圧巻バーディー! 前回覇者・岩井千怜が沈めた“迷いのない”堂々たる一打に称賛の声 「いい転がりでした」

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式X(旧ツイッター)が更新。「宮里藍サントリーレディスオープン」初日の7番パー4で、岩井千怜(いわい・ちさと)が決めたバーディーパットが動画で公開されました。

「昨年のチャンピオン岩井千怜がロングパットを沈めバーディー獲得」

◆国内女子プロゴルフ<宮里藍サントリーレディスオープン 6月6〜9日 六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県) 6526ヤード・パー72>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のX(旧ツイッター)が更新。岩井千怜が沈めたバーディーパットが動画で公開されました。

ディフェンディングチャンピオンの岩井千怜 写真:Getty Images
ディフェンディングチャンピオンの岩井千怜 写真:Getty Images

 6月6日に開幕した国内女子ツアー「宮里藍サントリーレディスオープン」。ディフェンディングチャンピオンの岩井が、初日の7番パー4の第3打で見せたパッティングに注目が集まっています。

 前週は「全米女子オープン」に出場し、19位フィニッシュと好成績を残した岩井。アメリカから帰国後、即出場となった国内戦で見事なバーディーパットを披露しました。

 インスタートの前半をイーブンで終え、後半に入りスコアを1つ落として迎えた7番ホール。2オンに成功したもののカップまで長い距離がある中で岩井が見せたパッティングは一直線にピンへ向かい、ボールは吸い込まれるように見事カップイン。驚きの一打を見せつけました。

 Xには「昨年のチャンピオン岩井千怜がロングパットを沈めバーディー獲得」とコメントが添えられた実際の映像が公開。実況アナウンサーも「いい転がりでした」と岩井のパッティングを称賛し、ギャラリーからはカップインの瞬間に「おおーーーっっ!」と歓声と大きな拍手が送られる様子が収められています。

 岩井はこの日5バーディー、3ボギーの「70」で回り、2アンダーでホールアウト。好調な滑り出しを見せて初日の戦いを終えました。

岩井 千怜(いわい・ちさと)

2002年7月5日生まれ、埼玉県出身。双子の姉・明愛(あきえ)とともに、高校ゴルフの名門・埼玉栄高のダブルエースとして活躍。同校を8年ぶりの全国高等学校ゴルフ選手権・団体戦優勝に導くなどした。21年にプロテスト合格。22年は「NEC軽井沢72ゴルフ」で初優勝、翌週の「CAT Ladies」で2週連続優勝を達成。24年は開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」、「RKB×三井松島レディス」で勝利を挙げた。Honda所属。

【動画】「おおーーーっっ!」これがディフェンディングチャンピオン・岩井千怜の迷いのない“堂々”パッティング 実際の映像です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

ディフェンディングチャンピオンの岩井千怜 写真:Getty Images
1 2

最新記事