避けても避けても吸い込まれる…池や谷を目の前にすると決まってミスするのはなぜ? 対策は? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

避けても避けても吸い込まれる…池や谷を目の前にすると決まってミスするのはなぜ? 対策は?

池や谷を目の前にすると、どうしてもミスショットをしてしまうというゴルファーは多いかもしれません。効果的な対策はあるのか、レッスンプロの山本昌夫氏に話を聞きました。

池や谷を意識して目線が落ちてしまう

 ゴルフコースでは平らできれいに芝が刈られたフェアウェイからショットが打てるとは限りません。ときには立っていることすら難しい急斜面や、アゴが高いバンカーからショットを打たなければならないこともあります。

 また、ティーイングエリアはもちろんフェアウェイからなど、ライが良くても目の前に池や谷があるだけで普段どおりのショットができなくなるアマチュアゴルファーも少なくありません。池や谷にボールが落ちてしまうと回収することは困難なので、なるべく避けたいところです。

普通に打てれば入りそうもない池でも意識し始めるともうダメ… 写真:AC
普通に打てれば入りそうもない池でも意識し始めるともうダメ… 写真:AC

 なぜ池や谷を目の前にすると、ミスショットしてしまうのでしょうか。レッスンプロの山本昌夫氏は以下のように話します。

「やはり一番の原因は、池や谷を意識して目線が落ちてしまうからだと思います。そうすると、どうしてもスイングが縮こまってしまい、いつも通りのスイングができなくなってしまいます。ですから、目線を下げず胸を張って遠くのフェアウェイセンターを見ながらアドレスをとるのが効果的です。とにかく目線を下げないように意識すると、ミスショットになる確率は格段に減るでしょう」

 ゴルファーの中には「池越えや谷越えショットが苦手だから」で片付けてしまう人もいますが、無意識のうちにスイングに悪影響を与える行動をとっている可能性があります。

プレッシャーがかかるとスイングテンポが崩れる

 また「池を越えるためにはボールを高く上げなければ」という意識が強くなりすぎてしまい、力が入りすぎてしまったりアッパースイングになりやすかったりもします。普段通りのショットを打てれば、問題なく越えていくことがほとんどなので、リラックスして打つことが大切です。さらに山本氏は「無意識のうちにスイングリズムが崩れる場合もある」と話します。

「池や谷越えもそうですが、プレッシャーのかかる場面では自然とスイングテンポが崩れてしまいがちです。スイングテンポが分からなくなってしまった場合は、その場で足踏みをしてテンポを確かめてから打つようにするといいでしょう。ラウンドでいきなりテンポを意識してもうまくいかないので、練習場から取り入れていきます。ラウンド中に突然スイングが崩れてしまった際も、同様に足踏みをするようにすると立て直しのヒントになります」

 スイングのテンポは、ゆっくり歩く人はゆっくりになり、速く歩く人は速くなる傾向が強いそうです。プロゴルファーの中には、音楽やメトロノームを聞きながらスイングテンポを確認する人もいるそうなので、スイングテンポが確立していないアマチュアゴルファーは足踏みを頻繁に行うなどして身に付けるといいかもしれません。

 池や谷越えのショットの際は、一度落ち着いて上記のようなポイントを確認してからスイングに入るといいでしょう。

【写真】これは無理ゲー…鬼才ピート・ダイ設計 日本にある“恐怖の浮島グリーン”3選

画像ギャラリー

設計コンセプトの集大成ともいえる、PGMマリアGLの17番ホールの浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
両サイドにいくつものマウンドが連なるPGMマリアGLの9番ホール 写真:ゴルフ場提供
日本庭園を思わせるPGMマリアGLの18番ホールの白砂バンカー 写真:ゴルフ場提供
南国情緒を醸すPGMマリアGLのクラブハウス外観。最寄りの圏央道・木更津東ICから約5kmとアクセスも便利 写真:ゴルフ場提供
PGMマリアGLでは『大人のリゾートハウス』をテーマに、華やかさと落ち着きを兼ね備えたロビーがゴルファーを迎える 写真:ゴルフ場提供
新・西山荘CC17番ホールの浮島グリーン。スリリングな興奮を味わおう 写真:ゴルフ場提供
超ロングバンカーが強烈な存在感を示す新・西山荘CCの6番ホール 写真:ゴルフ場提供
常連のプレーヤーが「火星のよう」と表現する新・西山荘CC13番ホール。難易度も他の星レベル!? 写真:ゴルフ場提供
コースだけでなく、クラブハウスも個性的な新・西山荘CC 写真:ゴルフ場提供
ピートダイGCロイヤルC8番の浮島グリーン。コースは、ピート・ダイの設計理念がギュッと凝縮された造りになっている 写真:ゴルフ場提供
距離感を合わせるのが難しいピートダイGCロイヤルCの12番ホール。アゲンストの風も難易度を上げる 写真:ゴルフ場提供
三角屋根が特徴のピートダイGCロイヤルCのクラブハウス。コースは栃木県の北西部に位置する 写真:ゴルフ場提供
普通に打てれば入りそうもない池でも意識し始めるともうダメ… 写真:AC

最新記事