「印の付け方が甘かった」 鶴岡果恋が失格処分を受けコメント発表 明日開幕「サントリーレディス」も欠場へ

前週の「ヨネックスレディス」で9位に入っていた女子プロゴルファーの鶴岡果恋(つるおか・かれん)が自身のインスタグラムを更新。スコア誤記による失格処分を受けてコメントを発表しました。

「嘘をつこうなどゴルフ人生で一度も思ったことも感じたこともありません」

◆国内女子プロゴルフ <ヨネックスレディス 5月31日~6月2日 ヨネックスカントリークラブ(新潟県) 6339ヤード・パー72>

 女子プロゴルファーの鶴岡果恋が自身のインスタグラムを更新。コメントを発表しました。

スコア誤記による失格処分を受けた鶴岡果恋 写真:Getty Images
スコア誤記による失格処分を受けた鶴岡果恋 写真:Getty Images

 鶴岡は前週開催された国内女子ツアー「ヨネックスレディス」で9位に入っていたものの、最終日17番のスコアが実際は「6」(ダブルボギー)だったにもかかわらず、「4」(パー)と記入してスコアカードを提出していたことが判明し、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は4日に失格処分を発表。

 これを受けて鶴岡は5日にアップした投稿で「関係者各位、ファンの皆様に多大なるご迷惑をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と謝罪。そして、今回の経緯を以下のように説明しました。

「最終日、最終組で迎えた17番ホールにて、第一打目が右のOB方向へ行ったので、念の為暫定球を打つ選択をし、その場でボールに印を付けました。セカンド地点でボールをピックアップし、確認したところ、ティーイングエリアでマークした印が無かったので、本球だと自己判断し、第2打目としてプレーをしました」

「アテスト終了後、帰路の途中で協会より電話があり、今回ご指摘を受けた映像を自分でも確認したところ、私が打ったボールは暫定球だったことが判明しました」

 また、「この時点で自分がティーイングエリアで付けたマークが消えてしまっていたという事を初めて認識し、印の付け方が甘かったことによるものだと、猛省をしている次第です」とつづり、さらに「自分自身つねに正直誠実にプレーしています。決して嘘をつこうなどゴルフ人生で一度も思ったことも感じたこともありません。ですがこの一件でそう感じさせてしまった事を深く反省しています」と続けた鶴岡。

 最後に「いつも応援してくださる皆様、ゴルフ関係者の皆様、同伴競技者の方々にご迷惑をお掛けしましたことを、この場を借りて深くお詫び申し上げます」と改めて謝罪を述べ、「二度と同じ事を繰り返さないように気を引き締めて、残りのシーズンを全力で頑張って参りますので、今までと変わらぬ応援をしてくださるとうれしいです」と記して投稿を締めくくりました。

 なお、鶴岡は6日に開幕する「サントリーレディス」(兵庫県・六甲国際ゴルフ倶楽部)への出場が予定されていたものの、大会事務局は5日に欠場を発表。ウェイティングだったイ・ナリが、繰り上がりで出場することが合わせて発表されています。

鶴岡 果恋(つるおか・かれん)

1999年8月20日生まれ、神奈川県出身。2018年にプロテスト合格。同期の稲見萌寧とともに「黄金世代」「プラチナ世代」に挟まれた「狭間世代」と呼ばれている。2020-21年シーズンはメルセデス・ランキング55位で、翌年の前半戦出場権を獲得。23年シーズンは惜しくもシード権を逃す。明治安田生命所属。

【写真】「美人姉妹」のような菅沼菜々&鶴岡果恋のオフショットが公開された実際の投稿

【写真】鶴岡果恋は現状3位…後半戦の出場権を懸けた“暫定リランキング” トップ10の顔ぶれは?(6月4日更新)

画像ギャラリー

1位 河本結(521.01) 愛媛県出身 写真:Getty Images
2位 小林夢果(331.91) 埼玉県出身 写真:Getty Images
3位 鶴岡果恋(307.07) 神奈川県出身 写真:Getty Images
4位 柏原明日架(305.53) 宮崎県出身 写真:Getty Images
5位 小林光希(302.01) 岡山県出身 写真:Getty Images
6位 藤田かれん(262.35) 滋賀県出身 写真:Getty Images
7位 脇元華(256.41) 宮崎県出身 写真:Getty Images
8位 工藤遥加(216.61) 埼玉県出身 写真:Getty Images
9位 宮澤美咲(211.55) 北海道出身 写真:Getty Images
10位 大里桃子(201.91) 熊本県出身 写真:Getty Images
スコア誤記による失格処分を受けた鶴岡果恋 写真:Getty Images
1 2

最新記事