スタートは何時がベスト? 芝の凍結や日没時間に悩まされる冬ゴルフの注意点

屋外でプレーするゴルフは、季節や気候によってコースの状態が異なることがあります。冬場のラウンドでは、どの時間帯からプレーを始めるのがよいのでしょうか。

9時台のスタートがオススメ?

 広大な自然を感じながらプレーできることがゴルフの魅力の一つですが、その一方で、季節や気候によってコースの状態が変化する側面もあります。

冬のゴルフ場はコースコンディションの維持にも一苦労 写真:AC
冬のゴルフ場はコースコンディションの維持にも一苦労 写真:AC

 夏場は1日の日照時間も長く、比較的遅い時間までゴルフを楽しむことができますが、冬場は日没が早く気温も低いため、夏場と同条件でラウンドすることは難しいでしょう。

 では、冬のラウンドは何時頃からプレーをスタートさせるのがよいのでしょうか。

 ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は、次のように話します。

「冬場の朝早いラウンドはかなり寒さを感じます。かといって遅い時間からスタートすると、後半は日が落ちてしまいプレーが難しくなります」

「ベストなスタート時間としては、9時台でしょうか。早すぎず遅すぎない時間を選ぶのが、もっともプレーしやすいと言えます」

 1ラウンドのプレー時間は、ゴルフ場の混み具合によっても変動しますが、週末や休日の混んでいる営業日であれば、5時間くらいかかることも珍しくありません。

 ここにハーフターンの休憩時間を1時間プラスすると計6時間。そして、スタートまでの準備や帰り支度なども加味すると、すべて終わるまでには7時間ほど要することになりそうです。

 仮に、9時にラウンドを開始したとすると15時頃にはコースを回り終えることができるので、冬場の日没時間にはなんとか間に合いそうです。

 ただ、ラウンドの進み具合は日によってばらつきがあるので、混雑日でのラウンドは余裕をもって8時半頃からプレーを開始しても良いかもしれません。

 一方、空いている平日の営業日であれば、4時間ほどで1ラウンドを終えられることもあるため、10時過ぎのプレー開始でもハーフターンで約1時間の休憩を含めて、15時にはコースを回りきることができるでしょう。

冬場の早朝は芝が凍結している可能性も

 冬場のラウンドで、特に早朝は寒さの影響で体が思うように動かせないこともありますが、芝の状態が万全ではない可能性も考えられます。

 飯島氏は、早朝の芝の状態について次のように説明します。

「冬場のコースは芝が凍結している可能性もあります。気温が特に低い早朝の時間帯に凍結してしまうことが多く、ゴルフ場側も営業後のグリーンをシートで覆うといった対策を施しているものの、完全には防げないのが実情です」

「特にアウトコースが北斜面に3ホール続くようなコースレイアウトの場合、早朝のラウンドでは芝が凍結していて、ボールが滑ってしまうことが考えられます。難しいところではありますが、正確なプレーをするためには、ある程度日が昇った時間帯からのラウンドがオススメでしょう」

 また、夏場は朝5時くらいからスタートできる早朝プランなどが用意されているゴルフ場もありますが、冬場のラウンドではそうはいきません。そのため、夏場に比べて冬場のほうが1組目のスタート時間が遅く設定されている場合がほとんどです。

 ゴルフ場側もさまざまな対策を講じているものの、やはり早い時間帯のスタートは凍結のリスクが必ずあります。従って、冬場に万全の状態でプレーするには9時台のスタートがベストと言えそうです。

 ただ、予約が埋まっていくのもこの時間帯が中心になるので、夏場よりも早めに予定を立てる必要があるかもしれません。

【動画】朝イチのショットを成功させるために…渋野日向子が実践する“ウォーミングアップルーティン”実際の映像
1 2

最新記事