胃もたれで後半だめだめ!? 夏ゴルフ“食べていいもの、ダメなもの” | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

胃もたれで後半だめだめ!? 夏ゴルフ“食べていいもの、ダメなもの”

ハーフを終わった後のランチ。暑くて食欲が湧かなかったり、胃腸のことが心配で何を食べればいいのか迷ったりしがちです。女子プロも指導するアスリートフードマイスターに、夏ゴルフでのおすすめランチメニューをうかがいました。

第1の目的は“エネルギー補給”

 全国各地で猛暑日が報告される今日この頃ですが、暑いと分かっていても行きたくなるのがゴルフ。水分補給はもちろん、機能性ウエアや氷のう、日傘などでの暑さ対策はだれでも思いつきますが、パフォーマンスをキープするなら、食事によるケアも大いに有効です。

そろそろ土用の丑の日ですね!

「激しい動きではないとはいえ、ハーフ2時間半前後と、決して短くない時間をプレーするゴルフは、想像以上に体力を消耗します。特に暑い夏場は消耗が激しい。ですからランチはしっかりエネルギー補給をする必要があります」というのは、大里桃子プロほか、多くのアスリートの食事を指導するアスリートフードマイスターで、自身も大のゴルフ好きという石村智子氏。

 では何を食べればいいのでしょう?

「食欲がなくなりがちな夏ゴルフのランチ選びのポイントは、消化が良く食べやすいもの。ゴルフ時のランチタイムは短いので、食べてすぐプレーをすることになりますが、運動を始めると交感神経が高まり、結果、胃の消化吸収活動が抑制されてしまいます。ランチ後、胃もたれを感じてプレーに集中できなくなることがよくありますが、その理由の一つです。ですから、なるべく短時間で消化するメニューを選ぶことをおすすめします。食べやすいというのは、例えば冷たい麺類など、ご自身が食欲がなくても口に運べるものがいいでしょう」

 ちなみに、主食となる炭水化物は玄米や雑穀米よりは白米。10割そばよりは小麦粉率が高いもの、もしくはうどんやそうめん、冷麦など白い色の麺のほうが消化がいいのだとか。

「ちなみに、夏に食べたくなる冷やし中華は油も少なくバランスがとれていますが、しいたけやくらげ、大量の生野菜など、具によっては消化があまりよくない場合があるので、胃腸に自信がない人は控えたほうがいいかもしれません」

相性抜群! 炭水化物とビタミンB1

 もう一つのポイントは、炭水化物を効率よくエネルギーにする食べ物との組み合わせ。

「主食の炭水化物を燃やし、素早くエネルギーにするためには、ビタミンB1が必須です。ビタミンB1は豚肉、うなぎ、大豆、枝豆に多く含まれています」

 また、ビタミンB1をさらに有効に摂取するにはアリシンが有効だそうです。

「アリシンは玉ねぎ、ねぎ、にんにく、ニラに多く含まれているので、頭の片隅に入れておくと、賢いメニュー選びの参考になるでしょう」

 基本は炭水化物プラス豚肉か大豆製品。さらにプラスアルファするなら、ねぎ類、にんにくやニラ、と覚えておけばよさそうです。

「イメージするなら豚しゃぶうどんや、しっかり食べられるならしょうが焼き定食。値は張りますが、うなぎもおすすめです。生ハム(豚肉)などを使った冷たいパスタもいいでしょう。パスタはカーボローディングの代名詞と言えるくらいエネルギー効率が良い食品です(ただし油分は控えめが前提)。どうしても食欲がなく、ざるそばでいい、というならせめて冷奴(大豆)をプラスして。また、ビールを飲むなら相性抜群の枝豆を。アルコールの分解に必要なビタミンB1やナイアシンを補ってくれます」

朝食抜きはドカ食いになりがち

 ただし、どんなに消化の良いものでも、たくさん食べすぎればそれだけ消化に時間がかかるというもの。

「基本は“腹八分目”。特に朝食を食べない人は要注意。ランチタイムにお腹が空きすぎて、つい食べ過ぎてしまいがち。パフォーマンスだけでなく、熱中症の予防のためにも必ず朝食を食べてください」

カレーや麻婆、じつは油分多し!

 では反対に、食べてはいけないメニューはあるのでしょうか。

「絶対にダメ、ということはありません。ですが、カツやフライなど、揚げ物は油分が多くどうしても消化に時間がかかります。また、実は脂質の多いカレーや大量の油を使う麻婆豆腐系も注意です。辛いのでついついご飯が進んでしまうというデメリットも……」

 どうしても食べたい、というならハーフサイズにするなど、量を控えめにするのが良さそうです。

「いずれにしても、エネルギーはもちろん、夏に必要な水分や塩分は食事からの摂取も大きな役割を果たします。ダイエットなどと考えず、しっかり食べて、元気に夏ゴルフを楽しみましょう!」

監修:石村智子
管理栄養士、アスリートフードマイスター1級。大学ゴルフ部やプロゴルファーの食のパーソナルサポート。スポーツ栄養サイト『アスレシピ』でコラム&レシピ。月刊ゴルフ場セミナーでレシピ提案。ゴルフ場レストランメニュー開発などを行っている。自身も大のゴルフ好き。

この記事の画像一覧へ(9枚)

画像ギャラリー

プレー中でも片手で食べられるメニューがうれしい 写真:KOSHIGAYA GOLF CLUB
スパムおにぎり 写真:KOSHIGAYA GOLF CLUB
カレーパン 写真:KOSHIGAYA GOLF CLUB
ホットドック 写真:KOSHIGAYA GOLF CLUB
常設されているバーベキュー施設 写真:KOSHIGAYA GOLF CLUB
KOSHIGAYA GOLF CLUB クラブハウス外観
5月にリニューアルしたフードトラック 写真:KOSHIGAYA GOLF CLUB
常設されているバーベキュー施設 写真:KOSHIGAYA GOLF CLUB
そろそろ土用の丑の日ですね!

最新記事