なぜ“基本”は重要なのか? 今季活躍のベテラン・谷原秀人と申ジエの強いゴルフに学ぶ

多くのツアープロのコーチとして活躍している石井忍氏が、“ここはスゴイ”と思った選手やプレーを独自の視点で分析します。今回注目したのは、今シーズン優勝した2人のベテラン、谷原秀人(たにはら・ひでと)と申ジエ(しん・じえ)です。

基本をしっかり守った谷原秀人と申ジエ

 今シーズンの国内ツアーは男女とも後半戦に入りましたが、引き続き若手の台頭が続く一方で、先週約2年ぶりに勝利した鈴木愛をはじめ、男子でも岩田寛らベテラン勢の優勝が注目を集めました。中でも6月の最終週から7月はじめに行われた男女ツアーでは、ともにベテランの谷原秀人と申ジエが優勝しています。

左にハザードがあっても左にしっかり振りぬくという基本が谷原秀人のゴルフの強さ 写真:JGTOimages
左にハザードがあっても左にしっかり振りぬくという基本が谷原秀人のゴルフの強さ 写真:JGTOimages

 ジャパンゴルフツアーの選手会が主催した「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品」で優勝したのは、44歳の選手会長、谷原秀人選手でした。初優勝を狙う20歳の長野泰雅選手とのプレーオフを制し、通算18勝目を挙げました。

 一方、「アース・モンダミンカップ」は通算13アンダーで並んだ申ジエ選手と岩井明愛選手のプレーオフという展開となり、この戦いを制したのは、35歳の申ジエ選手でした。申選手は、この優勝で日本ツアー通算30勝目を達成しています。ちなみに、永久シード獲得の条件は30勝ですが、国内女子ツアーメンバー登録前の1勝と米女子ツアーメンバーとして出場して優勝した1勝は通算勝利数に含まれません。そのため、申選手は、あと2勝で永久シードを獲得することができます。

 そんな谷原選手と申選手のプレーオフを見て、あらためて感じたのは“ゴルフの基本”の重要性です。

「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ」のプレーオフは、左サイドに大きな池がある18番パー4を使って行われました。フェードボールが持ち球の谷原選手は、このシチュエーションで池の淵を向いてスタンスを決め、左に振り抜いてティーショットを打ちました。

 フェードヒッターは、左を向いて構え、左に振り抜くのがセオリー。しかし、左サイドにハザードがある状況では、左を向いて構えづらくなるものです。谷原選手は「左を向いてスタンスをとる」というアドレスの基本をしっかり守ってフェアウェイにボールを運びました。その後、2打目でグリーンをとらえ、2パットでパー。長野選手はこのホールをボギーとし、プレーオフ1ホール目で決着がつきました。

 一方、パー5の18番で行われた「アース・モンダミンカップ」のプレーオフ。こちらも1ホール目で勝負がつきました。申選手のプレーから感じた“ゴルフの基本”とは、マネジメントの大切さです。3オン狙いの申選手は、2打目をレイアップし、残り85ヤードにボールを運びます。申選手にとって85ヤードは、54度でしっかり振れる距離。つまり、得意な距離を残したわけです。実際、3打目はピン奥に着弾し、スピンバックしてピン手前1.5メートルへ。バーディーパットを沈めて優勝を手にしています。

スコアメイクに大切なアドレスとマネジメントの基本に立ち返る

コースマネジメントの巧みさで今季も2勝を挙げている申ジエ 写真:Getty Images
コースマネジメントの巧みさで今季も2勝を挙げている申ジエ 写真:Getty Images

 谷原選手から感じた“アドレスの基本”をスライサーに置き換えるなら、右を向いて構えることを徹底することが大切。インサイド・アウト軌道で振りやすくなり、ボールがつかまるようになるからです。しかし、右に曲がることを怖がったり、右サイドにハザードがある状況では、右を向いて構えづらくなるもの。そんな時でも、しっかり右を向いて構えることで、曲がり幅を抑えることができます。

 また、申選手のように得意な距離でグリーンを狙うには、ティーイングエリアからプランを立てることがポイント。攻略ルートをイメージすると、「わざわざ長い番手を持つ必要がない」など、別のアイデアが浮かんでくるかもしれません。

