただけるよう、いかに煩わしさを取り除くかが大切だと考えます。そこで顔認証を導入し、手ぶらでチェックインすることができ、またクラブハウスに入ったタイミングでお名前をお呼びすることができるサービスに改善して参りたいと思います。DX(デジタル変革=最新のデジタル技術を取り入れ人々の暮らしが豊かになるように変革していくこと)を通じてサービスの質的改善に取り組んで参ります」と、今後も顔認証の利用者増加に取り組んでいく考えです。

 ただ、貴重品ロッカー、メンバー・ゲストロッカー、レストラン、売店、コース売店、チェックアウト等、顔認証ですべてが完結となるのが理想ですが、それはまだ先の話のようです。今のところは入場時の簡略化のみ、というのが本当のところです。

 とはいえこのコース、手のひら認証から顔認証と、先進的な取り組みに関しては実績十分とあって、今後も「アッ」と驚くような新システムを導入してくれそうな予感は十分にあります。

【写真】レストランのアイドル!?「ネコ型配膳ロボット」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/1-1-都留CC-配膳ロボ-ヨコ1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/1-3-都留CC-配膳ロボ-スタッフ1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/1-2-都留CC-配膳ロボ-タテ1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/2-1-都留CC-配膳ロボ-レストラン風景1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/700-1-2-150x150.jpg

最新記事