年間女王を争う3人は明暗が分かれる! スコアを落とした申ジエは「5打差なら分からない」と前を向く | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

年間女王を争う3人は明暗が分かれる! スコアを落とした申ジエは「5打差なら分からない」と前を向く

3日目の着実にスコアを伸ばし、2位に2打差の単独首位に立った山下美夢有(やました・みゆう)は2年連続の年間女王に王手をかけた。対するメルセデス・ランキング2位の申ジエと3位の岩井明愛(いわい・あきえ)はスコアを落とす結果となった。

「結果よりも1年間最後の1日を頑張ります」(申ジエ)

◆国内女子プロゴルフ<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 11月23~26日 宮崎カントリークラブ(宮崎県) 6497ヤード・パー72>

 三つ巴の年間女王争いも残すところあと1日、圧倒的強さを見せる山下美夢有に対し、追う立場の申ジエと岩井明愛が苦戦している。

 メルセデス・ランキングナンバー1の年間女王タイトルをかけて上位3人が激突している女子ツアー最終戦JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ3日目は、大きく明暗が分かれる展開となった。

 ランキング首位の山下が、通算8アンダー単独首位に立ち、昨年に続く大会優勝と年間女王タイトルに王手をかけた。対するランキング2位の申ジエは1つスコアを落として通算2アンダー、7位タイに後退してしまった。

首位の山下美夢有とは5打差となったが、虎視眈々と優勝&年間女王を狙う申ジエ 写真:Getty Images
首位の山下美夢有とは5打差となったが、虎視眈々と優勝&年間女王を狙う申ジエ 写真:Getty Images

 元世界ランキング1位で海外10勝という実績を持つ百戦錬磨の申ジエ。だが、この日はショットに苦しんだ。

 3番、11番、13番と3つのバーディーは取ったが、ボギーは4つ。「チャンスはあったけど細かいコントロールが全体的にできなかった。ラフは長くないけど乾燥しているから滑りやすくなって、セカンドからの距離が難しくなった」と、思うようなプレーができない原因を口にする。

「もちろん頑張りますけど、結果よりも1年間最後の1日を頑張ります」と、淡々と最終日に臨む。それでも逆転でのタイトル獲得を諦めてはいない。

「私のプレーが足りなかったから5打差あるけど、ゴルフは最後まで分からない。このコースで5打差は本当にわからない」といい切った。

 いい形でシーズンを締めくくりたいという思いも強い。「もう18ホールしか残っていないから寂しさはあります。今年1年、試合だけじゃなく、準備とかギャラリーさんの応援とかあって幸せな1年でした。明日はそれを(いいプレーで)返したい」と、無心で挑む最終日。底力はあるだけに、怖い存在だ。

 山下より上位にならなければ、もちろんタイトルは手に入らない。優勝に向けた最終日に本領発揮できるかどうか。

「バーディー取れる気配がない。ティーショットが悪かったです」と、ぼやいたのは、ランキング3位の岩井明愛だ。

 2オーバー20位タイから巻き返しを図ったが、2番パー5でボギーが先行。4番パー4ではティーショットが「チーピンみたいに左に行って」2打目は出すだけ。3オン3パットのダブルボギーを叩いてしまう。

 前日より3つスコアを落として通算5オーバー。23位タイとなり年間女王のタイトルは遠のいた。それでも「明日もやることやるだけです。それで悪かったらしょうがない」と、開き直って最終日に挑む。

【動画】こんなパット見たことない! 申ジエの“超絶”ロングパットがアップされた実際の映像

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

首位の山下美夢有とは5打差となったが、虎視眈々と優勝&年間女王を狙う申ジエ 写真:Getty Images
1 2

最新記事