人が少ないからやりたい放題!? 早朝&薄暮プレーに出没する「身勝手ゴルファー」の実態

エチケットやマナーが重要視されるゴルフ。ほとんどの人がモラルのある行動をしていますが、そうではないゴルファーも意外と多いのが実情だといいます。どんな「身勝手ゴルファー」がいるのでしょうか?

従業員の少なさに乗じる身勝手ゴルファーは多い

 春の訪れとともに早朝プレーや薄暮プレーに繰り出す人も多いでしょう。この時間帯のプレーはどこのゴルフ場も比較的リーズナブルな料金設定なのでお財布にやさしく、その点が人気のポイントです。

 また日中の時間帯よりプレーヤーも、そしてゴルフ場の従業員の数も少なめなので、カジュアルな気分でプレーできるところがいい、という声もよく耳にします。

 ところがこの「少なさ」に乗じて好き勝手ともいえる行動をするゴルファーがいます。早朝、薄暮プレーを実施しているゴルフ場はこのようなゴルファーの扱いにとても悩んでいるのです。そこで、ゴルフライターを2年間ほどお休みし、最近までコース管理の仕事に携わっていた私が、実際に目撃した「身勝手ゴルファー」を紹介します。

ヘタなのに“無断で”バックティー使用

 それではどんな「身勝手ゴルファー」がいるか少し紹介しましょう。

 最近は天候やコースコンディションによってフェアウェイへのカート乗り入れがOKというコースがあります。

 そのようなゴルフ場はたいていキャディーマスター室の周辺やクラブハウスの出入り口付近に「本日は乗り入れ可」、「本日は乗り入れ不可」といった掲示がしてあります。

フェアウェイ乗り入れが不可でも、早朝や薄暮だとこっそり乗り入れるゴルファーがいる!?
フェアウェイ乗り入れが不可でも、早朝や薄暮だとこっそり乗り入れるゴルファーがいる!?

 普通ならこの掲示を守ってプレーをしますが、早朝や薄暮になると「本日は不可」となっているにもかかわらず、平気で乗り入れるゴルファーが割と多いのです。

 茨城県のゴルフ場で男子トーナメントを開催している名門コースでも、このようなゴルファーが多く、頭を悩ませています。

「不可」という日の多くは前日が雨などでフェアウェイが軟らかいときです。そのような日にカートで走ってしまうとフェアウェイに轍(わだち)ができてしまうだけでなく、タイヤについた泥の跡がフェアウェイに黒く残ってしまいます。

 レギュラーティー以外の場所から申告もなくプレーするゴルファーも多いです。

 ブルー、ブラック、チャンピオンなどのティーは上級者やクラブ競技、トーナメントなどで使われることが多く、一般のビジターゴルファーはなかなか使用する機会がありません。そのせいか、ここぞとばかりに使用するゴルファーは後を絶ちません。

 レギュラーティーからのヤーデージが6000ヤード程のコースで、100切りできるかどうかというレベルの人が後ろのティーを使う意味はあまりありません。距離が長くなればスロープレーティング(相対的なコース難易度)の値も高くなるため、このレベルの人のスコアがよくなるはずがないのです。

「めったに使えないティーだから、使ってみたい」という気持ちはわからなくもないですが、後ろのティーを使ったぶんプレーが遅くなると、通常のスタート時間にも影響が出てしまいます。その日のプレーヤー全員が身勝手な行動のせいで毎ホール待つことになるのです。

最も多く迷惑なのは「複数のボールを打つプレーヤー」

【写真】悪天候の強い味方! 「ワークマン」から登場したゴルフ用レインウエアの画像と価格

画像ギャラリー

「INAREM PREMIUM アスレジャケット」(4900円、税込み)
「INAREM PREMIUM アスレジャケット」(4900円、税込み)
「INAREM 2WAY クライミングパンツ・アスレパンツ」(3900円、税込み)
「INAREM 2WAY クライミングパンツ・アスレパンツ」(3900円、税込み)
「INAREM 2WAY クライミングパンツ・アスレパンツ」(3900円、税込み)
「INAREM 2WAY クライミングパンツ・アスレパンツ」(3900円、税込み)
「WindCore ショットベスト」(3900円、税込み)
有名ブランドだと上下で数万円も珍しくない高機能レインウエアもワークマンなら8800円(上下、税込み)でそろう
酷暑ゴルフでは重宝しそうな「WindCore ショットベスト」(3900円、税込み)
フェアウェイ乗り入れが不可でも、早朝や薄暮だとこっそり乗り入れるゴルファーがいる!?
複数のボールを打ちながらプレーするのは、その後の進行に大きな影響を与える 写真:unsplash
1 2

最新記事