大ダフリで友人のドライバーをポッキリ… 借りたクラブで練習する際に気をつけるべきことは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

大ダフリで友人のドライバーをポッキリ… 借りたクラブで練習する際に気をつけるべきことは?

練習場で初めてボールを打つ人のなかには、クラブを破損させてしまうのではないかと、フルスイングすることをためらう人が一定数います。実際に練習場でクラブを破損させてしまうことはあるのでしょうか?

練習場でクラブを破損する一番の原因は“マン振り”で地面を打つ

 ゴルフを気軽に体験できる練習場は、コースのように遠方に赴く必要がなく厳しいドレスコードもないので、必要最低限の道具や服装で気軽に楽しむことができます。

 初めて練習場に行くきっかけは、既存ゴルファーや、ゴルフを嗜む両親から誘われるケースが多いようです。ゴルフクラブを持っていなくてもレンタルできる練習場もあるので、運動できる服装さえしていれば、ゴルフを体験することができます。

ドライバーを力いっぱいスイングして地面を叩くことがクラブを折る原因になる 写真:AC
ドライバーを力いっぱいスイングして地面を叩くことがクラブを折る原因になる 写真:AC

 全くの初心者であっても楽しめるゴルフ練習場ですが、最近始めた20代男性はゴルフクラブを振るのに怖さを覚えたと話します。

「私は野球経験があるので飛距離を出せる自信はありました。そのため、ゴルフクラブでどのくらい飛ばせるのか試してみたかったのですが、ドライバーをフルスイングするのが怖かったです」

「野球のバットのような頑丈さがあるように思えずインパクトの位置も定まらなかったので、変なところを打って折れてしまうのではないかと感じました」

 練習場では全員が横並びになって打つため、隣で練習しているゴルファーにすっぽ抜けたクラブが当たってしまったり、ミスショットが飛んでいったりしないか不安に感じる人もいるそうです。

 では、実際に練習場でゴルフクラブが折れることはあるのでしょうか。東京都世田谷区の千歳ゴルフセンター代表で全日本ゴルフ練習場連盟会長を務める横山雅也氏は以下のように話します。

「ドライバーを折ってしまう人は結構いますね。基本的には体格が良くて力のある男性が、ドライバーを力いっぱいスイングしてボールではなく地面を打ってしまい、折れたという話はよく聞きます」

「結局、ドライバーを折ってしまうのは野球のバットのように振り回してしまうことが原因です。バットは空中を振りますがドライバーは地面すれすれを振るので、その感覚が養われていない人が振ると地面を強い力で打ってしまいます」

 一方で、打席に設置されているボールを配給する機械や、打席を区切るために置かれている木板を打ってクラブを折ってしまう人はほとんどいないそうです。

友人にクラブを借りるならゴルフ保険の内容を確認するのがベター

 ドライバーやクラブを破損させない対策については、横山氏は以下のように話します。

「とにかく慣れるまでは、ドライバーでフルスイングを控えるのがいいと思います。アイアンやウェッジを重点的に練習して、問題なく打てるようになってからドライバーで力を入れて振るのがベターです」

ドライバーのフルスイングが怖い人はアイアンから練習する 写真:AC
ドライバーのフルスイングが怖い人はアイアンから練習する 写真:AC

「スコアを追求していくうえでは、飛距離よりも真っすぐ打つほうが重要なので、方向性を意識してみるのもオススメです」

 コロナ禍以降、複数人で練習場を訪れる人の割合が増加傾向にあり仲間内で「遠くにボールを飛ばそう」と盛り上がりすぎてしまった結果、ゴルフクラブを破損してしまうことも考えられます。

 ドライバーは1本5万円を超えるものも珍しくないので、友人から借りて練習する場合はより気をつけるべきです。

 仮にゴルフ保険に加入していたとしても、友人にクラブを貸して破損した場合は、補償対象外となるものもあるので、契約内容を確認して貸し借りの判断をしたほうが良さそうです。保険の対象に受託物(友人のクラブやレンタルクラブ)を含めることができる保険商品もあるので、頻繁に使用する機会がある人はつけ加えを検討してみてもよいでしょう。

 練習場のレンタルクラブの場合は、一般的に練習場が保険に加入しています。耐用年数もあるので、故意に破損させたわけでなければ基本的に責任は問われないそうです。

【写真解説】手首をタテに使ったスイングの作り方でミート率を上げる!

画像ギャラリー

バックスイングでも手首を親指側に折り、フォローでも手首を親指側に折るイメージを持つ
クラブを持った両手を自分から見て反時計回り回転させる
腕を固定していても手首をタテに使うだけで、クラブを大きく動かせる
手首をタテに使うと腕を大きく動かさなくてもクラブを大きく動かせる
バックスイングでもフォローでもヘッドが頭の高さぐらいにくるまでは体のラインよりも前にキープ
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
手首をタテに使ったスイングを身につけることで、飛距離と方向性アップが十分期待できる
ノーコックだとバックスイングで体が起き上がったり、左足に体重が乗ってしまう
ノーコックだとバックスイングで体が起き上がったり、左足に体重が乗ってしまう
ドライバーを力いっぱいスイングして地面を叩くことがクラブを折る原因になる 写真:AC
ドライバーのフルスイングが怖い人はアイアンから練習する 写真:AC

最新記事