「この優勝が奇跡だと言われないように」 臼井麗香が優勝後初のSNS更新 悲願の初Vから一夜明け思いをつづる

プロゴルファーの臼井麗香(うすい・れいか)が自身のインスタグラムを更新。ツアー初優勝を成し遂げた「アクサレディスゴルフトーナメント」の戦いを振り返りました。

「たくさんの応援をありがとうございました」

◆国内女子プロゴルフ<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 3月22~24日 UMKカントリークラブ(宮崎県) 6545ヤード・パー72>

 女子プロゴルファーの臼井麗香が自身のインスタグラムを更新。戦いを終えた現在の心境を明かしました。

臼井麗香のインスタグラム(@usuireika54)より
臼井麗香のインスタグラム(@usuireika54)より

 国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント」は悪天候によるコースコンディション不良のため最終ラウンドが中止に。

 規定により、2日目終了時で単独首位に立っていた臼井が通算13アンダーで初優勝。“黄金世代”とも称される1998年度生まれの選手として14人目の快挙を成し遂げました。

 臼井は優勝から一夜明けた25日にアップした投稿で「初優勝を挙げることができました」「たくさんの応援をありがとうございました」と報告。

 続けて「2022年2023年は成績を出すことができず、とてもツラく長い時間を過ごしましたが」とシード喪失以降も結果が出せず、もがき苦しんだこれまでの日々を振り返るとともに、「そんな時でも周りの人に助けられ諦めずに応援してくださった人のお陰で、優勝することができました」と悲願の初優勝を手にした喜びを伝えました。

 さらに臼井は「この優勝が奇跡だと言われないように2勝目が1勝目だと思う気持ちで日々練習に励みたいと思います」とつづり、最後に「結果で応援していただいている人に恩返しができるように頑張るので、これからも応援よろしくお願いいたします」と今後に向けた意気込みを力強くコメント。

 投稿には臼井の優勝を一番近くで支えた市原大輔キャディーとの2ショット写真が公開され、ファンからは「レイチェルおめでとう!」「ずっと待ってました」「ストイックな練習のたまものですね」「感動しました」「チャンピオンにふさわしい」など祝福の声が多数寄せられています。

臼井 麗香(うすい・れいか)

1998年12月7日生まれ、栃木県出身。渋野日向子、畑岡奈紗、原英莉花らツアーを席巻してる「黄金世代」の一人。2018年にプロ入り。24年「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」で黄金世代14人目の初優勝を飾った。愛称は「レイチェル」。

【動画】涙の初優勝…黄金世代14人目の快挙を成し遂げた臼井麗香“初Vの軌跡”をプレイバック

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

臼井麗香のインスタグラム(@usuireika54)より
1 2

最新記事