笹生優花がゴルフアパレル「T-MAC」とパートナーズ契約 「愛情と努力を持って物事に望めば、なんでもできる」

2021年の「全米女子オープン」を制覇したプロゴルファーの笹生優花が、ゴルフアパレルブランド「T-MAC」とのパートナーズ契約を締結したと発表しました。

「ゴルフを楽しむ」ことをティーマックがサポートしてくれる

 2021年の「全米女子オープン」を制覇したプロゴルファーの笹生優花が、株式会社オッジ・インターナショナルが展開するゴルフアパレルブランド「T-MAC(ティーマック)」とのパートナーズ契約を締結したと発表しました。

ゴルフアパレルブランド「T-MAC」とのパートナーズ契約を発表した笹生優花

「T-MAC」は「できないことはないと信じ、スポーツを通して楽しいライフスタイルを提供する」をコンセプトに、ゴルフ好きとして知られる、元NBAプレーヤーのトレーシー・マグレディーが生み出したゴルフブランド。

 契約締結について笹生は「『ゴルフは楽しいものである』また『愛情と努力を持って物事に望めば、なんでもできる』という同じ信念を持つティーマックのウエアを着て、その一員として、LPGAツアーに臨むことにワクワクしています。『ゴルフを楽しむ』ことを、ティーマックがサポートしてくれるでしょう」とコメントしています。

 笹生は、6月23日から行われる海外女子メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」に出場予定。

笹生 優花(さそう・ゆうか)

2001年6月20日生まれ、20歳。フィリピンで生まれ、8歳からゴルフを始めた。2018年のアジア競技大会や2019年の女子ジュニアPGA選手権で注目を集め、同年11月にプロ転向。2021年からLPGAツアーに参戦し、6月の全米女子オープンで優勝、メジャー制覇とともにLPGAツアー初優勝を飾った。また、同年の東京オリンピックではフィリピン代表として出場し、11月に日本国籍を取得した。

この記事の画像一覧へ(6枚)

画像ギャラリー

2021年全米女子オープン。畑岡奈紗とのプレーオフを制した笹生優花 写真:Getty Images
2021年全米女子オープン。畑岡奈紗とのプレーオフを制した笹生優花 写真:Getty Images
2021年全米女子オープン。畑岡奈紗とのプレーオフを制した笹生優花 写真:Getty Images
2021年全米女子オープン。畑岡奈紗とのプレーオフを制した笹生優花 写真:Getty Images
ゴルフアパレルブランド「T-MAC」とのパートナーズ契約を発表した笹生優花
ゴルフアパレルブランド「T-MAC」とのパートナーズ契約を発表した笹生優花

最新記事