ビギナーは7番アイアンを集中的に練習すべき!? ドライバーで飛距離を出すことよりも大事なこととは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

ビギナーは7番アイアンを集中的に練習すべき!? ドライバーで飛距離を出すことよりも大事なこととは?

「ゴルフクラブにはさまざまな種類がありすぎて、どれから練習すればいいか分からない…」というゴルファーは多いかもしれません。ビギナーは、まずどのクラブから練習するのが合理的なのでしょうか?

初心者は7・8番アイアンを重点的に練習する

 ゴルフクラブには、大きく分けて「ドライバー」、「ウッド」、「ユーティリティー」、「ウェッジ」、「パター」の5種類があります。これからゴルフを始めようと考えている人は、まずそれぞれのクラブにどのような役割があるのか、どのくらい飛距離が出るのかを覚えていく必要があります。

全てを満遍なく打てなくも7番、8番アイアンを重点的に練習する 写真:AC
全てを満遍なく打てなくも7番、8番アイアンを重点的に練習する 写真:AC

 ルール上、ラウンドでは14本までクラブを持ち込むことができるので、全てのクラブを満遍なく打てなければ「ラウンドデビュー」してはいけない、と思い込んでいるビギナーも一定数います。

 しかしレッスンプロの山本昌夫氏は「とりあえず7番もしくは8番アイアンのどちらか1本を、重点的に練習するだけでいい」と話します。

「私の生徒さんのなかでも、『いろんなクラブがありすぎて、なにから練習すればいいか分からない…』という人が結構いました。結論としてビギナーは、まず7番か8番アイアンのどちらかをある程度打てるようになるまで練習するのが効率的です」

「先日のマスターズを見ていても、やはり飛距離を出せるというのはかなり脚光を浴びるので憧れる人も多いと思いますが、上位に入ってくる選手は全員アイアンがうまいです」

「いくらドライバーで飛距離を出せたとしても、アイアンが打てなければスコアは出せないので、まず7番か8番アイアンを重点的に練習しましょう」

 7番アイアンはクラブのなかでも、クラブ長が長すぎず短すぎずの中間にあたるので、ビギナーが練習するには最適なクラブともいえます。

 昨今では、6番や7番からのアイアンセットが増えてきているので、8番アイアンが中間のクラブという考え方もできます。どちらを選ぶかは好みが分かれると思うので、自身で決めると良いでしょう。

ボールが真っすぐ飛ばなくても気にする必要はない

【写真解説】ミート率を上げてスコアアップ! 手首をタテに使ったスイングの作り方

画像ギャラリー

バックスイングでも手首を親指側に折り、フォローでも手首を親指側に折るイメージを持つ
クラブを持った両手を自分から見て反時計回り回転させる
腕を固定していても手首をタテに使うだけで、クラブを大きく動かせる
手首をタテに使うと腕を大きく動かさなくてもクラブを大きく動かせる
バックスイングでもフォローでもヘッドが頭の高さぐらいにくるまでは体のラインよりも前にキープ
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
ノーコックだとバックスイングで体が起き上がったり、左足に体重が乗ってしまう
ノーコックだとバックスイングで体が起き上がったり、左足に体重が乗ってしまう
全てを満遍なく打てなくも7番、8番アイアンを重点的に練習しよう 写真:AC
100球の内アイアンのフルショットとハーフショットを80球、最後の20球はドライバー練習がベスト 写真:AC
1 2

最新記事