サッカーの天才にもゴルフは難しい? イニエスタが“はじめてのレッスン”を受ける動画が公開 “先生”はバルセロナの同級生!?

DPワールドツアーが公式Xを更新。昨年7月に日本のヴィッセル神戸を退団した元スペイン代表のレジェンド、アンドレス・イニエスタが“はじめてのゴルフレッスン”を受ける動画を公開しました。

欧州ツアー開催都市のクラブでプレー中

 DPワールドツアーが公式Xを更新。昨年7月に日本のヴィッセル神戸を退団した元スペイン代表のレジェンド、アンドレス・イニエスタが“はじめてのゴルフレッスン”を受ける動画を公開しました。

パブロ・ララサバルのインスタグラム(@plarrazabal)より
パブロ・ララサバルのインスタグラム(@plarrazabal)より

 現在UAEのエミレーツクラブに在籍するイニエスタ。今週の同ツアー「ラアス・アルハイマ選手権」が開催されるラアス・アルハイマを本拠地とするチームであることから、ツアー会場を訪れたようです。

 しかし、実はこの訪問にはもう一つの強力な“ご縁”が。動画でイニエスタにレッスンをしているパブロ・ララサバルは小さい頃FCバルセロナの育成組織「ラ・マシア」に入っており、そこに後から入ってきた一つ年下のイニエスタと2年半にわたって机を並べる友達だったといいます。

 以来、少しの中断はあったものの、27年間、友人関係を維持しているといいます。

 さて、イニエスタのゴルフスイングはというと、動画を見る限り、ほぼクラブを握ったこともないと見て間違いなさそうです。

 ララサバルから基本的なグリップやアドレス、振り方などを教わって打ってみるものの、ボールはボテボテっと転がって50ヤードも飛びません。

 それを見たララサバルはグリップがウイークになり過ぎているためフックに握ること、トップで左手首が甲側に折れないようにすることをアドバイス。

 するとイニエスタは見事に上がった球を打つことに成功。サムアップと彼らしいはにかんだような笑顔で喜びを表していました。

アンドレス・イニエスタ

1984年生まれ、スペイン出身のサッカー選手。FCバルセロナの下部組織を経て2002年に同クラブのトップチームデビュー。クラブでは国内リーグやUEFAチャンピオンズリーグ、スペイン代表でもW杯、欧州選手権の優勝に貢献。18年には日本のヴィッセル神戸に移籍し、23年退団。現在はUAEのエミレーツクラブに在籍している。

パブロ・ララサバル

1983年生まれ、スペイン出身。米国への留学を経て2002年にプロ転向。当初は苦戦し初優勝は08年となったが、以来、DPワールドツアー(欧州ツアー)で9勝を挙げている。

【動画】これがスペイン代表レジェンドの“はじめてゴルフ”実際の映像です

この記事の画像一覧へ(6枚)

画像ギャラリー

堀琴音のインスタグラム(@kotokotohori)より
堀琴音のインスタグラム(@kotokotohori)より
堀琴音のインスタグラム(@kotokotohori)より
堀琴音のインスタグラム(@kotokotohori)より
堀琴音のインスタグラム(@kotokotohori)より
パブロ・ララサバルのインスタグラム(@plarrazabal)より
1 2 3

最新記事