パターだけじゃない!「クロスハンド」でのショット練習が理にかなっている納得のワケ

あえて「クロスハンド」でショットをする練習方法をご存じでしょうか。プロゴルファーも率先して取り入れているそうですが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

アマチュアにありがちな手先を使うショットが改善?

 スイング解析が進んでいる昨今、いわゆる良いスイングというものが確立されつつあるため、プロゴルファーのスイングも個性的な人が少なくなり、遠目から見ただけでは、どのゴルファーがスイングしているのか、判別が難しいこともあります。

パターでは「クロスハンド」で打つ人をたまに見かけますが… 写真:AC

 一昔前は「うまくなりたいならトラック1杯分ボールを打て」なんて言われていましたが、やみくもに打っていても良いスイングは確立されず、なかなか上達しないのがゴルフの難しいところです。

 最近では、YouTubeなどでレッスンプロの動画を気軽に見ることができるため、動画を通してゴルフを学んでいる人も多いかもしれません。そのため、さまざまな練習方法を目にする機会が増えていますが、その中の一つに「クロスハンド」でショットを打つというものがあります。

 右打ちの場合、地面にクラブを置いて構えたときにグリップは左手が上、右手が下になるように握りますが、クロスハンドではこれを逆にします(右手が上、左手が下)。では、クロスハンドでショット練習をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 レッスンプロの三浦辰施氏は、以下のように話します。

「『クロスハンド』にすると、右手の自由が利かなくなります。バックスイングの際、右手は甲側に折れますが、これが戻ってくる途中で反対側にフリップ(右手が手のひら側に折れる)してしまうことによって、大半のミスショットは起こります。それを強制的に防ぐことができるのです」

「そのため、左手主体のスイングがそもそもできている人には、必要ない練習であるとも言えます。ショットの精度が良い人は、インパクトしたときに左手の甲が手のひら側に折れますが、アマチュアはフリップすることによって逆の動きとなる人が多く、こうなると引っかかるか、ボールの頭を叩くスイングになってしまいます」

「アマチュアの人は、どうしても手先を使ってショットを打とうとしてしまうので、本来は手元より後についてこなければいけないクラブヘッドが、逆に先行してしまうことでミスにつながります。その点についても、左腕しか使用できないことで、自ずと解消されやすいです」

アプローチ練習もクロスハンドが効果的

 さらに、スイング時に左右に体が突っ込みやすい人にも有効であると、三浦氏は話します。

「クロスハンドでは、体が左右に突っ込むとボールにうまくコンタクトできません。そのため、クロスハンドにしてボールが当たらないという人は、それだけ体が開いたり、下から入ったりしていて、軸がズレているということになります」

「アプローチもクロスハンドで練習すると効果的ですが、適切な順序でスイング動作ができ、右手の動きが抑制されて無駄のないスイングを再現できる良い練習方法だと思います。クロスハンドでアプローチ練習するメリットは、左手を動かし続けることにより、極端に減速しなくてもロフトの管理がしやすく、ヘッドの動きが安定することです」

 アマチュアゴルファーの場合は、動画や雑誌などでスイングの勉強をしても、なかなか練習場で体現することは難しいかもしれません。しかし、クロスハンドでのショット練習は比較的簡単にトライできるので、一度やってみてはいかがでしょうか。

【動画】「クロスハンド」で奥からの長い距離をねじ込んだ“圧巻”チップイン
1 2

最新記事