真っすぐ飛ばん! 飛距離より安定性が欲しければ「短尺ドライバー」という選択肢

「ドライバーがうまく打てない人は短尺ドライバーがオススメだよ」というアドバイスを聞いたことがある人もいるでしょう。クラフトマン兼レッスンプロの関浩太郎氏に話を聞きました。

短尺ドライバーはビギナー向け

 ドライバーは、ゴルフクラブの中で最も長いクラブであり、難易度が高いクラブでもあります。ゴルフを始めたばかりのビギナーの中には、アイアンはそれなりに打てるようになってきたが、ドライバーは芯をとらえることができず、スライスしてしまうという人も多いかもしれません。

いつもドライバーが真っすぐ飛ばず落ち込むゴルファーも多いはず… 写真:AC
いつもドライバーが真っすぐ飛ばず落ち込むゴルファーも多いはず… 写真:AC

「ドライバーが真っすぐ飛ぶようになったらコースデビューしよう」と考えるビギナーも少なくないでしょう。そんなドライバーの中には「短尺ドライバー」と呼ばれる、一般的なドライバーとは少し異なるものが存在します。

 短尺ドライバーとは、一般的なドライバーよりもシャフトが短いドライバーのことを指し、45インチ以下ほどの長さになります。

 この短尺ドライバーは、ドライバーがうまく打てないビギナーにオススメだと、クラフトマン兼レッスンプロの関浩太郎氏は話します。

「シャフトを0.5インチ長くすると、ヘッドスピードは1メートル/秒ほど上がります。1インチ長くすれば、ヘッドスピードは2メートル/秒ほど上がり、ヘッドスピードが1メートル/秒上がると、飛距離は10ヤードくらい伸びます」

「飛距離が出るならシャフトは長いほうが良いと思うかもしれません。しかし、クラブの難易度は形状やロフト角によっても変わりますが、一番はクラブの長さに起因しています。アイアンで例えると、シャフトを1インチ伸ばせば番手が2つ大きくなるので、当然ながら難易度は高くなります」

「そのため、短尺ドライバーのようなシャフトが短いドライバーを使用すると、ヘッドスピードは上がりづらいですが、ミート率が上がるので結果的にボールが芯に当たりやすく方向性が安定します。特にビギナーは、一般的なドライバーをすぐに使いこなせる人は少ないと思うので、比較的易しい短尺ドライバーはオススメです」

 また、関氏は使用しているドライバーが打ちづらいと感じている人は、わざわざ短尺ドライバーに買い替えなくても、ゴルフ工房でシャフトをカットしてもらえば良いと話します。

「シャフトをカットすることは比較的簡単にできるので、ゴルフ工房や量販店でもやってくれるところがあると思います。私の経営しているゴルフ工房では、シャフトカットで500円、シャフトカットをするためにグリップを取らなければいけないので、新しいグリップへ交換するのに1200円、作業代含めてトータル2000円ほどでできます」

「持ってきたクラブを0.5~1インチ短くしてほしいと伝えるか、クラブを振れるスペースがあれば、ミート率を上げるためにクラブを短くしたいんですと伝えれば、最適なシャフトの長さを提案することができます」

長くしたい場合は新しいシャフトに交換を

 では、シャフトカットすることにデメリットは存在しないのでしょうか?

「シャフトカットには、チップ側(ヘッド側)とバット側(グリップ側)からカットしていく方法がありますが、バット側を0.5~1インチ短くても、しなる部分ではないので極端にシャフトが硬くなるようなデメリットはありません」

 しかし、継ぎ足して長くすると性能が落ちやすいので、再び長くしたい場合は新しいシャフトに交換したほうが良いそうです。

 また、関氏は「ゴルフが上達してきたらミート率を鑑みて徐々にシャフトを長くすると良い」とも話します。

「ドライバーを真っすぐ打ちたい」「ドライバーがうまく打てず悩んでいる」というゴルファーは、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【動画】いつかはこんな軌道を…全米女子アマを制した17歳・馬場咲希の“超絶”ドライバーショット
1 2

最新記事