 アドレスとマネジメントが大切なことは、みなさんよく理解していると思います。しかし、プレー中は意外とおろかにしてしまう部分でもあります。今回取り上げた2人のベテラン選手のようにゴルフの基本を常に頭に入れておくと、スコアメイクしやすくなるはずです。

谷原 秀人(たにはら・ひでと)

1978年生まれ、広島県出身。2006年は2勝を挙げて賞金ランキング2位と躍進。同年は全英オープンで5位に入る活躍もみせた。18、19年は欧州ツアーを主戦場にプレー。選手会長に就任した22年の最終戦JTカップでは大会連覇を達成している。23年はジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品で通算18勝目を挙げた。国際スポーツ振興協会所属。

申 ジエ(しん・じえ)

1988年、韓国出身。日本ツアーでの初勝利は2008年。同年は、全英リコー女子を含む米女子ツアー4勝を挙げる。09年に米ツアーの賞金女王に輝き、翌年は世界ランキング1位に。14年から主戦場を日本ツアーに移し、23年アース・モンダミンカップでは国内ツアー通算30勝目(国内ツアー・ノンメンバーでの2勝を含む)を達成した。スリーボンド所属。

【解説】石井 忍(いしい・しのぶ)

1974年生まれ、千葉県出身。日本大学ゴルフ部を経て1998年プロ転向。その後、コーチとして手腕を発揮し、多くの男女ツアープロを指導。「エースゴルフクラブ」を主宰し、アマチュアにもレッスンを行う。

【1本110万円】フルセットで500万円オーバー! 「マジェスティ セレスティアル」の驚がくの価格と詳細画像

画像ギャラリー

マジェスティ セレスティアル ドライバー 価格:110万円(税込み)
マジェスティ セレスティアル ドライバー 価格:110万円(税込み)
マジェスティ セレスティアル ドライバー 価格:110万円(税込み)
マジェスティ セレスティアル ドライバー 価格:110万円(税込み)
マジェスティ セレスティアル フェアウェイウッド 価格:63万8000円(税込み)
マジェスティ セレスティアル フェアウェイウッド 価格:63万8000円(税込み)
マジェスティ セレスティアル フェアウェイウッド 価格:63万8000円(税込み)
マジェスティ セレスティアル フェアウェイウッド 価格:63万8000円(税込み)
マジェスティ セレスティアル ハイブリッド 価格:41万8000円(税込み)
マジェスティ セレスティアル ハイブリッド 価格:41万8000円(税込み)
マジェスティ セレスティアル ハイブリッド 価格:41万8000円(税込み)
マジェスティ セレスティアル ハイブリッド 価格:41万8000円(税込み)
マジェスティ セレスティアル アイアン 価格:132万円(4本セット・7~9番・PW、税込み)、単品は1本33万円(税込み)
マジェスティ セレスティアル アイアン 価格:132万円(4本セット・7~9番・PW、税込み)、単品は1本33万円(税込み)
マジェスティ セレスティアル アイアン 価格:132万円(4本セット・7~9番・PW、税込み)、単品は1本33万円(税込み)
マジェスティ セレスティアル アイアン 価格:132万円(4本セット・7~9番・PW、税込み)、単品は1本33万円(税込み)
「マジェスティ セレスティアル」ドライバー用ヘッドカバー
「マジェスティ セレスティアル」アイアン用ヘッドカバー
マジェスティ セレスティアル ドライバー 価格:110万円(税込み)
マジェスティ セレスティアル ドライバー 価格:110万円(税込み)
「マジェスティ セレスティアル」シリーズ
マジェスティ セレスティアル アイアン 価格:132万円(4本セット・7~9番・PW、税込み)、単品は1本33万円(税込み)
強烈なインパクトがある大きなスワロフスキーが印象的なマジェスティ セレスティアル ドライバー
唯一無二の存在感と所有感を放つ「マジェスティ セレスティアル」シリーズ
左にハザードがあっても左にしっかり振りぬくという基本が谷原秀人のゴルフの強さ 写真:JGTOimages
コースマネジメントの巧みさで今季も2勝を挙げている申ジエ 写真:Getty Images

最新記事